いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

日本のフォーク・ロック

 高橋李枝 with 黒澤健

/ hane(はね / ありがと ( mieux records / 2010 ) 本日発売された、群馬発の女性シンガー・ソングライターのマキシシングル。彼女と同郷の友人から勧められたのがきっかけで耳にしたわけなのだが、実にフレッシュで素直な歌い手だな、とこれまた素直に感…

 坂本サトル 

/ 終わらない歌 ( ヒートウェーブ / 2000 ) 歌心のある歌手ってのもそうそういないものだけれど、この人は太鼓判を押したいシンガー。男臭くて、人間味に溢れてて、ちょっぴり寂しがり屋で、諦めないまっすぐな意志があって。女性が惚れるのも判るけど、男…

 南佳孝 

/ 昨日のつづき ( 冬樹社 / 1984 ) 南佳孝さん、先日テレビに出てましたね。定番”スローなブギにしてくれ”、に郷ひろみがカバーした”モンロー・ウォーク”、薬師丸ひろ子が取り上げた”スタンダード・ナンバー”と3連発。茅ヶ崎のライフスタイルも含めて、良…

くるり 

/ 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ ( ビクター / 2010 ) 久々にNatural Recordsのライブに行ってきた。イベント「きちじょうじのなつやすみ」の最終日、泉谷しげるが放水器を撒き散らしてスパークしていたその日の夜。吉祥寺のPLANET Kにて。 一言で言っ…

 浦沢直樹 

/ 半世紀の男 ( フライング・ダッコチャン・レコーズ / 2009 ) 浦沢直樹氏だけれども。実は漫画はまったく読んだことが無くって、エレックがらみのコンサートに出たのを昨年見たのが最初かな。だから、彼をミュージシャンとして初めて見たというわけ。『20…

 サーフ・ライダーズ 

/ 時代遅れのラブ・ソング( Victor / 1978 ) ワイルド・ワンズのドラマー植田芳暁が結成したウェストコースト風味のバンドのセカンド。昔湘南サウンドを軽く本気で研究したことがあって、その時にレコードで買ったような記憶もあったけれど…今日CD化され…

 小坂忠 

/ Connected ( Victor / 2009 ) 小坂忠のボックスセット『Chu’s Garden』を聴いてみまして。とは言え、持っていなかったアルバムは早いうちに廃盤になってしまっていた『はずかしそうに』だけで、それも初期のベスト盤で数曲は耳にすることが出来ていた。で…

 木根尚登 

/ 中央線 ( YOSHIMOTO R and C / 2010 ) これは痛快痛快!!TMネットワークの木根さんがこんなドが付く弾き語りフォークアルバムをレコーディングしていたとは。アンプラグドアルバムでしょ、なんて思わないで欲しいのだ。しょっぱなの3フィンガーからして…

 田代ともや 

/ The World To Change ( GU RECORDS / 2009 ) 毎日暑いですがいかがお過ごしでしょう。昨日今日と、吉祥寺の音楽イベント“きちじょうじのなつやすみ”に参戦。今日は午後イチに泉谷しげる&加奈崎芳太郎。個人的には中学生の時に初めて行ったライブが泉谷…

 岡林信康 

/ レクイエム 〜麦畑のひばり〜 ( 東芝EMI / 2010 ) 以前このブログでも取り上げた岡林信康による美空ひばりトリビュート、『レクイエム〜我が心の美空ひばり〜』だけれども、ひばりとの共作タイトル曲がシングル発売もされている。 こちらがまた捨てがた…

 友部正人と三宅伸治 

/ ロックンロール、やってます ( ブリッジ / 2010 ) 今年の夏は猛烈に暑い。ただ立っているだけで意識が朦朧としてしまうほどだ。それでも足を運びたくなるライブがあるもので。「きちじょうじのなつやすみ」というフリー・ライブイベント。いせやも建て替…

 新井英一 

/ 馬耳東風( Warner / 1979 ) 大好きな歌い手だ、新井英一。“清河(チョンハー)への道”で90年代に話題をかっさらったコリアン・ジャパニーズ・シンガー。今日レコード屋で、彼の一枚目のアルバムを見つけたので、買ってみた。 彼が29歳の時、1979年の作品…

 Julie With Wild Ones

/ Same ( J-more / 2010 ) GS好きならまあ買いますわな。ジュリーこと沢田研二とワイルドワンズのコラボレーションってんだから。タイガースとワイルドワンズですよ。オヤビンの若大将加山ではなく、ジュリー! NHKのテレビ出演を先に見ていたから、生演…

 ファニー・カンパニー 

/ Same ( Wea / 1973 ) ジャパニーズR&Rの古典と言いますと、東のキャロルと西のファニカンというわけで。そうは言ってもいまだにファニカンの方が再評価されないのはなぜだろう。キャロルの方がアーリー・ビートルズのコピーってな明快なヒット曲があったこ…

 渡辺勝 

/ アンダーグラウンド・リサイクル ( off note on-44 / 2003 ) なんていったらいいんだろう。こんなカバーアルバム。渡辺勝という人はその仙人のような風貌も含めて、URC(アングラ・レコード・クラブ)というレコード会社の持っていた60年代、70年代初頭…

 Various Artists

/ 武蔵野フォークジャンボリー ‘85( RCA / 1986 ) 1985年の吉祥寺フォーキー達の同窓会公演を収めたモノ。吉祥寺バウスシアターでのライブ。手元にあるのはVividから再発されたCDだが、もう廃盤になってしまっているようだ。中身は濃くて素晴らしい。時…

 田代友也 

/ 今、この時から… ( Onion Records ON-2201 / 1975 ) こりゃ、モノホンのフォークシンガー!ジャケットを開くと、岡林風の髭面。今でもフォークシンガーとしての活動を行っている田代ともやのファーストだ。プロデュースはなぎらけんいち。ローヤル・レコ…

 大瀧詠一 

/ Cover Book 1 大瀧詠一カバー集Vol.1 ( Sony / 2010 ) 流石に呆れ果てているはずのナイアガラーなのだけれど、3月21日に3枚を買った人はどれだけいたのだろう。今回取り上げたカバー集と、SONGBOOK Iの拡大盤と、ファーストのトリビュート盤の3枚。95年の…

 Buzz

/ Live! ( London / 1973 ) 1973年1月11日に新宿厚生年金小ホールで録られたライブ盤。その主人公は小出博志、東郷昌和のデュオ“Buzz”のお二人。1996年の荒井由美復活コンサートでムッシュらと共にコーラスを務めたことでも知られているが、ユーミン〜キャン…

佐野元春 

/ Coyote ( Universal / 2007 ) 昨日、南青山のカフェで行われた佐野元春のスポークン・ワード・ライブ。運良く見に行くことができたのだけれど。いやはや驚いた。50人ほどのキャパだったので迫力は申し分ナシ。井上鑑、山木秀夫によるフリーキーなジャズ・テ…

瀬戸龍介 

/ 五六七(みろく) ( Victor ZEN-1005 / 1979 ) ギタリストの吉川忠英が全米デビューを果たしたバンドEAST。米キャピトルからリリースされた唯一盤はかつて紹介したことがあったけれど(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20050504)、このバンドのリーダー…

岡林信康 

/ レクイエム〜我が心の美空ひばり〜 ( EMI / 2010 ) この辺りも発売日に買っていたけれど、紹介しそびれていて。全くもって無難に良い仕上がり。しかしそれにしても新作やら、積極的なライブ活動やら、メディア露出も増えて一昔前では信じられないほど。…

Mickey Curtis

/ The Crazycurtis Band ( Timely Records / 2005 ) クレイジーケンバンドならぬクレイジーカーチスバンド。その主は日本のポップス界の重鎮ミッキー・カーチス。ムッシュと同じく、進駐軍のベース回りに端を発する戦後のポップ・ロックってかゲーノー界の生…

及川恒平 

/ 懐かしいくらし ( 徳間ジャパン / 1975 ) 六文銭のメンバー、というだけで小室等の影に隠れているようなイメージもあるけれど、ミュージシャンにおさまりきらない程の才人だと感じている。とりわけ定評があるのは詩人としての側面。それが証拠に、築き上…

浅川マキ 

/ 灯ともし頃( 東芝EMI / 1976 ) ウーマン・イン・ブラックの訃報。突然で、しかも淋しいニュースとして報じられるとき、それはしみじみこたえる。彼女、母の母校の先輩でもあった。 彼女のオリジナルアルバムは音蔵シリーズで17年前にCD化されたけれど…

 オクノ修 

/ 帰ろう ( COOL STAR / 2001 ) 京都の老舗珈琲店六曜社のマスターという顔を持つSSW。高田渡が帯を書いているように、高田の音楽性を彼なりに表現したかのような楽曲が並ぶ。M-2”自転車にのって”(同名異曲)やミシシッピ・ジョン・ハートで有名なM-7”フ…

 生田敬太郎 

/ 凱旋 ( TEICHIKU / 1975 ) 生田さんのレコードで最後まで手に入らなかったのはコレ。昨年末にひょんなことから入手できた。 生田さんと言えば昨年瀬戸口修さんのマキシシングルのレコーディングにコーラスで参加させていただいた際、お会いして。実はさ…

 内田裕也と1815ロックンロール・バンド 

/ ロックンロール放送局(Y.U.Y.A 1815KC ROCK'N ROLL BROADCASTING STATION) ( Atrantic / 1973 ) 昨年はユーヤさんイヤーだったなと。内田裕也のこと。そもそも個人的に注目したのが一昨年の、名著『俺はロッキンローラー』の文庫復刻。高平哲郎構成のこ…

尾藤イサオ 

/ オマージュ・オム ( SUR RECORDS / 2009 ) 最近BS-1”世界のドキュメンタリー”でピーター・バラカン解説でアメリカの黒人音楽の歴史を辿る英BBC制作ドキュメンタリー(2005年)を流している。”ソウル・ディープ”ってシリーズ。コレ、結構面白いです。音…

加藤和彦 

/ キャッチ-22 ( EMI / 2009 ) 名フォトグラファー、ノーマン・シーフのジャケ写からして昨年惜しくも亡くなった加藤和彦の追悼盤ってな意味合いもあるのかな。『キャッチ-22』が昨年末にCD再発。元はLP2枚組の本作、フォークルやソロのCD化も進んでいる…