いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 田代ともや 

markrock2010-08-15

/ The World To Change ( GU RECORDS / 2009 )


毎日暑いですがいかがお過ごしでしょう。昨日今日と、吉祥寺の音楽イベント“きちじょうじのなつやすみ”に参戦。今日は午後イチに泉谷しげる加奈崎芳太郎。個人的には中学生の時に初めて行ったライブが泉谷ということで思い出深い。さらに、高校時代に出会い、その後ライブに通い詰めた加奈崎芳太郎との顔合わせということで、キヨシロー本もあったけれど、やはりライブは格別。加奈崎セットは古井戸しばりということで、”750円のブルース”、”ちどり足”、”ポスターカラー”、”いつか笑える日まで”、”花言葉”や”ひなまつり”もあり、和久井バンドも加わった”何とかなれ”で締めくくるという涙モノのステージ。いやはや全く変わらないテンションと歌声に圧倒された。泉谷しげるもこの暑さでぶっ通しで出ていて凄いよ!!このバイタリティは、私のような若輩者は学ぶべきモノが多いです… 終演後は、10年前の武蔵野加奈崎ライブのスタッフをした際にお世話になった方々や飛車角のお二人とも再会できて、嬉しかったなあ。



さらに嬉しい出会いが。なぎらけんいちプロデュースの名盤『今、この時から…』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100503)で知られるフォーク歌手田代ともやのライブもありまして。このレコードを以前から聴いていたもので、もしや?と思い終演後確かめたところ、間違いなくホンモノ(失礼!)とお会いできました。なんでも現在FMのパーソナリティ、フォーク歌手をされながら、アフガンの農業支援・カンボジアでの井戸掘り活動を行う「アジアの子どもたちに美味しいものをごちそうする会」(http://www2.tbb.t-com.ne.jp/smiles/)を結成しているそうで、CDも募金を含んだ価格になっていて。その社会性にも心を打たれてしまった。今日のステージには賛同する斉藤哲夫も駆け付けていて。


田代ともやのステージだが、元はちみつぱいの渡辺勝とレゲエ・バンドを組んでいたこともあったというのも解る、レゲエ・ビートに乗せた歌声は実にのびやかで、迫力があった!今年リリースされた『The World To Change』はワールド・ミュージック的なサウンド・メイキングから、ややもすると遠くなりがちな地球を近く意識させられる佳盤。渡辺勝も参加していて、関心を寄せている2国を歌う”アフガンの大地””カンボジア”、ごきげんなレゲエ”ホンジャマ ジャマイカ”、名曲”ヨコハマ・ベイブリッジ”などを収録している。


音楽で世界を変えたいと思っている人は沢山いるだろう。もちろん音楽はある人の人生を変えることだってあって、それはそれで素晴らしい事なんだけれど、世界とまで温かくじっくりと向い合おうというのは、なかなか難しい。自分から積極的に行動しなければどうにも出来ないことなのだ。当たり前のことだけれど、それを実行している田代さんの活動に大変感動してしまったのだ。


ファーストアルバムのお話しをしていたら、70年代後半からの未発表音源集『ベストセレクション 過去と未来との遭遇』を頂戴してしまった。必ずやこちらのブログで紹介させていただきます!