いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

大滝さんのスピーカー

*[コラム] 大滝さんのスピーカー


本当に久々の更新。コロナ騒ぎが一旦収束したかに思えて以来、何とも忙しかった。慣れてしまうのが怖いけれど、街の人出は戻ってきているような。とはいえ、まだ油断はできないし、業界によっては心配も多いと思う。しかし世界の状況や国の状況は余り良くないですね。日本もいまだ昭和パワハラコンプレックスお爺さんみたいな人達に乗っ取られている状況。エラそうな人たちがみんなそれだと、民主主義でも変わるのにあと20年はかかるか。コロナで改めて浮き彫りにされた感がある。昭和が悪いとは言わないし、むしろ私も音楽的にはそっちが好きなんだけれど(笑)、結局その世代の人たちがやり始めた規制改革とやらも、少ない分け前を自分に引き寄せただけだったし、チンケなプライドや既得権益を保守するような気概だから困る。相手にするだけ時間が勿体ない、という感じもしてくるのだが、そんなある種の虚無感に陥ってしまうのも分断の時代の空気なのかな。

f:id:markrock:20201025122030j:plain

時代の空気は変われど、レコード欲は変わらず…ますますエスカレートする一方という。レコードを買うことで自分が生きていることを確認する、と言ったら大袈裟だろうか。最近スピーカーやアンプ、楽器をしこたま売って、TEACのリーズナブルなレコードプレイヤーと古いスピーカーをもう一つ買ってしまった。食卓の真横に設置したところ、家中レコードまみれかと家族に苦言を呈されたけれども(笑)スピーカーはすでに一組持っているVictorのSX-3の後継機種SX-3Ⅱ。SX-3Ⅱは1974年のスピーカーで、中古でも壊れているものが多いのだが、ネットオークションで美品を3000円台で発見!ペアで27キロあるので、家に届くとギョッとするのだけれど、60~70年代の音楽が当時の最高の音で聴ける。ちなみに、大滝詠一『ナイアガラ・ムーン』のエレック初版の裏ジャケにもSX-3が!!

f:id:markrock:20201025122121j:plain

こうして聴くと、いかなるリマスターを経たデジタルより良い音であることをどう説明すればよいのだろう。人間の進歩というのもよくわからなくなる時がある。

f:id:markrock:20201025122144j:plain

 

大滝さんのスピーカー

*[コラム] 大滝さんのスピーカー


本当に久々の更新。コロナ騒ぎ以後、何とも忙しかった。慣れてしまうのが怖いけれど、街の人出は戻ってきているような。とはいえ、業界によっては心配も多いと思う。しかし世界の状況や国の状況は余り良くないですね。日本もいまだ昭和パワハラコンプレックスお爺さんみたいな人達に乗っ取られている状況。エラそうな人たちがみんなそれだと、民主主義でも変わるのにあと20年はかかるか。コロナで改めて浮き彫りにされた感がある。昭和が悪いとは言わないし、むしろ私も音楽的にはそっちが好きなんだけれど(笑)、結局その世代の人たちがやり始めた規制改革とやらも、少ない分け前を自分に引き寄せただけだったし、チンケなプライドや既得権益を保守するような気概だから困る。相手にするだけ時間が勿体ない、という感じもしてくるのだが、そんなある種の虚無感に陥ってしまうのも分断の時代の空気なのかな。

f:id:markrock:20201025122030j:plain

時代の空気は変われど、レコード欲は変わらず…ますますエスカレートする一方という。レコードを買うことで自分が生きていることを確認する、と言ったら大袈裟だろうか。最近スピーカーやアンプ、楽器をしこたま売って、TEACのリーズナブルなレコードプレイヤーと古いスピーカーをもう一つ買ってしまった。食卓の真横に設置したところ、家中レコードまみれかと家族に苦言を呈されたけれども(笑)スピーカーはすでに一組持っているVictorのSX-3の後継機種SX-3Ⅱ。SX-3Ⅱは1974年のスピーカーで、中古でも壊れているものが多いのだが、ネットオークションで美品を3000円台で発見!ペアで27キロあるので、家に届くとギョッとするのだけれど、60~70年代の音楽が当時の最高の音で聴ける。ちなみに、大滝詠一『ナイアガラ・ムーン』のエレック初版の裏ジャケにもSX-3が!!

f:id:markrock:20201025122121j:plain

こうして聴くと、いかなるリマスターを経たデジタルより良い音であることをどう説明すればよいのだろう。人間の進歩というのもよくわからなくなる時がある。

f:id:markrock:20201025122144j:plain

 

大滝さんのスピーカー

*[コラム] 大滝さんのスピーカー


本当に久々の更新。コロナ騒ぎ以後、何とも忙しかった。慣れてしまうのが怖いけれど、街の人出は戻ってきているような。とはいえ、業界によっては心配も多いと思う。しかし世界の状況や国の状況は余り良くないですね。日本もいまだ昭和パワハラコンプレックスお爺さんみたいな人達に乗っ取られている状況。エラそうな人たちがみんなそれだと、民主主義でも変わるのにあと20年はかかるか。コロナで改めて浮き彫りにされた感がある。昭和が悪いとは言わないし、むしろ私も音楽的にはそっちが好きなんだけれど(笑)、結局その世代の人たちがやり始めた規制改革とやらも、少ない分け前を自分に引き寄せただけだったし、チンケなプライドや既得権益を保守するような気概だから困る。相手にするだけ時間が勿体ない、という感じもしてくるのだが、そんなある種の泣き寝入りに陥ってしまうのも分断の時代の空気なのかな。

f:id:markrock:20201025122030j:plain

時代の空気は変われど、レコード欲は変わらず…ますますエスカレートする一方という。レコードを買うことで自分が生きていることを確認する、と言ったら大袈裟だろうか。最近スピーカーやアンプ、楽器をしこたま売って、TEACのリーズナブルなレコードプレイヤーと古いスピーカーをもう一つ買ってしまった。食卓の真横に設置したところ、家中レコードまみれかと家族に苦言を呈されたけれども(笑)スピーカーはすでに一組持っているVictorのSX-3の後継機種SX-3Ⅱ。SX-3Ⅱは1974年のスピーカーで、中古でも壊れているものが多いのだが、ネットオークションで美品を3000円台で発見!ペアで27キロあるので、家に届くとギョッとするのだけれど、60~70年代の音楽が当時の最高の音で聴ける。ちなみに、大滝詠一『ナイアガラ・ムーン』のエレック初版の裏ジャケにもSX-3が!!

f:id:markrock:20201025122121j:plain

こうして聴くと、いかなるリマスターを経たデジタルより良い音であることをどう説明すればよいのだろう。人間の進歩というのもよくわからなくなる時がある。

f:id:markrock:20201025122144j:plain

 

『哲学するタネ 高校倫理が教える70章』西洋思想編①・②が2冊同時刊行!

*[本] 『哲学するタネ 高校倫理が教える70章』西洋思想編①・②が2冊同時刊行!

f:id:markrock:20201004205325j:plain

『哲学するタネ 高校倫理が教える70章』【西洋思想編①】と【西洋思想編②】が10月20日明月堂書店から2冊同時刊行されます。Amazonでは予約受付が始まりました!2年前に刊行した【東洋思想編】と併せて3冊で完結です。

 
昨年刊行された我が心の大師匠・加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ―ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』を挟み、明月堂書店の編集者・杉本健太郎さんとは3年間で4冊の本を作りました。明日で私は41歳になってしまうのですが…仕事を終えた後ほぼ徹夜で原稿を書くというこれまでの生活をもう一度やれる自信はありません(笑)
 
そもそも『哲学するタネ』を書くきっかけになったのは、高校の必修科目「倫理」が、再来年から選択科目となり、ほぼ実質教育課程から消えてしまうという現状です。混迷の時代にあり、答えのない問いを問うこと(これこそが哲学の本分)が求められる時代にあって、哲学を学ぶ「倫理」を教育から取り除く…矛盾しているようですが、教育コストを学校に押し付けたい企業の意向は、英語や理数・プログラミング教育を充実させる方向に動いています。ちなみ哲学のみならず、芸術や文学の時間も減らされる方向にあります。全て私が大好きな分野なんですが(笑)そんなわけで、授業を本の形で残しておくことに意味があるのではないかと思ったのです。ぜひお手に取って頂ければ幸いです!
 
石浦昌之『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』
定価2000円+税(明月堂書店)
石浦昌之『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編②】』
定価1800円+税(明月堂書店)

目次
【西洋思想編①】
33章 人間とは何か
34章 青年期の課題(1)
35章 青年期の課題(2)
36章 自然哲学者、ソフィスト
37章 ソクラテス
38章 プラトン
39章 アリストテレス
40章 ヘレニズム時代の思想(エピクロス派、ストア派)、新プラトン派)
41章 ルネサンスモラリスト
42章 宗教改革(ルター、カルヴァン)、近代科学
43章 経験論(ベーコン、ロック、バークリー、ヒューム)
44章 合理論(デカルトパスカルスピノザライプニッツ
45章 社会契約説(ホッブズ、ロック、ルソー)
46章 フランス啓蒙思想モンテスキューヴォルテール、百科全書派)
47章 カント
48章 ヘーゲル
49章 アダム・スミス
50章 功利主義ベンサム、ミル)、実証主義、進化論
51章 社会主義空想的社会主義マルクス・レーニン主義社会民主主義
52章 実存主義(1)(キルケゴールニーチェヤスパース
53章 実存主義(2)(ハイデッガーサルトルカミュ
54章 現象学プラグマティズム(パース、ジェームズ、デューイ)

【西洋思想編②】
55章 現代思想(1)(フロイトユング
56章 現代思想(2)(ソシュールウィトゲンシュタイン
57章 現代思想(3)(フランクフルト学派
58章 現代思想(4) (アーレントハーバーマスレヴィナス
59章 現代思想(5)(レヴィ・ストロースフーコー
60章 現代思想(6)(記号論ドゥルーズデリダ
61章 現代思想(7)(サイード、リオタール)
62章 現代思想(8)(現代の正義論)
63章 現代のヒューマニズム(1)
64章 現代のヒューマニズム(2)
65章 ユダヤ教
66章 キリスト教
67章 イスラーム
68章 現代の諸課題と倫理(1)(生命倫理環境倫理
69章 現代の諸課題と倫理(2)(現代社会の特質)
70章 哲学しよう/自分や世界を眺めて/立ち止まって考えよう

ツイッターの「書籍『哲学するタネ』公式」アカウントhttps://twitter.com/tetsugaku_tane
では、本文の一部を公開して頂いています!
<既刊>
石浦昌之『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【東洋思想編】』
定価2500円+税(明月堂書店)

ポール・サイモンの弟、エディ・サイモンのレコード

*[フォーク] ポール・サイモンの弟、エディ・サイモンのレコード

f:id:markrock:20200830175619j:plain

先日、ポール・サイモンの弟エディ・サイモンがギタリストを務めた時期があるバンド、Wingsを紹介した(https://merurido.jp/magazine.php?magid=00023&msgid=00023-1598778181)が、今回はポールと瓜二つのエディーの数少ないレコードを取り上げてみたい。

f:id:markrock:20200914191629j:plain
エディはクラシック・ギターの才能があり、ニューヨークでギター講師ともなった人。兄のポール・サイモンサイモン&ガーファンクル結成前のアート・ガーファンクルティーンエイジ・デュオ、トム&ジェリーで小ヒットを飛ばした後、ブリル・ビルディングでドゥ・ワップ風味のシングルを多数リリースしていた時代があった。最終的にフォーク・ギターを手に取り、英国風味のフォークを演奏することになるわけだが、そのきっかけをエディが与えたことは想像に難くない。こちらはポール&エディの共演”Anji”。

youtu.be

とはいえ、イギリスのトラッドを下敷きに、みるみるうちにソングライティングの才に目覚めた兄ポール・サイモンに比べて、エディのキャリアは地味なものだった。まず1964年に、ソングライターのハル・ゴードンとアティーナ・ホーセイ(コニー・フランシスなどの曲を書いた)が立ち上げたニューヨークのトルネードというレーベルから「Beach Boy / Pretty Lass」をリリース。これはさすがにシングルの実物を見たことがない。YouTubeで聴く限り、”Beach Boy”はむちゃくちゃ良い。何よりポールとそっくりの繊細な声色に惹かれてしまう。ポールがブライアン・ウィルソン・トリビュートで弾き語った神テイク”Surfer Girl”を思い出さずにはいられない仕上がりだ。

youtu.be

 その後、フォーク・ロック・グループWingsの設立メンバーとなるも、ダンヒルからのアルバム・リリース時には脱退、そしてギルド・ライト・ゲージ(The Guild Light Gauge)(ポール・サイモンも使っていたギターであるギルドのライト・ゲージ…安直なネーミング)というソフト・ロック・グループで1968年にキャピトル傘下のWe Make Rock'n Roll Recordsからシングル「14th Annual Fun & Pleasure Fair / Cloudy」をリリース。コレ、コッペルマン・ルービン・カンパニーの制作でプロデュースはアーティ・コーンフェルド、アレンジはジミー・ワイズナー。本気が伺えるものの、ヒットには至らなかった。男女二人ずつのグループだったが、ポール似のエディの歌声が目立つ。最後に奥の手、ということでB面ではS&Gの”Cloudy”(ポール・サイモンとシーカーズのブルース・ウッドリーの共作)の直球カバーを披露。

f:id:markrock:20200914203914j:plain

f:id:markrock:20200914185405j:plain

youtu.be

 さらにその後、1969年にサイモン&ガーファンクルを彷彿とさせるデュオ、クリブ&ベン(Crib & Ben)名義でデッカからシングル「Emily / Chorale In D Minor」をリリース(B面はカラオケ)。エドワード(エディー)・サイモン&ポール・ゲルバーからなるデュオ。エディの歌はここでもポールと区別がつかないような。しかもS&Gの名曲“For Emily, Whenever I May Find Her”を彷彿とさせるタイトル。アレンジとコンダクターはエマニュエル・ヴァルディというユダヤ系のヴァイオリニストが務めた。デッカではこの2人エドワード・サイモン&ポール・ゲルバー名義で、エフ・マッケイという人のシングルと、マッケンドリー・スプリングのファースト・アルバムをプロデュースした(彼らの有名なセカンドはエリオット・メイサーがプロデュースし、アダム・ミッチェルがアレンジを手掛けている)。マッケンドリー・スプリングの1stからシングルカットされた”What Will We Do With The Child”はニック・ホルムズの曲だが、これはアート・ガーファンクルが後にソロ・アルバムでニックの曲を歌ったことも思い出される。

f:id:markrock:20200914185313j:plain

f:id:markrock:20200914203557j:plain

 

youtu.be

以後エディはレコードをリリースする機会には恵まれず、1980年のポール・サイモンのアルバム『One-Trick Pony』以降は現在に至るまでマネジメントでクレジットされており、兄ポールを裏から支えている。

f:id:markrock:20200914203935j:plain

 

加奈崎芳太郎 公式有料動画サイトがオープン!

*[コラム] 加奈崎芳太郎  公式有料動画サイトがオープン!

 

加奈崎芳太郎の公式動画サイト NONSTOP GIG では無料動画を公開していましたが、このたび有料動画サイトが満を持してオープンしました!

https://www.kanazaki-gig.com

f:id:markrock:20200908194226j:plain

1990年代の伝説の渋谷ジァンジァン映像にはじまり、ジャズピアニスト豊口健との2002&2005年の共演ライブ(古井戸しばりも!)、キャリアを10年ごとに辿った2012~13の諏訪ライブというラインナップ。ジァンジァンの所は、ちょこっとコメントも書かせてもらいました。


畏れ多くも編集&全アルバム解説を担当させて頂いた加奈崎さんの本『キッス・オブ・ライフ―ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』を読みながら楽しむのもいいかもしれません!

f:id:markrock:20200521020444j:plain

Wings / Same

*['60-'70 ロック]  Wings / Same (Dunhill /1968)

 

毎日地獄のような暑さですね…マスクが暑さに拍車をかけて。加山雄三さんが倒れたというニュース、心配です。たまたま持っていない加山さんのレコードを改めて集めていたところだったので驚いた。今日もレコが届く予定。回復を祈りつつ聴きます。

f:id:markrock:20200830175544j:plain
さて、久々にダンヒルの棚からWingsの唯一作『Wings』を聴いている。1968年にスティーヴ・バリがプロデュースした、ママス&ザ・パパスの二匹目のドジョウを狙ったようなフォーク・ロック・バンド。ポール・マッカートニーウィングスとは別物。ただ、メンバーは結構凄くて、スパンキー&アワ・ギャングからオズ・バッハ、ジェファーソン・エアプレインの初代ドラマーだったジェリー・ペロキン、セレンディピティ・シンガーズ(カルトなSSWのニック・ホルムズも在籍)にいた紅一点パム・ロビンス、この後マウンテンに客演することになるキーボーディスト、スティーヴ・ナイト。そしてP,P&Mの” I Dig Rock And Roll Music”をポール・ストゥーキーらと共作したジム・メイソンという布陣。

f:id:markrock:20200830175644j:plain
音的には、ママ・パパとは違って男性ボーカルの存在感が強い印象。中にはフォーク・ロックを飛び出して70年前後のカントリー・ロックに繋がるような音もあったりする。スティーヴン・スティルスもそうだったけれど、グリニッジ・ヴィレッジにカントリー・ロックに繋がるタネもあったということになる。

f:id:markrock:20200830175619j:plain
で、一番気になるのは、ジム・メイソンが入る前にギターを弾いていたエディー・サイモン、そう、あのサイモン&ガーファンクル(S&G)のポール・サイモンの弟だったということ。S&Gといえばフォーク・ロックといえど、この時代別格だった。ポールと同様ブリル・ビルディング時代から音楽活動を始め、ポールと似た声色を持ったエディーがなぜWingsを去ったのかは不明。ジム・メイソンはドラマーのジェリー・ペロキンとウェブスターズ・ニュー・ワールドというバンドを組んでいた(コロンビアとRCAからシングルを4枚リリースしたが、アルバムは出せなかった)から、その縁でWingsに招かれたのだろう。