<いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。>シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されます。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月上旬発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

Jonah / Same

*[ソフトロック] Jonah / Same(20th Century / 1974)

 

f:id:markrock:20190218174811j:plain

先日ブログに書いたビクターの70年代初頭のスピーカーだけれど、それ以後も手入れにそれなりの時間を要しまして。まだ接点不良があるようだったので、再びバラして出来る限りの接点復活を試みたり、あるいは積もるホコリを除去するのもなかなか大変で(笑)。その量たるや結構凄かった。コーン紙やエッジを傷つけないよう無心の作業。それでも聴く音楽によって、まれに音が途切れることがあって、その理由はまだ探り途中。しかし45年前のものだから仕方ないし、手がかかるところがまた楽しかったり。修理に出したりすると高くつくし、安い娯楽だから面白いというのもある。今のところバーンとちゃんと音を出しているけれど、デカイ音で鳴らすと、今まで聴こえなかった音が聴こえてくるのが感動。ジミー・ウェッブの『Land’s End』を米盤LPで聴いたら、こんなプログレッシブだったっけ?という。いやー狂ってます。音楽やレコードは奥が深すぎる。

f:id:markrock:20190218172647j:plain さて、今日は500円くらいで入手したJonah(ジョナ)の盤。ジョナはニューヨーク出身、3人組のイタロ・アメリカンのトリオで1974年に20th Centuryレコードから1枚Jonahをリリースしている。あとはスパイダーマンのサントラのうち1975年の『Spider-Man: Rock Reflections Of A Superhero』に1曲提供している。

f:id:markrock:20190218175124j:plain

今手元にある1972年の『The Amazing Spider-Man: From Beyond The Grave - A Rockomic』には絡んでいなかった。

f:id:markrock:20190218175109j:plain

しかし、そこで歌っている(アーチーズの)ロン・ダンテがジョナの唯一作をプロデュースしている。ジョナのメンバーはマイケル・グレゴリオ、ロバート・ゲンゴー、ヴィンセント・ラファータ。マイケルは、それこそジミー・ウェッブの”Worst That Could Happen”を大ヒットさせたジョニー・マエストロ&ザ・ブルックリン・ブリッジのメンバーでバックコーラスを担当していた人。聴いてみてわかったけれど、その作品の一部(例えば”The Fool”)はCS&N風の作品。そう、”ライオンは寝ている”で有名なトーケンズのメンバーが作ったクロス・カントリーともちょっと似ているような。とはいえ全体的にはニューヨーク・ポップの名セッションマンを使った、ドが付くほどのポップ路線。ブロダクションはジム・クロウチなどで飛ぶ鳥を落とす勢いのキャッシュマン&ウェスト。そしてNYの名ギタリスト、ボブ・マンがホーン&ストリングスのアレンジを務め(全編ギターも)、他にもジェイムス・テイラーのバックとしてお馴染みのドン・グロルニックが参加。そしてドラムスはアラン・シュワルツバーグ。この面子で大体音は想像できるはず。マイケル・ブレッカーの参加もアリ。イタロ・コネクションではラスカルズのエディ・ブリガッティがパーカッションで参加する”Waitin’ For The Change”もある。先ほどCS&Nと言ったけれど、普通にポップ・ロック、ブルーアイド・ソウルもありつつ、ソフトロックな感性のコマーシャルなつくりが最高で!

Josh White Jr. / Same(Vanguad / 1978)

*[フォーク] Josh White Jr. / Same(Vanguad / 1978)

 

f:id:markrock:20190212163201j:plain

f:id:markrock:20190212164212j:plain

f:id:markrock:20190212165058j:plain

ジョシュ・ホワイトといえば、アメリカン・フォーク界の黒人ソングスターみたいな人。1914年に生まれ、1969年に55歳の若さで亡くなっている。ディランからPP&M、そして彼らより年長のピート・シーガーまで、60年代のフォーク・リヴァイヴァルの人達で影響を受けていない人はいないんじゃないかな、と思う。黒人差別にプロテストする運動家としての側面もあった人だし。

f:id:markrock:20190212163100j:plain

しかしそのジョシュの息子、ジョシュ・ホワイト・ジュニア(https://www.joshwhitejr.com/)のレコードは聴いたことがなかった。ジャケットを見る限り、親父の遺伝子を受け継ぐフォーク・ソウル的作品だとは思わなかった。だいいち、レコ屋のソウルのコーナーに入っていたし。1978年にヴァンガードからリリースされている、というのが遅れてきたフォークのようでいい(とはいえ60年代に3枚の単独作をリリースし、今作は10年ぶりのアルバムだった模様)。スティーブ・カーンがギターで参加している。ラリー・キーンが1975年のアルバムに入れている”Marco Polo”(マルコ・ポーロ!)という曲が、プリAORの色でとても良い!ビル・ダノフが自身のビル&タフィのアルバム『Pass It On』で歌い、ジョン・デンバーにもカバーされた”She Won’t Let Me Fly Away”はファンキーな仕上がり。そしてそのビル&タフィ作品のタイトル曲”Pass It On”も選曲。自身でも”Think”を書いているけれど、基本的には他人の作品を自分のものにしてカバーするフォーク・シンガーのスタイルみたい。フォーク・シンガー、エド・ヴェイダスの”You Turn Me”は結構ポップ・ロックな仕上がりで。珍しいところではデヴィッド・ポメランツのAORなバラード”It’s In Everyone Of Us”をゴスペルなタッチでカバーしていたり。女性フォーク・シンガー、ローン・マッキンノンの”My Sister Delores”もあった。裏ジャケには誰かに宛てたサインもある。今はもう78歳。親父より30年以上長生きして、フォークの伝統を歌い継いでいるみたい。

f:id:markrock:20190212163118j:plain

f:id:markrock:20190212162433j:plain

f:id:markrock:20110320172913j:plain

 

スピーカーの至福

*[コラム] スピーカーの至福

 

最近焦ったことを幾つか…まずは芽瑠璃堂マガジンでリンクして頂いている、2005年からやっている拙ブログ、はてなダイアリーに開設していたのだけれど、2019年1月末でサービス終了なのだという。2月に気付いたけれど。こういう時の運営会社の容赦なさと言ったらまったく!111万アクセスを超え、キリ番はどのタイミングで…などと思っていたらキリ番直前でサービスがストップするという(笑)。致し方なく、はてなブログに移行してみたが、なんだかどうにも慣れない(https://markrock.hatenablog.com/)。

 

f:id:markrock:20190211191428j:plain

 そしてもう一つは数年おきにやって来るレコード針問題。2014年に倒産したvestaxのプレイヤーなので、純正針は存在せず。プレイヤーごと変える手もあるけれど、手動のピッチコントローラーが付いていて、半永久的に使えると踏んでいるから変えないつもり。ちなみにベルトドライブ式のレコードプレイヤーの場合、ゴム製のドライブベルトは劣化パーツなので10年もすればもちろん交換が必要になる。それに、そもそもモーターがへたってくるため、回転数が変わってくる点は注意が必要。33回転、45回転とセレクターでスイッチしたとしても、古いプレイヤーはズレている場合がほとんど。CDなどのマスター音源や楽器を使って、ピッチとスピードを手動で調整する必要がある。で、針の話。vestafanという元ベスタクスの方が立ち上げた会社が、小ロットで時々作っているけれど、最近は製造されていない模様。そこで、ケンウッド/トリオのとある針とも型が同じなので、それを買っていたけれど、A’pisでもとうとう取り扱い中止に…するとアマゾンで買えるJico針は足下を見たのか突然値上げして5000円近くという厚利少売になっているし、万事休すかと思った。でも、電器屋さんに以前聞いた、「結局針自体を作っているのはほぼナガオカさんです…」を頼りにナガオカの在庫を見ると、当たり前のようにあるじゃないですか!しかもヨドバシだと値引きで3000円くらいになっていた。いやはや音楽を聴く最重要インフラなので、焦りました。ナガオカはすごい。

 

f:id:markrock:20190211191357j:plain

そして最後はスピーカー。最近リサイクルショップで安スピーカーを買う、という行為にハマってしまいまして、正直場所も取るので大変だった(買う度にその都度売るのも実は大変で)。目標はといいますと、オーディオファンはそんなに好きじゃないみたいですが、20年くらい愛用していたONKYOをサブにして、メインをVictorにするという改革。狙いは1973~74年のVictor SX-3。某変態ミュージシャンで音楽オタクの友人の家で聴かせて貰って開眼。解像度は決して高くないのだけれど、現代の音楽聴取環境に一番欠けている低音が実に素晴らしかった(巷のBluetoothスピーカーぐらいで満足していたら、拘った音作りをしているミュージシャンは報われないと思う)。ジャズ、ロック、クラシックはもちろん、私の一番思い入れのある70年代のシンガー・ソングライターを間違いなく一番良い音で、ロック喫茶のように聴けるスピーカーだと感心した次第。アンプの力量は必要に思えるけれど、音量を上げても耳に痛くない、優しい音。比べると今までのONKYOの方がシャリシャリしていて耳に痛い音だった。 

f:id:markrock:20190211192034j:plain

 ただ、発売から45年ほど経っているから、良いコンディションのものはほとんどない。それでもSX-3信者は多いようで、パーツ用のジャンクでもオークションで即売される状況。後続のSX-3ⅡやSX-3Ⅲも人気のようだった。で、とうとう先日、某オークションでジャンク品を発見し、3000円台で入手(プラス送料は140サイズ×2)!。音は出る、としか書いていなかったのだけれど…実際届いてみると、まずそこそこデカイのにビックリ。片方で13キロもある。で、通電してみると…アッティネーターのガリとそれによる音飛び、ツィーターの音の出も悪いようで、ここで我に返って焦りました。やばいもんを買っちまったな…と。再びGo to オークションかと思ったものの、分解・修理を決意。苦しいときの接点復活剤を買ってきて、バラしてみた。中は45年の時を感じさせず、意外なほどキレイ。白布が敷き詰められている。低音の秘密はこれか、と(化繊の吸音材だと、古くなるとこれがポロポロ粉になって出てきたりするので困る)。とりあえず接点復活剤で接点の黒ずみを丁寧に落とし、ホコリを取り除いていって…おそるおそる通電し、再度鳴らしてみると、ドカーンと全部鳴りました!ガリも消滅。いやー、本当に焦ったけれど、結果オーライかな。聴き慣れたレコードも違う音で聴こえてくるから不思議。聴き比べているだけで夜になってしまう。

f:id:markrock:20190211192133j:plain

 

Kenny Rogers / What About Me?

*[AOR] Kenny Rogers / What About Me?(RCA / 1984

 

f:id:markrock:20190204223653j:plain

 

前回ジェイムス・イングラムを取り上げた後、SNSで彼のファンを公言している人が結構多いことに気が付いた。そんなわけで、カントリー・シンガー、ケニー・ロジャースAOR名盤『What About Me?』を久々に聴いてみた。ケニーとキム・カーンズ、そしてジェイムス・イングラムのトリオが歌うタイトル曲のバラード”What About Me?”はやっぱり素晴らしい。ケニーとプロデューサーのデヴィッド・フォスター、そしてリチャード・マークスが共作した楽曲。それこそ”We Are The World”な時代の産物。男性カントリー・シンガーと女性、そしてアフリカン・アメリカンの組み合わせは、まるでこの時代のリベラル理想系みたい。でもメインは男性っていう。

f:id:markrock:20190204223312j:plain

Keane(Brothers)のトム・キーンが手がけた”The Night Goes On”も産業ロック風でカントリー歌手らしからぬ感じだし。ローラ・アランの書いた”Dream Dancin’”は切ないカントリー・ポップ。ギャラガー&ライルのグレアム・ライルとトロイ・シールズの共作”Didn’t We?”、デヴィッド・ポメランツとリチャード・マークスの珍しい共作”Somebody Took My Love”、ケニーとリチャード・マークス共作の名バラード”Crazy”もある。ドリー・パートンの”The Stranger”を入れたのは、カントリー・ファンを繋ぎとめるためかな。とにかく良い楽曲を良いシンガーと良いスタッフ(ネイザン・イースト、ジョン・ロビンソンエド・グリーン、ジョー・シャーメイ、デヴィッド・フォスターなど)で演奏するという豪華なプロダクションが功を奏している。

 

f:id:markrock:20190204223043j:plain

 息を飲む様なレコードに次いで、ジェイムス&ルーサー・イングラム兄弟やパティ・オースティンらが客演したクインシー・ジョーンズ『Dude』を。やはりDune歌唱の”Ai No Corrida(愛のコリーダ)”でしょう。もちろんジェイムス・イングラムの”Just Once”も。ヒートウェイヴのロッド・テンパートン楽曲はマイケル・ジャクソン『Thriller』とも合わせて聴きたい。そしてそして、テナー・サックスのアーニー・ワッツのクインシー・プロダクションの1982年作『Chariots Fire』。こちらもファンキーな”Hold On”(スティーヴ・ルカサーのソロも最高!)や”Gigoro”でジェイムス(&ルーサー・イングラムハワード・ヒューイット)の楽曲・歌唱を堪能できる。

f:id:markrock:20190204223641j:plain

 

James Ingram / The Best Of James Ingram The Power of Great Music

*[ソウル] James Ingram / The Best Of James Ingram The Power of Great Music(Warner / 1991)

f:id:markrock:20190201074315j:plain


ジェイムス・イングラムが亡くなったとのこと。ミシェル・ルグラン・ショックからも立ち直れないままで。ルーサー・イングラムのお兄さん。そのジェイムスがパティ・オースティンとデュエットした”How Do You Keep The Music Playing?”はミシェル・ルグランの曲だった。テンダーな男性ソウル・シンガーということで言えば、ピーボ・ブライソンとジェイムス・イングラムは自分の中では双璧。白と黒を繋いだ重要なライターであるバリー・マンが双方に曲を書いているのもミソ。そもそもジェイムスが歌ったバリー・マン作”Just Once”のデモ(2017年にまさかのCD化Barry Mann & Cynthia Weil Original Demos, Private Recordings and Rarities』)がクインシー・ジョーンズのもとに渡ったことでジェイムスのソロ・デビューに白羽の矢が立ったのだった(件のデモ曲は1981年の『The Dude』に晴れて収録)。ちなみにもう一つのデモ”Never Gonna Let You Go”は傀儡のようにジョー・ピズーロ(ex.HEAT)が歌ったセルジオ・メンデス版が売れた。デモでここまでか…というくらい、とにかく抜群に唄の上手い人だった。だからこそ、USA for AfricaWe Are The World”でトリを務めることになったのだった。トリというとレイ・チャールズ…というイメージがあるけれど、元々そのレイのバックを務めていたジェイムスがレイとボーカルを分け合ったことを思い出してみてほしい。1985年時点でレイ・チャールズの次に歌が上手いと思われていた…と言っても言い過ぎではないと思う。

f:id:markrock:20190201170537j:plain


いずれにしても、”Just Once”でグラミーをかっさらった後、クインシーのバックアップの下、1983年の『It’s Your Night』で満を持してデビュー。マイケル・マクドナルドとの”Yah Mo B There”(こちらもグラミー獲得)やパティ・オースティンとの”How Do You Keep The Music Playing?”(”Baby Come To Me”も大ヒット!)などが当たり、”フゥー”という高音のファルセットがトレードマークになる。その後もアルバムではクインシー産で1986年の『Never Felt So Good』、そして全米No.1の大ヒット・バラード”I Don’t Have A Heart”を含む『It’s Real』を1989年にリリースしている。”I Don’t Have A Heart”はトム・ベルのプロデュース、アラン・リッチとジャド・フリーマン作の素晴らしい楽曲。アラン・リッチはチャーリー・リッチの息子とは別人、以前はホームページに沢山デモを載せていた記憶がある(https://www.allanrichsongs.com)。

 

f:id:markrock:20190201170504j:plain

f:id:markrock:20190201170525j:plain


さて、最高のベスト盤は…というと1991年の『The Best Of James Ingram The Power of Great Music』でしょう。企画曲も余すところ無く収録し、今聴いても最高のプロダクション、音には普遍性がある。リンダ・ロンシュタットとの”Somewhere Out There”(バリー・マンと、タイタニックのテーマで知られるジェイムズ・ホーナーの共作)やバリー・マンのシンガーソングライター的気質が出た”There’s No Easy Way”もある。バリー・マンのセプター盤をプロデュースしたスティーヴ・タイレル(90年代以降ジャズ歌手として大当たりする)の曲もあるし、”Just Once”でキーボードを弾いていたデヴィッド・フォスターの”Whatever We Imagine”もある。つまり、バリー・マンクインシー・ジョーンズデヴィッド・フォスターというソウル・ミュージックの白人的洗練を経たアメリカン・ミュージックの王道を具現できたシンガーがジェイムス・イングラムだった、ということ。そう考えると、エボニー&アイボリーな理想の音楽を体現したはずの”We Are The World”でトリをレイ・チャールズと分け合った理由もおのずと理解できるような。

f:id:markrock:20190201074315j:plain

f:id:markrock:20190201170555j:plain

しかし、その後ジェイムスのようなソウル歌手はアメリカではR&B・ヒップホップの台頭で姿を消す。エボニー&アイボリーな理想の音楽もその実、白人におもねったメロディアスなものではないか…そうみなされたからではないかと思っている。80年代に飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼のオリジナル・アルバムが、以後1993年の『Always You』と2008年の『Stand(In The Light)』だけだった…というのは悲しい気がしなくもない。ヒット曲の(原曲に忠実な)ニュー・ヴァージョンも含む1999年のベスト盤『Forever More(Love Songs, Hits & Duets)』にソウル・ミュージックの良い所を受け継いだR&B世代のヒット・メイカー、R.ケリーの”I Believe I Can Fly”がしっかり入っていたことには感心した。他にも、奇しくも昨年末亡くなったナンシー・ウィルソンとのデュエットや、デヴィッド・フォスターが手がけたドリー・パートンとのデュエット”The Day I Fall In Love”も含まれていた。どっしりとした唄を歌えるソウル歌手がとんと見当たらなくなったようにも思える現代、彼を埋もれさせるのは惜しい。残された作品を聴きつつ偲びたい。

f:id:markrock:20190201170615j:plain

Bobby Bridger / And I Wanted To Sing For The People(RCA / 1973)

markrock2019-01-26


テキサスのシンガー・ソングライター、ボビー・ブリッジャーの1973年RCAからの2作目。60年代後半にはカントリー寄りのレーベル(何しろロイ・オービスン、クリス・クリストオファスン、トニー・ジョー・ホワイト、そしてディキシー・チックス!)という印象のモニュメントからシングルをリリースしている。今作はRCA、そしてテキサス出身というだけで無骨なカントリー寄りの音を予想してしまうけれど、バックアップがレッキングクルーだから、という理由で聴いてみたところ、素晴らしい仕上がりだった。ハル・ブレイン、ジョー・オズボーンの良い仕事。そこに、ニール・ダイアモンドやマーク・ノップラービリー・ジョエルなんかのバックをやっていたリチャード・ベネットのギター、そしてスプーナー・オールダムのピアノなんかが入る。マキシン・ウィラード、ジュリア・ティルマンらのソウルフルなコーラスも。ロン・クレイマー制作のカリフォルニア録音。割とウェットでスワンピーな楽曲と、音のカラッとした響きのバランスが抜群に良い。ロスト・ゴンゾ・バンドやボビー・ゴールズボロなんかにも楽曲提供をしていたみたいだけれど、良い時代のスリー・ドッグ・ナイトを思わせるような良質のスワンプ・ポップを展開している。サイモン&ガーファンクルのような繊細なフィンガー・ピッキングのフォーキーな曲もアリ。S&Gもレッキング・クルーですから似ているのも当然。素晴らしい!そして今も現役(http://www.bobbybridgermusic.com/band/)。

Jermaine Jackson / Jermaine(Motown / 1972)

markrock2019-01-25


ジャクソン・ファイブ〜ジャクソンズの三男ジャーメイン、1972年初のソロ・アルバム。スムースなボーカルやグループを脱退しての積極的なソロ活動を含めて、弟マイケル・ジャクソンのモデルとなったのではなかろうか。なかなか自己主張が強く、キツい性格なのか、トラブルの噂を色々聞く人でもある。モータウンベリー・ゴーディの娘と結婚していた時期もあった。個人的には1976年の3枚目『My Name Is Jermaine』が結構好きで良く聴いていた。売れたであろう80年代の諸作よりも。



この初ソロ、アメ盤LPのむちゃくちゃ分厚いボール紙がまたたまんないですね。分厚いのにゲイトフォールドっていう。たいていこういう材質の盤は取り出し口と背が擦れまくっている。で、中身はというと、選曲が何よりも良過ぎる。まず冒頭ジョニー・ブリストル作の”That’s How Love Goes”が良く出来ている。ソウル界のアイドルたるジャクソン・ファイブの色が濃い、激ポップなベース・リフが最高で!それでいてレッドボーンの”Come And Get Your Love”のような胸をかきむしられるような切ない美メロ。70年代後半になると、色んな白人バンドがAORな文脈でブルー・アイド・ソウルをこんな感じでやるんだけど、モノホンのソウルを聴いて思うのは、そんなのとっくに70年代初頭にやってたよ!っていう話。そしてホランド・ドジャー・ホランドの”I’m In A Different World”と”Take Me In Your Arms (Rock Me For A Little While)”。後者はドゥービー・ブラザーズのカバーで有名(オリジナルはエディー・ホランド自身1964年のレコーディングで、翌年にキム・ウェストンがカバー)。そしてサイモン&ガーファンクルの”Homeward Bound”のソウル・カバーなんてのもあるんですよ。そしてそのアート・ガーファンクルが1975年にカバーしたフラミンゴスの”I Only Have Eyes For You”。ジャクソン・ファイブの楽曲を多く手がけたThe Corporations(ベリー・ゴーディ、アルフォンゾ・マイゼル、フレディ・ペレン、デイク・リチャーズ)の”Live It Up”もジャクソン・ファイヴに比べると大人っぽい作りで。リオン・ウェアやパム・ソーヤーがソングライティングに加わった”If You Were My Woman”もある。スモーキー・ロビンソンがプロデュースしたマーヴィン・ゲイの”Ain’t That Peculiar”のカバーも印象的だった。どう考えてもあざといアイドル歌謡のような作りなんだけど、この歌唱力ですから別格!