いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

3月21日はナイアガラの日

*[コラム] 3月21日はナイアガラの日

f:id:markrock:20200312125838j:plain

気付けば昨年から永井博づいていたという。シティポップ熱に載せられたのか…タワレコで見つけたファブリックパネルで冬でも夏気分という。niko and…の時計も、ね。そう、昨年ニルソンのニューアルバムが出て、大滝さんも…とかブログに書いていたら、正夢になったという。

f:id:markrock:20200312125859j:plain

そう、3月21日ですよ。ナイアガラ・ファンが毎年楽しみにしているリリース・デイなんだけれど。デビュー50周年の大滝詠一、最後のソロ・ニューアルバム、という触れ込みの『Happy Ending』のリリースが決まった時、フィジカルなパッケージでのニューアルバムを楽しみにする、という高校生位の頃に味わっていた久々のドキドキ感を10年ぶりくらいに味わえたと同時に、こんな気持ちになれるのはもしかすると(悲しいけれど)最後なのかもしれない、と思えたのだった。それがこのコロナ騒ぎもあって、大滝さんの故郷・東北の方々の悲しみを偲びつつ、こんな気持ちでその日を迎えることになるとは。

f:id:markrock:20200312125935p:plain

とはいえ私はCDもアナログもどっちも注文しましたが。

 

しかし大滝詠一という人は基本、近現代的・モダンの人だったんだな、という気がする。1979年というのが(よく言われる)モダン[近現代]とポスト・モダン[脱近現代/近現代以後]の切れ目だったわけだけれど、大滝さんのブレイクはポストモダンに入った頃。それでも彼はメディアを使って一斉消費させる、いわゆるモダンの大衆文化を心底好んでいた人だったと思う。3月21日の再発でしのぐシステムとか、信者を作るシステムも、近代新宗教的ですらあったわけだし。今後もジミヘン商法のように、ファンがいる限りは続いていくはず。ちなみに国民国家アイデンティティに訴えるのも典型的なモダニスト感覚。伝統芸能や和ポップスの再評価とか、日本に根付いた野球文化の啓蒙とか。サザンの桑田さんも同じ頃にブレイクした人だけど、立ち位置が似ている。歌い回しも大滝さん同様、和洋折衷のこぶし歌謡だし。だからこそ、90年代後半にJ-POPという、今思えば(グローバリゼーションの反動としての)ニッポン(J)回帰現象が起こったタイミングで、その最重要ルーツとして参照・称揚されたのだろう。

 

ただ、アメリカン・ポップスをDJよろしく(といっても大滝さんはラジオDJ!)、サンプリングする感覚はポストモダン的だった。ただし、着地点がニッポンだったから、圧倒的なポストモダン感覚をもっていた細野さんと対照的に、21世紀における世界での再評価は遅れてしまった(ここには偏見も加味していうならば、互いの出身地、東京―地方というアイデンティティの相違も絡む)。あと、松本隆や前述の永井博とのコラボレーションなどでリゾート・ミュージックとして絶妙なバランス、美学を保っていた80年代前半と比べると、復活した90年代後半の「幸せな結末」以降の歌詞やメロディには、そこはかとない和のフレーバーがまぶされていたような気がする(市川実和子の「雨のマルセイユ」なんて曲も)。「Happyending」 →「ハッピーエンド」→「はっぴいえんど」→ 「幸せな結末」ですからね。今回のプレスリリースにも「令和のマスターピース」なんて言葉が躍っていたし。ただ、今回のアルバムタイトルだけは再び和から洋に還った「Happy Ending」でしょう。時代やアーティスト人生の円環運動と解釈しても良いし、海外のはっぴいえんどファンへの、何某かの目配せも邪推してしまう。まあ、そんなことを再検証しつつも、ニューアルバムに身を委ねるのが今から楽しみでならない。

f:id:markrock:20200312130004j:plain

f:id:markrock:20200312130044j:plain

ちなみに昨年の『ナイアガラ・コンサート’83』もDVD付のCDボックス、歌入りのアナログ、そしてインストゥルメンタルのみの限定アナログ、共に素晴らしかった!六本木蔦屋書店で注文した限定アナログのイニシャルはたまたま「409」だったけれど、ビーチボーイズを思い出したりして!

f:id:markrock:20200312130030j:plain

 

 

Wenchin / Same

*['60-'70 ロック] Wenchin / Same(Buddha / 1975)

f:id:markrock:20200308145353j:plain

「ウェンチン」という東洋風味なアーティスト名。リリース元のブッダってのもカーマスートラだとか、ヒッピー世代の東洋趣味全開なネーミング・センスだったわけですが。こちらはバブルガム・ポップなアーティ・リップも絡みつつの、1975年という遅すぎたバブルガム・ファンキー・ポップな、ヴォーカリストの唯一のソロ作。全曲が音楽出版社Three Minute Musicのものだというけれど、これ(3分間音楽!)、大滝詠一的コンセプトですよね。

www.youtube.com

まず一つ目に注目すべきはキング・ハーヴェストの一世一代の名曲”Dancing In The Moonlight”のカバーが収録されていること。"Come And Get Your Love"で知られるレッドボーンがカバーしたかのような仕上がり!そもそもプロデュースのスティーヴン・ネイザンソンはこの曲で儲けようとした人。スティーヴンとエリックのネイザンソン兄弟は1970年にユナイテッド・アーティストからリリースされたザ・ミュージック・アサイラムというサイケバンドのプロデュースを手掛けていた人たち(ウェンチンの本作プロデュースはステーヴン・ネイザンソン・ア・ミュージック・アサイラム・コンセプト名義)。同1970年にはウェンチンがボーカル・ソングライティングで参加していたオムニバスというサイケバンドも手掛けており、さらに併せて手掛けたのが、後のオーリンズのランス・ホッペンが在籍したボッファロンゴ。そこにはシャーマン・ケリー作の”Dancing In The Moonlight” のオリジナル・ヴァージョンが収録されていた。

www.youtube.com

”Dancing In The Moonlight”はボッファロンゴのデイブ・ロビンソンとロン・アルトバッハ(後にマイク・ラブのバンド、セレブレイションに参加)、そしてシャーマン・ケリーらによって結成されたキング・ハーヴェストで1972年ついに大ヒットをつかみ取る。キング・ハーヴェスト版の”Dancing In The Moonlight”のイントロはサザン・オールスターズの”希望の轍”のイントロに借用されている。

www.youtube.com

ちなみにウェンチンの本作の冒頭”Havana(Have You Ever Been)”にはファニア・オールスターズより、イスマエル・ミランダとラリー・ハーロウがボーカルで参加。そういえば「サザン・オールスターズ」のネーミングのアイデアの源泉の一つはファニア・オールスターズだった。で、その”Havana(Have You Ever Been)”は1979年の映画『The Warriors』のサントラで、ケニー・ヴァンスwithイスマエル・ミランダ名義で”In Havana”のタイトルでカバーされている。これをコ・プロデュースしていたのがアーティ・リップとスティーヴン・ネイザンソン。そちらにはなぜかコーラスにチェビー・チェイスが加わる乱痴気っぷり。スティーヴン・ネイザンソンはケニー・ヴァンス在籍のジェイ・アンド・ザ・アメリカンズの『Sands Of Time』にボビー・ブルームと共に参加しており、そのコネクションであろう。

 

で、そのボビー・ブルームはウェンチン盤に”Outta Hand”という佳曲を提供。そのボビー・ブルームに楽曲提供しているアンダース&ポンシアのピーター・アンダースがケニー・ラグナと共作した”No Strings”も収録されている。個人的にはピーター・アンダース関連盤と位置付けてもいる。

f:id:markrock:20200308145508j:plain

ところで「ウェンチン」ってバンドのように言われているけれど、不可解なジャケットを見てもわかる通り、ネイティブ・アメリカン出身と思われるリード・ボーカルの男性(レッドボーンを彷彿とさせるボーカル・スタイル)のこと。本名はロバート・ウェガジン(Robert Wegrzyn)。レコードのスリーブの中に、スティーヴ・ネイザンソン・ミュージックの売り上げ報告書とか、売り上げを誰にいくら配分するか、みたいな生々しいメモが挟み込まれてました。さっき”Dancing In The Moonlight”でスティーヴン・ネイザンソンが儲けようとした、と書いたけれど、このメモには「”Dancing In The Moonlight”は4半期でノン・チャートの動きだが会社は50%の利益を得る、ただしライターはシャーマン・ケリーで、もはやスティーヴ・ネイザンソンには属さない」とか書いてありました。

f:id:markrock:20200308145448j:plain

 

Stephen Bishop / We’ll Talk About It Later In The Car

*[AOR] Stephen Bishop / We’ll Talk About It Later In The Car(BMG / 2019)

f:id:markrock:20200307184734j:plain

スティーヴン・ビショップ、2016年の『Blue Print』に続く2019年の新作。アマゾンでLPを予約していたのだけれど、なかなか入荷せず、結局強制キャンセルになってしまった。予約数が少なく、採算合わずにプレス見合わせかな…と思っていたら、ユニオンに入荷していて拍子抜けした。早速聴いてみる。リアルタイムで酷評しているレビューも読んだけれど、結構良いじゃないですか。歌詞もほぼ無視して、ただ音の要素だけを切り取って評価する日本のAORの美学からすると、バラエティに富んだ楽曲が逆にとっちらかった感じに聴こえてしまったのかも。でもスティーヴン・ビショップは私からすると、AORという感じはあまりせず、メロウなシンガー・ソングライターとしか言いようがない人。


ちなみに欧米のヨットロックと日本のAORっていう概念は、重なるようでちょっとズレている。日本のAORは美学を求めるというか、スティーリー・ダンを極北に、職人気質を賛美するみたいな風土があるけれど、ヨットロックっていう括りは、ハッキリ言ってちょっとダサめの歌謡ロックみたいなものですからね。カントリー・テイストのAORに至っては、堀内孝雄とか高山厳の世界。ちなみにそちらも大好物ですが、何か(笑)


今作は1970年代の未発表曲のリメイクからアルバム制作のアイデアを得たんだとか。ファーストを引用したジャケがそれを表している。老境に差し掛かって、初期衝動に還りたい、と思っているのかもしれない。人生、生と死は円環運動のようなもの。タイトルはスター・ウォーズレイア姫役、そしてポール・サイモンの元妻として知られる故キャリー・フィッシャー(スティーヴンとも親交があったが、2016年に亡くなった)が電話の相手に喋った「あとで車の中で話しましょう」に由来するんだとか。キャリーの母デビー・レイノルズの口癖だったという話もある。


ティーヴンは70年代初頭、メーガン・マックドナウ、ニック・デカロ、ジェイムス・リー・スタンリーなどに楽曲提供し、(リー・カンケルの紹介で)アート・ガーファンクル『Breakaway』に大抜擢されたところからキャリアが開けた人。そのアートの次作『Watermark』はジミー・ウェッブ曲集だったわけだけれど、そこに収録されていた”Someone Else”を今作『We’ll Talk About It Later In The Car』でスティーヴンがカバーしている。”Someone Else”は10代半ばのジミーが初めて作った曲だった。その初期衝動をもエネルギーにしようとしているようにさえ思える。そんなスティーヴンはその後、サタデー・ナイト・ライブジョン・ベルーシ人脈で映画音楽のメインストリームを突っ走り、スティーヴンをレスペクトするエリック・クラプトンフィル・コリンズらと親交を深め、輝かしい80年代ポピュラー音楽最良の時代を経験したのだった。だから今作は、そんな彼のキャリアや人生を振り返るムードを持った作品に思えた。


Side Aはバラードの”Almost Home”、90年代ポップ風の”One In A Million Girl”、そしてアメリカーナな”Like Mother Like Daughter”が印象に残った。一番らしくない”Like Mother Like Daughter”がPVに選ばれている。そしてSide Bはファーストの雰囲気そのもので、”The Day You Fall In Love With Me”や”Nora June”なんて往年のファンには涙ものかも…。”French Postcards”は”Unreleased”とあるけれど、当時(『BISH』の頃みたい)のアウトテイクと思われる。さらにボーナス・トラック扱いの”Tinseltown”は一聴すると1985年の『Bowling In Paris』のアウトテイクでは?これだけは音質があまり良くない。


ちなみにLPプレスのコンディション、少々プレスミスでは?と思われる音の揺れが見られる箇所もあったりしたけれど、内容に免じて、許す!

f:id:markrock:20200307184754j:plain

www.youtube.com

Fluff / Same(Roulette / 1972)

*['60-'70 ロック] Fluff / Same(Roulette / 1972)

f:id:markrock:20200306101454j:plain

はっぴいえんど『風街ろまん』と同じくらい良い!と言ったら言い過ぎかもしれないけれど、さして誇張でもない。全くの無名バンドの唯一作なのだけれど、レコードの出音はまったくもってあの時代のロックのダイナミズムを全て兼ね備えている。予備知識はなかったけれど、プロデューサーのアート・ポーレマス(Art Polhemus)と4曲の作詞で参加しているエステル・レヴィット(Estelle Levitt)のクレジットを見て購入。白プロモで800円くらいだった。


プロデューサーのアート・ポーレマスはアラン・ゴードンやジェイク・ジェイコブスが在籍していたマジシャンズやそのジェイクが作ったバンキー&ジェイク、それにブルース・マグース、そしてジョン・ホールやバーバラ・キースが在籍していたカンガルーを手掛けていた人。コッペルマン・ルービン・カンパニー関係の人ですね。エステル・レヴィットが参加しているのも頷けるし、そのエステル唯一のソロ『Isn't It Lonely Together?』ブッダから1974年のリリース)もアートが手掛けていた。

f:id:markrock:20200306101515j:plain



で、バンドの方はジョーレイ・オーティス、トミー・シェフの二人が楽曲を手掛けているのだけれど、そのいずれもが程よいポップさとロックのアンサンブルが同居しつつ、一言で言うと良くできている。”Go To Sleep, Elaine”なんて曲はジェイムス・テイラーがジョー・ママに入っているかのような仕上がり。”You Made Me Lose Control”のエレキとドラムスのファンキーな絡みと爽やかなコーラスは本当にクセになる感じ。何よりエレキの音が鈴木茂のような生成りの音なんですよね。最高!”Who’s Gonna Love Me In The Meantime”にはオルガンも入って、スティーヴン・スティルスのマナサスを思わせるロック・サウンドで。冒頭はっぴいえんど『風街ろまん』を引き合いに出したけれど、同じ時代の空気で作られているから当然とも言えるのかな。ちなみにバンド名Fluffとは綿毛のこと。まさに綿毛のように消えてしまったバンドなんだけれど、我が家の50年前のオンボロ・スピーカーにて爆音で鳴らすだけで、この世の憂さも晴れてしまう。

youtu.be

Vol.8 Chaki P-2

*[楽器道] Vol.8 Chaki P-2


この一年で相当ギターを売りました。楽器道のシリーズで紹介したものも、そうでないものも。マーティンのオールマホのドレッドノート・ジュニア、ルナのガット、Angelのギブソン3/4モデルのフルアコグレコのオールマホのフルアコヤマハのミニガット、Avalonドレッドノート、弦高が高すぎたヤマハFG-180も…。ウクレレもフェイマスとコアラナが旅立っていきまして。楽器は今どうしても必要なものがあったりする。それでいて古い楽器もモノによっては、オークションで買ったとき以上の値段で飛ぶように売れていくという、需要と供給の幸福なバランス(笑)

f:id:markrock:20200306000733j:plain

一方で増えたものもありまして。こちらのチャキ(Chaki)のP-2もそのひとつ。チャキ(Chaki)といえば憂歌団内田勘太郎さんがボーカルの木村さんから物々交換で買ったというあのフルアコの名器P-1が知られているところ。ただ、名器とはいうけれど、型はギブソンをモデルとしつつも、安上がりな合板ベニヤ系のギター。その決して上品とは言い難い独特のジャキジャキした音色と見た目がハッキリ言って魅力でありまして。ただ、60年代後半から、2000年代まで実は生産されているので、コンディションは色々。私が狙いを定めていたのは1970年前後のゼロフレットのモデル。ネットオークションをほぼ毎日チェックし続けて、手ごろなヘッドロゴ無しの1970年製P-2をとうとう発見。P-2はP-1にピックアップを載せたモデルだから、純粋なフルアコでない分、人気は少し落ちる。でも、ピックガードを外せば良い感じになると確信して落札!なぜか市場価格の半額ぐらいだった。シリアルはNo.000185(ちなみにチャキは結構いい加減でシリアルや製造年が書いていないものもある)。送られてきてみると、元の持ち主がリフレットやナット交換もしていて、コンディションは悪くなく、ネックの反りもない。しかも細目で握りやすい。ピックガードは早々に外してしまう。

f:id:markrock:20200306000924j:plain

 

f:id:markrock:20200306000840j:plain

おそらく当初は、「P-1にピックアップを載せて」と個人オーダーしたものだと思う(ヘッドのChakiロゴが無いのもそういう理由か?)。ピックアップは当時のヘフナーと同種。アンプを通すつもりはなかったので、エリクサーのフォスファー・ブロンズのアコギ弦を張って、基本アコースティックで使うことにした。50年前のギターだけれど、プレイヤーズ・コンディションとしてはバッチリ。ハイポジションのソロも弾きやすい…これは儲けものだと思っていたのだけれど、2週間ほど前。なぜかビビり症状が。おかしいなと思ってヘッドを見ると、ペグのネジ付近の張力がかかる部分、板が縦に真っ二つ、ヒビ入ってまして…いや~やられたなと思いました。オークションでもかつてほとんどこんなトラブルはないのだけれど、50年前のギターならこれも仕方ない。よくよく購入時の画像をチェックすると、確かに縦に割れ修理跡が入っていた。だからやけに安かったんかい!っていう。気付けよ自分、っていう。

f:id:markrock:20200306001051j:plain

ただ、ネック裏を見ると、ネックの中央にも線が入っていた。つまり、もしかすると、そもそもネックを1本の木で作っていなかったということかも。ネックは2本の木を張り合わせ、ヘッドは出っ張っている部分にさらに2本の木を張り合わせて作った、と。今回割れが入ったのはソコですね。安普請もいいとこなんですが。

f:id:markrock:20200306001122j:plain

てなわけで早速、ギター工房では誰もが使っているというタイトボンドを購入!あと、2つで1000円もしない激安クランプを入手して、100均の注射針を使ってヒビのスキマにタイトボンドを充填。張り合わせてクランプで締め付けて約1日。完全に接着されました!タイトボンドは本当に最強。一つのカタマリになりました。治ったからこんなに冷静に書けるんですが、まじ焦ったというのが正直なところ。妙な愛着が生まれたので、いつかレコーディングなんぞで使ってみたいと思う。

f:id:markrock:20200306001138j:plain

 

非日常の中の日常

*[コラム] 非日常の中の日常


ここの所、とんでもない世界になってきておりますが。ブログを書く気も起らなかった。コロナ蔓延にあって再び人間の浅ましさを見るという。国家総動員体制を作りたいのか、作ってしまう国民性なのかはわからない。余りこの国とは関わり合いになりたくないのだけれど、住んでいる以上関わらざるを得ないというジレンマもある。震災の時もそうだったけれど、音楽など芸術が軽んじられるのはいたたまれないし、やりきれない。ライブ自粛の動きもあるし、先日お会いした国立西洋美術館で働いている方の言では臨時休館になってしまったとのこと。大正教養主義の洗礼を受けた、(ゲゲゲの鬼太郎の)水木しげるが太平洋戦争に従軍する直前の手記にあった「芸術が何んだ 哲学が何んだ 今は考へる事すらゆるされない時代だ」を思い出しつつ。まあただこんなこと言うと、「感染防止のためには仕方ないだろ」とか言われちゃうんですが。「そんなことわかってるよ!」という話。芸術の孕む批評性を常日頃恐れている人々の無意識の性なんじゃないかと思われなくもない。


しかし共働き家庭の私なんぞはですね、子どもは少なくとも1か月強は家にいるわけですから、交互に休まざるを得ないわけで。色んなものを「しょうがない」とばかりに諦めたけれど、そんな非日常の中で、不思議と日常を取り戻しつつあるという。近所の子どもたちは行き場がないのか、中学生や高校生ですら公園にいて。しかも小学生と遊んでいたり。こういう風景って、自分が子どもの頃は当たり前だったけれど、最近はとんと見かけたことがなかった。まあ、塾とか、部活とか、習い事とか、普段はおかしい位にワーカホリックですよね。何に煽られているのか知らないけれど。余暇すら資本主義の勤勉労働に取り込まれているドレイ的ニッポンの生活を見直す契機にしたいと思いました。


さて、先月は5年ぶりくらいのライブ。荻窪のBungaという素敵なお店。オーナーのプー・カングァンさんは日本で初めて路上ライブをしたという伝説的ミュージシャン。その日は近所の音楽仲間、ニュージーランドのミュージシャン、Guyさん(The Mighty Takapu)も出演。私は、ここ数年来ちょくちょくセッションをやっているベースのTsubasaさんと一緒に。Tsubasaさんの伯父さんは「好きさ好きさ好きさ」で知られるGSカーナビーツのギタリスト越川ひろしさん。お父さんはマネージャーをやっていたと言っていたような。でも、GSブームが意外と短かく終わったからだと思うけれど、Tsubasaさんが若い頃は「絶対に楽器は弾くな」と言われてたんだとか。それでも大学時代にベースを手に取って以来、いまだに弾き続けている……ってなんかいいですよね。

 

演奏は30分で6曲。ツイッターでアップしたラスト「愛すべき音楽よ」は数日で視聴回数1000を超えたのでビックリ!有難いです!
https://twitter.com/i/status/1226363567407955969

 

オーディエンス音源ももらったので、アップしてみました。
https://www.youtube.com/embed/IUBuffOKaT0

久々のライブと…

*[ライブ]  久々のライブと…

 

本日はご縁あって…本当に久々のライブ!20:00~30分になります。 

Live Bar BUNGA(荻窪) 2月8日(土) Acoustic+α Night 【出演】 OCs、Yohei Shibazaki、The Mighty Takapu、いしうらまさゆき with Tsubasa【Open】 19:00 【Start】19:20【料金】 1,500円+1ドリンク

livebar-bunga.com/index.html

 

そして、昨年刊行された加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ—ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』ですが、元新譜ジャーナル編集長の鈴木勝生さんが素晴らしいレビューを書いてくださりました!ぜひご一読ください!

『キッス・オブ・ライフ』を読んで 鈴木勝生(フリーライター・「新譜ジャーナル」元編集長)
http://meigetu.net/?p=7364