いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

SSW

Jimmy Webb / Ten Easy Pieces The Deluxe Edition ( Friday Music / 2018)

久々の更新。レコードもライブも色々盛り沢山な今日この頃で。10月27日はご本人から直接お電話頂いたもので、行かないわけには!とばかりに、私のファーストでアレンジをして頂いた(第二、第三の円熟期を迎えておられる)佐藤龍一さんのライブat大森・風に…

Chris Smither

/ I’m Stranger Too!( Poppy[RCA] PYS 40013 / 1970 ) クリス・スミザー!久々に聴いたら…もう最高の気分だ。家から一番近くにある中古レコード屋、ほぼ毎日のように行っている三鷹のパレードにて、ちょっと割れてるけどもし良ければ…ということで頂いてし…

 Charlie Starr / Tough & Tender(Prophesy Records / 1971)

行きつけのレコード屋で会計を済ませた後「こんなの持ってますか?」と聴かれたのが盲目のSSW、チャーリー・スターの『Tough & Tender』。ジェイムス・テイラーやキャロル・キングなどのスワンピーなカバーも含む大好きな盤だ。 「それ大好きで持っています…

 Eric Kaz / 41年目の再会 ( Slice of Life Records / 2015 )

エリック・カズ(http://www.erickaz.com/)の41年ぶりのソロ新作。オリジナル・タイトルはシンプルに『Eric Kaz』。41年って…私の人生はそれにすら満たないし。凄まじいこと。日本のSSWものなどで有名な輸入盤店「プー横町の家」(ロギンス&メッシーナですね…

 JD Souther / Tenderness ( Sony Music Masterworks / 2015 )

表記がJ.D.サウザーからJDサウザー、とマイナー・チェンジしていたけれど。JDサウザー69歳の新作。寡作の人、というイメージで大滝詠一と被るのは、1984年の『Home By Dawn』から新作のリリースが途絶えてしまったことにある。大滝も同年の『イーチ・タイム…

 James Taylor / Before This World ( Concord /2015 )

70年代のシンガー・ソングライター・ファンにとっては、大物のリリースが相次いでいる感もある。JDサウザーにジェイムス・テイラー、そして2002年の日本公演が書き下ろし新作を制作する活力になったというまさかのエリック・カズ。リンダ・ロンシュタットな…

Danny Holien / Same ( Tumbleweed Records / 1971 )

久しぶりにデパートの催事場で「廃盤レコード市」みたいなやつを発見。なんか懐かしい感触。いまだに地方だとやってるのを見かけるけれど、何店舗か中古盤屋が集まっていて。ユニオンみたいなチェーン系じゃないのがなんだかいい。私が高校生くらいの頃まで…

 John Simson

/ We Can Be Everything (Perception PLP16 / 1971)なんともあの時代なジャケに惹かれたレコード。ジョン・シムスンというシンガー・ソングライターの唯一作。サイケな匂いもあるジャケだし、アシッド風トリップ・サウンド・オンリーだと思っていたけれど、…

 Livingston Taylor / Blue Sky( Whistling Dog Music / 2014 )

タイトル『青空』。良いですね〜。素晴らしくヒューマンなシンガー・ソングライター、リヴの新作。ジェイムス・テイラーの弟、なんて今更何をって感じですが。今作のジャケが2009年の前作『Last Alaska Moon』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20101224)や…

 グラミー賞とポール・ウィリアムス

先日の第56回グラミー賞授賞式。テレビや動画サイト等で目にした音楽ファンも多かったと思う。ポール&リンゴのビートルズ解散後5度目だかって言う共演(今年は1964年のエド・サリヴァン・ショー出演という、かのブリティッシュ・インヴェイジョンから50周年…

 The Mighty Takapu

/ Hitch A Cloud ( haha productions / 2012 ) 三連休も気付けば終わっていきますね…今年はまだまだ毎日暑くて。しぶとい夏でした。 先日地元三鷹でたまたまお会いしたニュージーランド出身、日本在住のミュージシャン”The Mighty Takapu”を本日は紹介しよう…

 Peter Gallway

/ Hello Stranger ( Gallway Bay Music / 2013 )近年も結構多作なピーター・ゴールウェイ。アニー・ギャラップとのデュオ、ハット・チェック・ガールなんてのもありました(http://hatcheckgirl.net/)。なにげに今年来日したりもしていた。行けなかったけれ…

Jimmy Webb

/ Still Within The Sound Of My Voice ( eone / 2013 )大好きなミュージシャン、ソングライターの新作にリアルタイムで出会えるというのは嬉しいことだ。個人的には『Suspending Disbelief』(1993)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100531)や『Ten Easy…

Ruthann Friedman

/ Constant Companion ( Reprise / 1969 )しばらくお休みにしていたブログ、再始動致します。 60〜70年代の良質の音楽を再発してきたシリーズ「名盤探検隊」がCDデフレを反映した1200円で新たに生まれ変わって。個人的には学生時代の90年代後半、レア盤シ…

 Warren Marley

/ Something Better ( A&R ARL/7100/004 / 1971 ) 今年3月に亡くなった名匠フィル・ラモーン。ビリー・ジョエル、ポール・サイモン、ピーター・ポール&メアリー、ポール・マッカートニー、トニー・ベネット、レイ・チャールズ、バート・バカラック、ボブ・…

 Various Artists

/ 〜Quiet About It〜 A Tribute To Jesse Winchester( Mailboat MBD 7000 / 2012 )昨年こっそりリリースされていた豪華アーティスト参加のジェシ・ウィンチェスター・トリビュート盤『〜Quiet About It〜 A Tribute To Jesse Winchester』。実に地味なリ…

 Daniel Kwon

/ Live in Fukuoka! ( 自主 / 2013 ) 長いチューニングかと思いきや、既にDaniel Kwonの音楽が始まっている。昨年の3rdに次ぐ、ライブ盤のリリース。アルバムとしては4枚目のリリースとなる。招待された福岡の風街喫茶店での遠征ライブの模様。前半は耳を…

 Billy Joel

/ Cold Spring Harbor ( Family Productions FPS2700 / 1972 ) 毎週立ち寄る三鷹パレードで発見!ビリー・ジョエルの何の変哲もないファーストなのだが、シュリンク付きオリジナルのファミリー・プロダクションのDJ COPY盤ではないですか。いつもの良心的価…

Richie Havens

/ Now ( Epic/Solor / 1991 ) リッチー・ヘヴンスが亡くなったという。恐ろしい喪失感とショックに包まれている。しかも、リッチー・ヘヴンスの持っていないレコードを探していたその日だったのだから驚いた。いつも音楽に気持ちを向けていると、こんな気持…

Keith Jarrett

/ Restoration Ruins ( Vortex / 1968 ) こういうレコードを、いまいちジャズ・ファンもシンガー・ソングライター・ファンも理解してこなかったんではないかな、と思う1枚。ジャンルというものはある種の政治性を含んだモノでもあるし、とても難しい。ただ、…

 Bat McGrath & Don Potter

/ Introducing ( Epic BN26499 / 1969 ) バット・マグラス&ドン・ポッターが韓国Big Pinkから再発されたようだ。なんだか未CD化の盤を探す、なんていう流行も一段落した感がある昨今だが、この盤は探した記憶があるからか、そのCD化にはちょっとした感…

 Wendy Waldman

/ my time in the desert ( Longhouse Records / 2007 ) 大好きなウェンディ・ウォルドマンなのだけれど、カーラ・ボノフやアンドリュー・ゴールド、ケニー・エドワーズ(リンダ・ロンシュタットのバックを務めたストーン・ポニーズの創設メンバー)と結成し…

Michael Johnson

/ Moonlit Déjà vu ( Red House / 2012 ) 雑誌『TRASH-UP!! vol.14』が昨日発売されて。私いしうらまさゆきの2ndアルバム『愛すべき音楽よ』のレビューを掲載していただきました!いやはやとても嬉しくて。。先日紹介した『モンチコンのインディー・ロック・…

Hoyt Axton

/ Explodes ( Vee-Jay Records / 1964 ) ホイト・アクストンといえば、フォーク・ファンには何と言ってもキングストン・トリオの”Greenback Dollar”の作者として知られている人。さらにスリー・ドッグ・ナイトの”Joy To The World”にエルヴィスの”Never Been…

Jerry Fuller

/ It’s My Turn Now ( MCA / 1979 )最近興味を持って集めているプロデューサー、ソングライター、シンガーのジェリー・フラー。元々南部のカントリー寄りのポップ・ライターが大好きだったので、この人の音はドツボそのもの。B.J.トーマス、バリー・マン、グ…

宮 武弘

/ Life(ライフ)( Rhythm Life Design / 2011 )先日9月29日の吉祥寺Shuffle、台風の中だったけれど、インディペンデンス・デイという吉祥寺のライブイベントに行って来て。目的はNatural Recordsのライブ。抜群に一押しのピアノ・バンド(http://naturalr…

 Billy Roberts & Grits

/ Thoughts Of California ( Tulip Records / 1975 ) ウィリアム・モーゼズ・ロバーツ・ジュニア=ビリー・ロバーツという男。男らしく、風に吹かれたジャケの人物に相違ない。生きていれば75歳になっている。遅すぎたアルバム・レコーディング作を1975年に…

Daniel Kwon(ダニエル・クオン)

/ 投げ銭 ( 自主 / 2012 )前作から1年余り、ダニエル・クオン(Daniel Kwon)待望の新作3rd『投げ銭』は新曲を含む全11曲のギター、ピアノの弾き語りライブ盤だ(2012年8月25日高円寺KITORISでの録音)。極めてオープンかつこじんまりとした”投げ銭”ライブ…

 Carole King

/ The Legendary Demo ( HEAR MUSIC / 2012 ) 正直聴いてすぐの印象、コレは期待したほどではなかったかな、という。もちろん凄く貴重なデモであることは間違いないけれど、あくまでデモ、という仕上がり。かつてCSNのデモ・トラック集がリリースされたこと…

 Jake And The Rest Of The Jewels

/ A Lick and A Promise ( 自主 / 2010) グッドタイム・ミュージックのファンの中ではすでに話題になっていたジェイク・ジェイコブス(マジシャンズ、バンキー&ジェイク、ジェイク&・ザ・ファミリー・ジュエルズ、ジェイク・ウィズ・ファミリー・ジュエル…