いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Carole King

markrock2012-04-29

/ The Legendary Demo ( HEAR MUSIC / 2012 )


正直聴いてすぐの印象、コレは期待したほどではなかったかな、という。もちろん凄く貴重なデモであることは間違いないけれど、あくまでデモ、という仕上がり。かつてCSNのデモ・トラック集がリリースされたことがあったけれど、その時と同じ感覚。売れるにしてもコレがリリースされるのってどうなんだろう、という気もしてしまう。


キャロルのデモ集というと、(正規盤とは思えないけれど)アルドン・ミュージックのスタッフ・ライターとしてヒットを量産せんと意気込む時期の楽曲57曲を収めたとんでもないボリュームの『BRILL BUILDING LEGENDS』っていうシリーズだとか、古いところでは”Crying In The Rain”のデモなんかが聴けた『The Dimension Dolls(1983年の『Speeding Time』でもセルフカバーしてました)なんてのがあったから、今回の”Crying…”や”Take Good Care Of My Baby”の収録はたいして驚かない。そもそも本作はシンガー・ソングライター期に繋がるデモっていうまとめ方。


近年のライブのレパートリーにもなっている、モンキーズに提供した”Pleasant Valley Sunday”のデモは未聴でなかなかの出来!アコギのイントロが印象的。1970年の一連のつづれおり収録曲デモはモチロン良いのだけれど、音質も含めて本編の方がそりゃ良いよね。ただ、つづれおり収録の”(You Make Me Feel Like) A Natural Woman”は、遡る1966年のデモで。それこそアリーサ・フランクリンに歌ってもらいます、といった気持ちの篭もったソウルフルな仕上がり。コレはコレで貴重かな。同様、ライチャス・ブラザーズに提供した”Just Once In My Life”も1966年のデモ版。”You’ve Lost That Lovin’ Feelin””をどれだけ意識したソングライティングだったか、改めて浮かび上がってくる。


この1曲、と言われると正直”Beautiful”にグッと来た。メロディも含めて神がかっていたSSW前夜。90年代の音楽好きの若者のバイブルだったザ・シティ名義の『Now That Everything’s Been Said』、ってキャロルのソロにもない、不思議な透明感、昔リプロ盤で白黒ジャケのやつがあったけれど、ほんとモノクロームなそんな世界観。今回のデモ”Beautiful”はそれを思い起こさせるトラックで。『Now That Everything’s Been Said』の小西さんの解説に、「すごくお金をかけて作ったデモ・レコードじゃないか」っていうのがあって凄くナットクだったのだが、お金をかけてないと今回のデモ集みたいになるんだろうな。ソングライターから、自演のソングライターへと、同じデモでも自意識が違う、そんな変化を追うことも可能なドキュメンタリーになっている。そう思えばこのデモ集、悪くもないか、と思えたり。