いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

2011-12-01から1ヶ月間の記事一覧

 Tony Bennett

/ DuetsⅡ( Sony / 2011 ) いよいよ大晦日を明日に控え。なんだか今年はあっという間だった。 意味もなくゴージャスな気分になりたくて、トニー・ベネット御歳85歳の新譜を聴く。2006年の前作『Duet』の続編。前作は近年のジャズ・ボーカルものとしては、屈…

 齊藤ジョニー

/ I am Johnny(Delicious Deli Records / 2011 ) ユニバーサルというメジャーから20代の日本人カントリー・プレイヤーが作品をリリースした、なんてホントにビックリした。リリースは10月末。テイラー・スウィフトの前座を務めたとか言う噂も聞いていた齊…

 ヒグチアイ

/ リアリティー( 自主 / 2011 ) 先日のライブイベントでご一緒したヒグチアイさんのCD。ピアノの弾き語りと、ちっちゃい体からほとばしる力強い歌声が、強烈に音楽したいことが伝わってきて、こちらもじっくりとうたに向き合いたい気持ちにさせられる。…

 ミュージック・マガジン1月号『蒼い蜜柑』レビュー掲載

12月20日発売のミュージック・マガジン1月号の連載「行川和彦の“りある”インディ盤紹介 Do It Yourself!」に いしうらまさゆき のCD『蒼い蜜柑』のレビューが掲載されました。 「くるりや山本精一との接点も感じる現在進行形の日本のフォーク・ロック」との…

[ライブ」イッツアスモールワールドvol.2~X'mas Special!!!~(2011.12.22 吉祥寺SHUFFLE)

「イッツアスモールワールドvol.2~X'mas Special!!!~」無事終了しました!お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!いやはや楽しかった。ジャンルを横断した色々なミュージシャンが出演した今回のイベント、異種格闘技戦じゃないけれど、むちゃ…

 ウリフターズ 

/ Same ( JOYRIDER / 2008 ) いしうらまさゆきが22日深夜に出演するイベント「イッツアスモールワールドvol.2~X'mas Special!!!~」、いよいよ迫ってまいりました。もしご都合つきましたら是非来て頂けたらと思います。アルバム『蒼い蜜柑』も持って行きま…

 Phillip Goodhand-Tait

/ Songfall ( RythmOn / 1972 ) フィリップ・グッドハンド・テイトの諸作(初期4作)がCD化されている。こちらも韓国のレーベルより。レア盤や自主盤の再発よりもこう言ったメジャーどころからCDになってくれると嬉しい。契約の問題とか、CD化に漕…

Libby Titus

/ Same ( BIGPINK / 1968 ) リビー・タイタス、幻のソロ作がとうとうCD化されるというニュースを聞いたのは数ヶ月前だっただろうか。無名シンガー・ソングライターやスワンプロック、レアサイケの再発で注目を集める韓国ビッグピンクのリリースだと知って納…

Carole King

/ A Holiday Carole ( HEAR MUSIC / 2011 ) キャロル・キング、ホリデイ・アルバムのリリースは意外だったが、盟友ジェイムス・テイラーにもあったから、出してもおかしくないかとも思う。ソロではやはり親を超えられなかった娘のルイーズ・ゴフィンがプロデ…

 David Porter

/ Victim Of The Joke?−An Opera ( Stax / 1971 ) デヴィッド・ポーターのソロ3作目。なんだかんだ初めて買った。サム&デイブが好きでも”Soul Man”や”Hold On I’m Comin’”を作ったデヴィッドのソロにはなかなか手が届かない。ソングライティングの相方アイ…

 Barry Mann and Al Gorgoni

/ I Never Sang For My Father ( Bell / 1971 )渋谷のハイファイ・レコード・ストア。先月から自分のアルバムを置かせてもらっている。そのお礼にと思いつつなかなか足を運べなかったのだが、やっと行く事ができた。整然とした店内に所狭しと並べられたセレ…

 Michael Jackson

/ Immortal ( Sony Music Japan / 2011 )死後、未発表テイクを集めた『Michael』が出たけれども、関連CDのリリースはエルヴィス並に永遠に続くだろうと思う、不世出のポップ・アイコン。流石に『This Is It』が叩き売られているのは見るに耐えないが。 さ…

 hico the kid

/ Electro Swing GhibliⅡ( LOUNGE RECORDS / 2011 )先日、12月22日深夜に吉祥寺のライブハウスSHUFFLEでのイベント「イッツアスモールワールドvol.2~X'mas Special!!!~」に出演すると書いたけれど、誘ってくれたラッパーEARVINさん(from ウリフターズ)の…

 Rumer

/ Seasons Of My Soul ( Atlantic / 2010 )もう師走ですか。ブログが億劫になりつつあるけれど、音楽から離れられない。毎日好きなレコードや聴きたいレコードのことばかり考えている。新譜はたくさん届くし、毎日5枚ずつ位聴いていっているけれど、とても追…