いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 ヒグチアイ

markrock2011-12-27

/ リアリティー( 自主 / 2011 )



先日のライブイベントでご一緒したヒグチアイさんのCD。ピアノの弾き語りと、ちっちゃい体からほとばしる力強い歌声が、強烈に音楽したいことが伝わってきて、こちらもじっくりとうたに向き合いたい気持ちにさせられる。そんなシンガー・ソングライターだ。歌いたいことがあって歌を歌うって当たり前のことなんだけど、それが伝わってこない音楽も多いものだから、とっても嬉しい気持ちになってしまう。


さて、今日取り上げる『リアリティーは、1st『ストリート ライフ』、2nd『ナリカケ』に次ぐ、今年リリースされた最新3rdミニアルバム。今のところ、ライブでの手売りがメインみたいだから、年間150本!もやっているというライブにまずは足を運んで欲しいんだけれど。


さて、全5曲。逃げ場を作らない鍵盤弾き語りを収めている。先日のライブでも印象に残った”ココロジェリーフィッシュ”は感情の起伏をポップなメロディに収斂させていて。”君とそのまま”には割とドキッとするフレーズなんかもあったり、その辺りはアルバムタイトルじゃないけど、オトナの女性のリアリティーだなと思ってしまう。卒業ものの”サクラ”や、マッチ売りの少女に譬えて、歌ってナンボなうたうたいの決意表明を聴かせてくれる”小さな願”で聴かせる芯の強さがなんとも魅力。誰もが自分を待っていてくれる家族を思い浮かべてしまうだろう”カケガエノナイモノ”には、歌い手の優しさや弱さにも感情移入してしまったり。


「ウソかホントか」というとウソが多かったり、そもそも「ホント」なんて言える確かなものはあるのだろうか?なーんて、実に生き難い世の中ではあるんだけれど、信じられる歌に出会った夜は心強い。ヒグチアイ、是非聴いてみて欲しい。


http://higuchiai.com
http://pistudio.pih.jp/PiST-1001/