いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Libby Titus

markrock2011-12-17

/ Same ( BIGPINK / 1968 )



リビー・タイタス、幻のソロ作がとうとうCD化されるというニュースを聞いたのは数ヶ月前だっただろうか。無名シンガー・ソングライターやスワンプロック、レアサイケの再発で注目を集める韓国ビッグピンクのリリースだと知って納得したけれど、ファン垂涎のレア盤がCD化され、牙城が崩れていくのを見るたびに、前回の話じゃないけれど、アナログ回帰するファンも多いだろうなと思う。CDじゃなんか雰囲気は出ないんだよね。気分としか言いようがないけれど。


名匠フィル・ラモーンのプロデュース、ザ・バンドのロビー・ロバートソンやポール・サイモンカーリー・サイモンの参加で注目を集めた1977年作が日本では定番アイテム化しているから、ファーストを初めて知って高円寺のレコ屋で見た時は驚いたものだ。6800円だったけれど…ウッドストックに生を受けたリビーだが、現在はスティーリー・ダンドナルド・フェイゲン夫人。かつてはザ・バンドのドラマー、リヴォン・ヘルム夫人だった。リヴォンとの間にできたエイミー・ヘルムはリヴォンとの活動や、自身のバンド、オラベルでCDをリリースしている。ちなみにオラベルはかなりゴスペル色の強いルーツ・ロック・バンドだ。さらに言うとリヴォンもドナルド・フェイゲンウッドストック在住で、リヴォン・ヘルム・バンドのギグではドナルドがキーボードを弾くこともある。


さて、リビーのファーストだけれど、元々線の細いタイプのボーカリストだから、期待以上ではないかもしれない。アレンジもストリングスが入ったりする60年代的仕上がりだし。でも、ジョン・セバスチャンラヴィン・スプーンフル)の”Younger Generation”や”Coconut Grove”みたいな浮遊感のある曲との相性は抜群だった。ウィスパーな”You Didn’t Have To Be So Nice”も最高だったし!やっぱり素敵な音ではあるかな。


子供向けの曲を集めた『In Harmony』では、その頃深い仲だったドクター・ジョンとの共作が収められていて、子供だったエイミー・ヘルムの声も入っている。では今から久々にリビーが自演した“Love Has No Pride”を聴いてみようかな。