いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

'60-'70 ロック

Boz Scaggs / Out Of The Blues ( Concord / 2018 )

ボズ・スキャッグスの新譜。期待通りのスタイリッシュなブルーズ。近作は毎度買ってますが、ハズレなし。というかミュージシャンとしての老年期にさしかかって、ここまで円熟した色気のある音を作れているのは凄い。ブルーズの底力かな。いまだにAORのボズを…

Steve Marriott / Marriott ( A&M / 1976 )

今聴いているのはスティーヴ・マリオットのソロ『Marriott』。スティーヴ・マリオットは1991年に44歳という若さで不慮の事故で亡くなった。もうちょっと長く生きていれば、キャリアを総括する名作を再び生み出せたのにな、といまだに思う。最近はハンブル・…

Chelsea Beige / Mama, Mama, Let Your Sweet Bird Sing ( Epic E-30413 / 1971 )

まだ聴いたことのない70年代初頭のロック・バンドなんてあるんだなぁ、とアメリカ音楽の懐の広さを思い知らされる。日本にリアルタイムで紹介されなかったバンドも沢山ある。こちらはチェルシー・ベージュというバンド。1973年くらいまでのアメリカン・ロッ…

 クリーデンス・クリアウォーター・リヴィジテッド

ゴリウォッグス改めクリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)と言えばアメリカン・ロックでもずぶずぶスワンピーでロッキンなサウンドがインパクトのあるグループだけれど、レコードをリリースしての活動期間は1968年から1972年までの4年、と意外…

Keith Richards

/ Crosseyed Heart( Mindless Records / 2015 )キースの新譜。手に取らないわけにはいかなかった。ソロとしては3作目。気がつけば71歳、前作『Main Offender』は1992年、つまり23年前だった!今作同様スティーブ・ジョーダンとの共同プロデュースだったそ…

Bob Dylan / Shadows In The Night ( Columbia / 2015 )

楽しみにしていたディランの新譜。昨年のリリース情報と先行PV”Full Moon And Empty Arms”を耳にしてからずっと楽しみにしていたのだけれど、リーズナブルな輸入盤を取り寄せていたため、いまやっと届いて聴けた。早さばかりが持て囃される時代だけれど、色…

White Duck / In Season ( BigPink / 1972 )

久々に韓国ビッグピンク手に取ってみました。これは惹かれたな。アメリカーナなソングライター、ジョン・ハイアット在籍のアメリカンロック・バンド、ホワイト・ダックのCD。ファーストも同時にCD化されているけれど、このセカンドからジョン・ハイアット…

The Family Dogg / The View from Rowland’s Head ( Buddah / 1972 )

アメリカの無名メキシコ系ミュージシャンが、本人も預かり知らぬ間に南アフリカでスーパースターになっていた!という昨年日本でも話題になった映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』(http://www.sugarman.jp/)(制作は2012年)。ご覧になった音楽ファン…

 SONG / ALBUM ( MGM SE-4714 / 1970 )

ここの所の制作モードもちょっと一段落。直近では地元三鷹市の保育園の依頼で、プロデューサー馬下さんと「上連音頭」というのを作ったり。音頭と言えば、「ナイアガラ音頭」ってのがありましたから、テンションは高まりました。。今年の夏祭り用ということ…

David Crosby / Croz ( Blue Castle Records / 2014 )

ご機嫌いかがでしょうか。ここの所、ほとんど寝る間を惜しんで…という制作作業。ついにプロデューサーの馬下さんよりマスタリング音源が届く。実に素晴らしい音!アクースティック楽器の音に関しては、宅録の機材で到達できる最高の音ではないかな、と思える…

Delta Cross Band

/ Rave On ( Medley / 1979 ) 新年早々、3枚目のアルバムの制作に突入している。昨年末から作ろうと考えてはいたのだけれども、重い腰が上がったのはやはり大滝さんの死が大きかったかもしれない。莫大な音楽遺産への感謝の気持ちと共に、何か作品を残すこ…

Paul McCartney

/ New ( HEAR MUSIC / 2013 ) ルー・リードの訃報だとか、最近なかなか受け止めきれない音楽ニュースが多くって。大好きだったベテラン・ミュージシャンがこれからどんどん鬼籍に入るだろうという現実。判っているんだけれど、冷静でいられる自信がどうにも…

Rio Grande

/ Same ( RCA LSP-4454 / 1971 ) 先週は石川県・金沢に帰省。一向一揆で散り散りになったという全国の石浦姓が430年ぶりに再会するという石浦サミット2013に参加し、親戚以外の石浦さんの知り合いができました(http://www.asahi.com/area/kyoto/articles/MT…

The Rides(Stephen Stills Kenny Wayne Shepherd Barry Goldberg)

/ Can’t Get Enough ( 429Records / 2013 )スティーヴン・スティルスの新バンド、ライズの作品がリリースされた。リリース前から既に429RECORDSのサイトで全曲視聴できたが現物が届いた(手元にあるのは10曲入りだが、CD+DVDで3曲追加のデラックス・エディ…

Don Felder

/ Road To Forever ( Forever Road Music / 2012 )慌ただしさの余りしばらく更新が滞っておりましたが…とはいえレコ屋には日参する毎日。最近はCDをレコードに買い換えるなんていう時代と逆行する営みに熱中していて。そのためにも、CDのプラケースを捨てて…

Maffitt / Davies

/ The Rise And Fall Of Honesty ( Capitol / 1968 )サイモン&ガーファンクルはビートルズやボブ・ディランと同様に、旧来の音楽スタイルを融合させることで一つの新しい音楽スタイルを作り上げたグループだったと思う。レッキング・クルーの面々といった西…

Brush Arbor

/ Page One ( Monument/CBS 34251 / 1976 )CBS配給のモニュメントよりリリースされた、1976年のカントリー・ロック盤。サンディエゴ出身のブラッシュ・アーバー、1973年にキャピトルからデビューして2枚のアルバムを出した後、メンバーを改めての再デビュー…

The Artie Kornfeld Tree

/ A Time To Remember (ABC/Dunhill Records DS 50092 /1970)今年2013年の3月に惜しくも亡くなったヒュー・マックラケンの初期ワークの一つ。全曲のアレンジをアーティ・コーンフェルドと共に手がけている。楽曲自体はカントリー・テイストのものが多い中、…

The Beach Boys

/ Live 50th Anniversary Tour ( Capitol/Universal / 2013 )メンバー紹介から始まる高揚感をまた味わえるなんて!ザ・ビーチ・ボーイズ50周年再結成ツアーの公式ライブ盤CD2枚組がやっとお目見え。2012年夏のQVCマリンフィールドでの来日公演がWOWOWで放…

Stampeders

/ Sweet City Woman ( Bell 6068 / 1971 ) レコード・ショップ芽瑠璃堂さんのご厚意で、HPの「芽瑠璃堂マガジン」(http://www.clinck.co.jp/merurido/magazine.php)の一つとして当ブログをリンクしていただけることになりました↓ http://www.clinck.co.jp/…

Boz Scaggs

/ Memphis ( 429 records / 2013 ) これは待望の新譜じゃないかな。今年で69歳を迎えるボズ・スキャッグスの新作その名も『Memphis』。半端なし、堂々の南部サウンド回帰作。AORの王道として名前を聞くだけで小っ恥ずかしいなんて時代もあったわけだけれど、…

Eric Burdon

/ ‘Til Your River ( ABCKO / 2013 ) アニマルズのエリック・バードンの新作。こういう現役感溢れる盤が出てくるなんて2013年も幸先良い。ただ、コンテンポラリーな感覚はなくて、往年のファンが喜ぶ音。ってかそれで十分じゃないか、ってハナシですが。スワ…

Gladstone

/ …from down home in Tyler,Texas U.S.A. ( ABC / 1972 ) レコード熱が収まらない。今日もFDRで幸せな時間を。いつもアメリカの匂いのするレコードを探してしまう。 今日買ったテキサス産のバンド、グラッドストーンのLP。牛ジャケ。シールドだった!1972…

Cymarron

/ Rings ( Entrance / 1971 ) あけましておめでとうございます。今年も本ブログをよろしくお願いいたします。 思想にも共鳴するモノがある美輪さんに感動した紅白を見つつ、新年を迎え。早々なぜかオノ・ヨーコの1974年のシングル『夢を持とう』『女性上位万…

The Tarney / Spencer Band

/ three’s A Crowd ( A&M / 1978 ) ターニー・スペンサー・バンドは初めて聴いたけど、集めてみたいな、と思わせる音だった。”No Time To Lose”のヒットで知られる、トレヴァー・スペンサー(ドラムス)とアラン・ターニー(ギター、キーボード、シンセ、ヴ…

Led Zeppelin

/ 祭典の日(奇跡のライブ)Celebration Day ( Atlantic / 2012 ) 秋もないまま冬を迎えつつあるここの所。しばらくブログも放置でしたが。11月1日に発売したアルバム『愛すべき音楽よ』は絶賛発売中でございます(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20121104)…

Paul Simon

/ Live In New York City ( HEAR MUSIC / 2012 ) 先日ある若手バンドのデビュー作についてレビューを載せたのだけれど、アップ後なんとメンバー本人から内容について怒りのメールが!コレは物書きとしては本望なんだけど、ちょっと寂しい気もしたな。批評不…

Mike Love

/ Looking Back With Love ( Boardwalk / 1981 ) 最近色んな音楽を消化するのが遅くなっているみたいで。8月16日、千葉はQVCマリンフィールドでの、涙涙のビーチ・ボーイズ来日公演を思い出しながら、屈託のないマイク・ラブのソロ・アルバムを聴いている。 …

 America

/ Back Pages ( eone / 2011 ) 8月16日のビーチ・ボーイズの来日公演のゲストはアメリカ!70年代のアクースティック・ポップ・バンドの雄。ロンドンで結成されたアメリカ人によるグループなだけにバンド名には郷愁もあるのかな。”名前のない馬”とか”金色の髪…

Neil Young with Crazy Horse

/ Americana ( Reprise /2012 ) レコード・マップが最終号になるだとか、ロック現役世代の死と共に、レコードというアナログ音楽メディア、そしてデジタルなCDというフォーマットですら使命を終えようとしている今。四人囃子〜90年代の売れっ子プロデュ…