いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Boz Scaggs / Out Of The Blues ( Concord / 2018 )

markrock2018-10-15


ボズ・スキャッグスの新譜。期待通りのスタイリッシュなブルーズ。近作は毎度買ってますが、ハズレなし。というかミュージシャンとしての老年期にさしかかって、ここまで円熟した色気のある音を作れているのは凄い。ブルーズの底力かな。いまだにAORのボズを求めるファンも日本には多いようだけれど、あれは時流に乗った流行モノの部分もあったし、本質的な個性は変わっていないようにも見える。よく考えてみると、1994年の『Some Change』なんてのも、シルクディグリーズ命みたいなAORファンには「渋すぎる」とか言われていたことも思い出されるけれど、今聴けば古びない音だったなと思ったり。


で、今作の演じ手はジム・ケルトナー、リッキー・ファター、ウィリー・ウィークス、ジム・コックス、レイ・パーカーJr、ドイル・ブラムホール2世、チャーリー・セクストン、そこにホーン・セクションも入る…これでわかりますでしょう? Tボーン・バーネットが作りそうな空間系の大人(もはや老人?!)ロックの色もあるし、クラプトンやディランを思わせる部分もあるわけで。チャーリー・セクストンのギター・リフが特徴的な”I’ve Just To Got To Know”なんてディランの近作かと思いましたですよ。ジミー・リード、ボビー・ブランド、マジック・サムなんかのブルーズ・ナンバーに混じって、ボズとはそれなりに長い縁のあるジャック”アップルジャック”ワルロスの書いたオリジナルが3曲、そしてニール・ヤングの”On The Beach”も収録。今までは考えたこともなかったけれど、ボズとニールには声色にちょっと似た部分があると気付く。

前作からは輸入LPで買っている。送られてくる時点で盤がちょっと歪んでいたけれど、もはや気にはならない。デジタルダウンロード・カードに加えて、2曲入45回転シングルが付いてきた。ちゃんとジャケットもあって素晴らしい。こっちはシャノン・フォレスト、元TOTOデヴィッド・ハンゲイト、ボズ、ダン・ダグモア、リック・ヴィトーという布陣で”I Ain’t Got You”と”Jump”を。誠に一粒で二度美味しい。