いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

本日の1枚

The Checkers / Checkers in 「TAN TAN たぬき」(Canyon / 1985)

アイドル的人気を博していた時代のチェッカーズ映画のサントラ(のはず)。まーなんでしょうね。60年代で言えばスパイダース映画とかそういう類かと。正直熱心に聴いていたわけではないけれど、芹澤廣明ワークスを追いかけているうちに、初期チェッカーズのL…

杉田二郎 / 旅立つ彼(東芝EMI / 1973)

日本でもアメリカでもイギリスでも、1973年位までのロック音盤にハズレはない。シューベルツ〜ジローズの杉田二郎の70年代初頭盤も素晴らしい。ソロとしては2枚目にあたる『旅立つ彼(ひと)』は佐々木勉のタイトル曲を除き、作詞・なかにし礼、作編曲・深町…

Aretha Franklin / Sings The Great Diva Classics ( RCA / 2014 )

8月31日のアレサ(アリーサ)・フランクリンの葬儀。スティーヴィー・ワンダーが"make love great again"なんて言っていた。本当にそうだと思う。「アメリカ」などという国家とか、家族だとか、たかだか近代に作られた価値は脆いものだし、素直に信じてはい…

Albert King / Blues For Elvis ( Stax / 1969 )

普通に良音だな〜と感心しているのはブルーズ三大キングのひとり、” Born Under A Bad Sign”で知られるアルバート・キングの1970年作でエルヴィス・プレスリーのトリビュート作。とはいえこのLPはオリジナル(原題『King, Does The King’s Things』)ではな…

Sunrise / Same ( Crunch Records / 1974 )

プロデューサーのジョー・ヴェネリ(Joe Venneri)に引っかかって買ってみた一枚。1974年、CrunchというNYの知らないレーベル。正直ジノ・ヴァネリのキーボーディストのジョー・ヴァネリだと勘違いしていた。"ヴァネリ"ではなく当のジョー・"ヴェネリ"は「ラ…

スーパーバイザー・ツカモト・バンド / ひび割れた心には君のかんだチューインガム( HANGER MAN RECORDS H-74099 / 1979 )

ガール・ポップ・シンガー須藤薫が1980年にCBSソニーからデビューする前に参加していた、シティ・ポップ系の自主盤(としばしば語られる)。全体的にサウンドのレベルが高く、トラックによってはジャケットからは想像できない驚愕の音。11曲中10曲を手がける…

Graham Nash / Over The Years… ( Atlantic/Rhino / 2018 )

なぜこのタイミングになったのか、と思ったけれど、グレアム・ナッシュがホリーズを脱退した1968年から今年で50年だった!まさに長きに亘る”Over The Years”なキャリアを総括した2枚組ベスト盤。しかし既に2009年、Atlantic/Rhinoから未発表テイク・ミックス…

Chibo & The Bayside Street Band / Bayside Street (Polydor /1982)

2016年から書き続けていた哲学の本。全部で70章、約400ページ×3冊分の分量になってしまったのだけれど、やっと1冊分が校了。ネットでラジオ番組(極北ラジオ・石浦昌之の「哲学するタネ」)をやらせてもらっている明月堂書店から9月上旬に発売予定となってい…

Patrick Sky / A Harvest Of Gentle Clang ( Vanguard / 1966 )

グリニッジ・ビレッジのフォーク・シーンから飛び出してきたフォーク・シンガー、パトリック・スカイ。「Sky」は芸名。名門Vanguardから1965年に『Patrick Sky』でデビューしている。その巧みなフィンガー・ピッキングと語り口は、ジョン・セバスチャンから…

Rod McKuen / McKuen Country ( Warner / 1976 )

暑いですね。毎日汗、汗、汗が全くもってひどい。温暖化も一つ上の局面にきた感じ。被災地の方々にとっても辛い夏だと思う。普段通りの生活に一早く戻れることを願う。引越しで300枚くらいレコードを売ったのだけれど、売った分かそれ以上がここ2ヶ月でまた…

Penny Marshall / Cindy Williams / Laverne & Shirley Sing ( Atlantic / 1976 )

1976〜83年に放映されたアメリカの人気コメディ・シリーズ「ラバーン&シャーリー」の主人公がリリースした盤。女優のペニー・マーシャル、シンディ・ウィリアムスがガールズ・デュオになり切って、アメリカでいう所の青春の60年代ポップスを歌っている。取…

Art Garfunkel / Garfunkel ( CBS / 1988 )

一番好きな声、と言われたら「アート・ガーファンクル」と答える。これは何十年たっても揺らがない。だから、病気で一時期声を失ったものの、少しずつ復調して、昨年も来日してくれたことを嬉しく思う。思えばアーティがきっかけで出会ったアーティストにジ…

John David Souther / Same ( Elektra / 1972 )

グレン・フライ(ex.イーグルス)追悼、というタイミングでリリースされた3枚組(+DVD)ボックスセット『Above the Clouds』にロングブランチ・ペニーホイッスル(グレン・フライ&J.D.サウザー)のAmosからの唯一作が丸々収録されていた。 国内初CD化、と…

Peter Asher & Albert Lee / Live ( 2018 )

先日の金曜日、ピーター・アッシャー&アルバート・リーの東京コットンクラブ公演、行って参りました。ピーター&ゴードン時代は妹のジェーン・アッシャーがポール・マッカートニーと付き合っていた縁でレノン&マッカートニーの楽曲提供を受け、”A World Wi…

神崎みゆき / ファースト・アルバム(KING / 1973)

ちょっと中性的なお名前ですが、70年代前半に2枚のアルバムを残している男性シンガー・ソングライター。特にこのファーストは、「加藤ヒロシとそのグループ」がバッキングを務めたニュー・ロック隠れ名盤。牧歌的なフォーキーも、バッキング如何によってはこ…

国吉良一 / 風の通り道(CBSソニー / 1976)

国吉良一といえば日本の名セッション・キーボーディスト。長谷川きよしのバックからキャリアをスタートさせ、坂本龍一、伊藤銀次、土屋昌巳(EX.一風堂)、吉田建、上原“ユカリ”裕、斉藤ノブなどこれまた名ミュージシャンを輩出した りりィ のバイバイセッシ…

Tennessee Ernie Ford / Ol' Rockin' Ern (Capitol / 1957)

あまり明るい気分にもなれない昨今。ディストピアみたいな社会の雰囲気が何だかよくないから。とはいえ雰囲気が良かったことなんて以前にあったかな、と考えてみると特段思いつかない。レコードを聴いている瞬間は少なくとも幸せだけど。そう、今日はダニー…

Bread / Same (Elektra / 1969)

やっとこさ手に入れたブレッドのファーストのLP。そこまで熱心に探していたわけではないけれど、手ごろな価格で…と思いつつ10年以上。ブレッドのオリジナル・アルバムは1976年の再結成盤まで計6枚。USオリジナルLPだとセカンド以降は中古屋に行けば1000円前…

松倉如子と渋谷毅(Self-001 / 2018)

シュガーベイブのベーシスト、といいますか、ゴダールなどの映画の訳詩でも知られた寺尾次郎さんがお亡くなりになったとのこと。62歳、まだお若いのに…。佐野元春のデビュー前のバンドでベースを弾いていたこともあったようで、佐野さんの追悼メッセージもあ…

Danny Kortchmar and Immediate Family / Honey Don’t Leave LA (Vivid / 2018)

なかなか気候のいい季節になり、窓を開けていても外気とひとつになれるようで過ごしやすい。とはいえ秋田の雨、川の増水のニュースもあり、心配になる。そういえばターンテーブルには先日のレコード・ストア・デイ2018で手に入れた、永井博デザインのマット…

西城秀樹 / エキサイティング秀樹−ちぎれた愛/情熱の嵐(Victor /1973)

西城秀樹が亡くなったというニュースには本当に驚いた。脳梗塞の後遺症でリハビリが続いているという話は聞いていたけれど。身をよじり元気に熱唱している姿しか思い浮かばない。70年代最後の年に生まれた自分としては、はじめはバーモントカレーのCMのお兄…

Lost Gonzo Band / Signs Of Life (Capitol / 1978)

サンタフェで銃の乱射事件があったとのこと。本当にうんざりする。気付けば日本でも世界でもうんざりする事件が毎日のようにおこっている。世界はあまり良い方向にいっていないのかも。どこを見回してもリーダーの人相が悪くなってきているでしょう。経済合…

miya takehiro / アウトドア日和(LIFE CARAVAN MUSIC / 2018)

ゴールデン・ウィークもアッと言う間に終わりまして。予想していたより天候も良く、太陽の下で過ごした方も多いのではないかと思う。そんなタイミングにバッチリの新譜が4月25日にリリースされた。芽瑠璃堂さんでリリースインフォも出ていたmiya takehiro(h…

山田秀俊(HIDETOSHI YAMADA)/ HOW DO YOU DO? (YMD-0001 / 2016 )

ナイアガラーならチェックしているであろう、大滝詠一『ロング・バケイション』のクレジット。 キーボードを担当する一人はそう、山田”笑い上戸”秀俊…というわけで(誤字あり!)。そのピアニスト・ソングライター・アレンジャーの山田秀俊が2016年自主レーベ…

堺正章 / サウンド・ナウ!(Columbia / 1972)

もはや司会者マチャアキ、という印象しかないかもしれないけれど、元スパイダース、コメディアン堺駿二の息子…と色々枕詞は出てくる。個人的にはボーカリストとしての堺正章に魅力を感じている。高校生の時に観たNHKの公録で代表曲”街の灯り”を歌ってくれて…

The Roosters / Collection 1980-1984(Columbia / 1985)

いや〜狂ってるぐらい良いですねぇ。ルースターズのベスト。スカ・パンクな”ロージー”を初めて聴いたときは度肝を抜かれた。スカパラがミッシェル・ガン・エレファントのチバユウスケを加えた演ったヴァージョンがあったけれど、音楽とはこうして後進に影響…

Encyclopedia of Folk Song フォーク大百科 1964-1977(日本コロムビア / 1978)

久々に「なんじゃこりゃ!」となったのが、日本コロムビアのレーベルBlow Upから1978年にリリースされたLP6枚組のコンピレーション『Encyclopedia of Folk Song フォーク大百科 1964-1977』。よくあるフォークの寄せ集め盤かと思いきや、東芝EMIやSONYじゃあ…

EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」(Sony Music / 2018)

松本隆さんのツイッターで、大滝詠一の墓前に手を合わせる写真を見つけて。墓石にもNiagaraとあるのを初めて知ったけれど、何となく胸がざわついた。まだ受け入れられないものがあるのかな。さて、ナイアガラ・ファンなら待望の本年3月21日はソングブックの…

間宮貴子 / LOVE TRIP(Universal / 1982[2018])

芽瑠璃堂さんのHPでもトピックになっていたけれど、ジャパニーズ・フィーメール・シティポップの最高峰(お値段も!)、間宮貴子1982年の唯一盤『LOVE TRIP』がLPセカンドプレス再発!ディスクユニオンに続けとばかりに、HMVレコードショップが色々仕掛けて…

林隆三 / ピアノ・マン(ハミングバード / 1985)

日本アカデミー賞主演男優賞、第1回受賞だったのは俳優の林隆三。彼のレコードというのは意識していなかったけれど、極上のジャジーAORだった。これがファーストで自身単独名義では唯一作。俳優として数々の映画や舞台、大河ドラマなどでもお馴染みだったけ…