いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Encyclopedia of Folk Song フォーク大百科 1964-1977(日本コロムビア / 1978)

markrock2018-04-06


久々に「なんじゃこりゃ!」となったのが、日本コロムビアのレーベルBlow Upから1978年にリリースされたLP6枚組のコンピレーション『Encyclopedia of Folk Song フォーク大百科 1964-1977』。よくあるフォークの寄せ集め盤かと思いきや、東芝EMISONYじゃあり得ない亜流感が堪らない。小坂忠成田賢とか、大滝詠一の”サイダー”が’73から’77まで入っているとか、そんな部分に惹かれて手にとって見たところ、聴いたこともないヴァージョンの嵐…日本のフォークは大方集めきったと思っていたのだけれど、完全な盲点だった。つまり、レコード会社の枠を超えて、モダンフォークからGS〜ニューミュージックまでの日本のポピュラー音楽を歴史を、コピーから自演という流れでアーカイブするためには、数多のレコード会社の楽曲を自前でレコーディングし直す必要があったということ。監修・構成は三橋一夫さんということで、流石ですね。

例えばAORファン垂涎、信田一男&松下誠のミルキー・ウェイによる”心の旅”(チューリップ)、”22才の別れ”(風)とか、井上鑑夫人でおられる やまがたすみこ による”この広い野原いっぱい”(森山良子)”あの日にかえりたい”(荒井由実)などなど、元イーストのギタリスト・SSW吉川忠英による”白い一日”(井上陽水小椋佳)、岩渕まことの”春うらら”(田山雅充)、桐ヶ谷俊博の”雨やどり”(さだまさし)、庄野真代の”どうぞこのまま”(丸山圭子)、ダ・カーポの”精霊流し”、高橋忠史の”わかって下さい”(因幡晃)や”「いちご白書」をもう一度”(バンバン)…結構レアですよね。さらにはアニソンも歌っているマイナーSSW川津恒一による”心もよう”(井上陽水)に”東京”(マイペース)、ステージ101出身・藤島新の”シクラメンのかほり”(布施明小椋佳)に”旅の宿”(よしだたくろう)、オールナイトニッポンのパーソナリティだった及川伸一の”港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ”(ダウンタウン・ブギウギ・バンド)、セッションシンガー新倉芳美の”アザミ嬢のララバイ”(中島みゆき)、全く無名の六角幸正の”我が良き友よ”(かまやつひろし)までいきますと、「なんじゃこりゃ!」になるわけで。ちなみにそうしたヴァージョンの編曲陣はというと、まずは泉谷しげるのバックバンドだったラストショウの徳武弘文。その腕利き"Dr.K"に加えて、ジプシーブラッドの中村弘明。ちなみに中村さんが2009年にお亡くなりになったこと、私のブログを読んでくれた方からの書き込みで知りました(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20070605)。あとは、元ザ・リガニーズ〜シュリークスのギタリストで、TVレポーターに転身した所太郎とか。



その他にも谷村新司堀内孝雄の先輩にあたる佐竹俊郎やソロアルバムがCD化された岡山勇吉が在籍したウッディー・ウーの”今はもう誰も”(アリス版のオリジナル)とか、”若者たち”で知られる、黒澤明の息子・黒澤久雄ザ・ブロード・サイド・フォーの前身「ザ・ブロード・サイド・スリー」による1965年日本の創世期のモダンフォーク盤『フォーク・ソング・ベスト・ヒット』から4曲を選んでいたり、シャデラックスがやたらと入っていたり(笑)。紙ジャケCD化もされたけれどウッド・ペッカー版の”戦争を知らない子供たち”や”あの素晴らしい愛をもう一度”も収録。とにかく今から考えるとマニアックなツボを刺激してくるボックス。流石にこんな箱がCD化されることは今後ないような。

                                                                                                                                                                                                                  • -


明月堂書店presents 極北ラジオ 
【第6回】石浦昌之の哲学するタネ 近代とはなにか? 福沢諭吉(1)2018年4月5日収録分
●本編:近代とはなにか? 福沢諭吉(1)
●弾き語りコーナー:ボブ・ディラン「Don’t Think Twice It’s All Right(くよくよするなよ)」
●ショートトピック:格安アコースティックギターの買い方いろいろ

アーカイブはこちらを → https://www.farnorthnetwork.com/ishiura