いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」(Sony Music / 2018)

markrock2018-04-05


松本隆さんのツイッターで、大滝詠一の墓前に手を合わせる写真を見つけて。墓石にもNiagaraとあるのを初めて知ったけれど、何となく胸がざわついた。まだ受け入れられないものがあるのかな。さて、ナイアガラ・ファンなら待望の本年3月21日はソングブックの第3弾『EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」』がリリース。レコード会社の枠を取り払った86ヴァージョンもの「夢で逢えたら」4枚組、の方は予約しそびれてまだ買っていないけれど、「ソニーミュージックグループ自社一貫生産アナログレコード復活第1弾」を謳ったアナログの方が届いていた。積んどいて聴くのは今日になっちゃったけれど。あ、シリア・ポールは2枚組通常版を買いました。

で、アナログ「夢で逢えたら」は33回転で全5ヴァージョン、大滝詠一ラッツ&スター、シリア・ポール(’87MIX←1番好きな吉田保ミックス採用はポイント高かった!)、そして新録で放牧中のいきものがかり吉岡聖恵吉田美奈子の(夢で逢えたら2018)を。吉田美奈子新録は実兄・吉田保ミックスで。マキシシングルみたいな感じかな。定価2300円ですから、プレスの値段を抑えるためにもコレぐらいのサイズになったのだろう。ハガキサイズの歌詞カードが封入されているのみで、徹底的にコストカットを図っているけれど、音やジャケの質感は良かった(とはいえアナログらしさ、を探せるかと言われる新録も混じっているので難しい)。ラッツのヴァージョンはリアルタイムでマキシシングルとベストを買ったけれど、典型的な90年代R&Bの音で、最近そっち系のアナログを集めていることもあって、個人的にはそれをアナログで聴けたというタイムリーさが嬉しい。

ちなみになぜ「いきものがかり」吉岡さんが選ばれたのか、と考えたけれど、歌の「上手さ」が群を抜いているという事実は当然として、松田聖子に通ずるスタンダードなアイドル性と素直な歌声ながら音色に宿る歌謡性が大滝好みだったような気もする。あるいは単純に本盤がオーヴァー50のオモチャにならないよう、若い世代の取り込みを最大公約数的に狙った人選なのかもしれない。オケは大滝・シリア版のカラオケなのかな。ただその歌唱は初聴ではパンチやタイム感が強すぎて(それが吉岡さんの特徴なのだけれど)、ゆらぎとか、たゆたいとか、そんな感じのウォール・オブ・サウンドにフィットするかどうかは微妙な気もした。しかし聴き慣れると、何とも良かったのだけれど。しかしそう考えると、ソウルと言うよりジャズ・シンガー然とした吉田美奈子のさりげなく崩した2018新録歌唱に圧倒的に軍配が上がった。まあちょっとズルい勝負だけれど。大滝自身が歌詞を手がけた珍しい直球ラブ・ソング、柳家三亀松のパロディだという台詞は、取りようによってはコミカルにも聴こえてきて、そんな照れが彼らしい。でも自分自身年を重ねるに従い、単純なようで結構スゴイ歌詞だと思うようになった。つかめそうでつかめない誰かを求める、永遠のラブ・ソング。この自演ヴァージョンを自身の葬儀で流すことをあらかじめ想定していたとするならば、大滝詠一という人は不世出のロマンチストだったことになる。

さて、ナイアガラ関係で最近落穂拾いをしたのが、太田裕美1981年のシングル『恋のハーフムーン/ブルー・ベイビー・ブルー』というアルバム未収録のシングル盤。アルバム1枚分の金を投じたという豪華なストリングス入りのレコーディング。ストリングス・アレンジはA面が松任谷正隆でB面が荒川康男。楽曲は両面とも松本隆大瀧詠一の書き下ろし。A面"恋のハーフムーン"はSongbook1収録曲だったので聴き込んでいたけれど、今まで盲点だったのはB面"ブルー・ベイビー・ブルー"の方。ナイアガラ・サウンドの寄せ集め感は確かにあって、あの曲のココとココを…という感じではあるんだけれど、全くもって悪くない。新鮮だったなぁ。