いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

2013-01-01から1年間の記事一覧

 ありがとう、大滝詠一!! / 今年最後のFDR日記

雨はこわれたピアノさ 心は乱れたメロディー… まさか年の瀬にこんなニュースが舞い込んでくるなんて…大滝詠一氏死去の報。もう絶対にリンゴは食べないよ。どうしても冷静になれないけれど、なれるはずがないんだけれど、今はただただ感謝の気持ちが浮かんで…

Scotty Moore presents The Mighty Handful

(スコッティ・ムーア)/ Volume1 ( BMCD-2007-01 / 2007 )ネット・サーフィンなんてのももはや死語かもしれませんが(笑)、先日発見したのが、エルヴィス・プレスリーのオリジナル・ギタリストとして知られるスコッティ・ムーアのウェブサイト(http://www…

 Paul McCartney

/ Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR (東京ドーム2013.11.21)またもや更新が空いてしまった。ここの所、蔵書&レコード・CDの整理に情けないくらいに時間を使ってしまっている。CDプラケースを捨ててミュージシャンごとに薄手の透明な袋に入れてまと…

Paul McCartney

/ New ( HEAR MUSIC / 2013 ) ルー・リードの訃報だとか、最近なかなか受け止めきれない音楽ニュースが多くって。大好きだったベテラン・ミュージシャンがこれからどんどん鬼籍に入るだろうという現実。判っているんだけれど、冷静でいられる自信がどうにも…

 マーク・フロム・ガロ(MARK FROM GARO)

/ 時の魔法( Epic / 2013 )ガロのマークさん、まさかの新作リリース!リリース前からFacebookや公式HP(http://markpage.web.fc2.com/)でも着々と制作速報がアップされていて、いやが上にも期待は高まった。個人的にはジョン・レノンがニュー・アルバムを…

 The Mighty Takapu

/ Hitch A Cloud ( haha productions / 2012 ) 三連休も気付けば終わっていきますね…今年はまだまだ毎日暑くて。しぶとい夏でした。 先日地元三鷹でたまたまお会いしたニュージーランド出身、日本在住のミュージシャン”The Mighty Takapu”を本日は紹介しよう…

 遠藤賢司

/ 実況録音大全 1968-1976 第一巻完売記念濃縮盤( diskunion / 2013 )日本を代表する純音楽家!エンケンこと遠藤賢司。『20世紀少年』の主人公も遠藤ケンヂでしたね(映画にはエンケンさんご本人も出てました)。あまちゃんの、としか言いようがなくなった…

 Peggy Lipton

/ Same ( Ode Z12-44006 / 1968 )今年BeatballからCDリイシューされ、Vivid Soundから日本盤も出るそうじゃないですか!コレクター垂涎のペギー・リプトン盤。カウンター・カルチャー世代の警察モノ『The Mod Squad(モッズ特捜隊)』に出演していた美人女優…

 Peter Gallway

/ Hello Stranger ( Gallway Bay Music / 2013 )近年も結構多作なピーター・ゴールウェイ。アニー・ギャラップとのデュオ、ハット・チェック・ガールなんてのもありました(http://hatcheckgirl.net/)。なにげに今年来日したりもしていた。行けなかったけれ…

Rio Grande

/ Same ( RCA LSP-4454 / 1971 ) 先週は石川県・金沢に帰省。一向一揆で散り散りになったという全国の石浦姓が430年ぶりに再会するという石浦サミット2013に参加し、親戚以外の石浦さんの知り合いができました(http://www.asahi.com/area/kyoto/articles/MT…

Jimmy Webb

/ Still Within The Sound Of My Voice ( eone / 2013 )大好きなミュージシャン、ソングライターの新作にリアルタイムで出会えるというのは嬉しいことだ。個人的には『Suspending Disbelief』(1993)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100531)や『Ten Easy…

The Rides(Stephen Stills Kenny Wayne Shepherd Barry Goldberg)

/ Can’t Get Enough ( 429Records / 2013 )スティーヴン・スティルスの新バンド、ライズの作品がリリースされた。リリース前から既に429RECORDSのサイトで全曲視聴できたが現物が届いた(手元にあるのは10曲入りだが、CD+DVDで3曲追加のデラックス・エディ…

Ruthann Friedman

/ Constant Companion ( Reprise / 1969 )しばらくお休みにしていたブログ、再始動致します。 60〜70年代の良質の音楽を再発してきたシリーズ「名盤探検隊」がCDデフレを反映した1200円で新たに生まれ変わって。個人的には学生時代の90年代後半、レア盤シ…

Agnetha Fältskog

/ A ( Universal / 2013 ) 自分の中でのアグネッタというと、1986年シカゴのピーター・セテラのプロデュースで出した『I Stand Alone』あたりで止まっていた気がする。もうそれから27年も経っているだなんて…『I Stand Alone』はビル・ラバウンティらが書い…

[フラッシュ」Hardin & Russell

/ Ring Of Bone (1976) 今日も暑い日でしたね…8月になったら行こう、と決めていた下北沢フラッシュ・ディスク・ランチ。特にセールの日というわけではなかったのだが、凄まじいレコードの量!安定のフラッシュ・クオリティにはひれ伏すほかなく… 今日は7イン…

Kurt Edelhagen

/ Plays Jim Webb ( Polydor / 1970 )祝ポール・マッカートニー来日!「アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー」ということで、11月15日(金)の福岡ヤフオク!ドーム公演を皮切りに11月18日(月)・19日(火)・21日(木)に平日3日間で東京ドーム公演が。チケ…

Don Felder

/ Road To Forever ( Forever Road Music / 2012 )慌ただしさの余りしばらく更新が滞っておりましたが…とはいえレコ屋には日参する毎日。最近はCDをレコードに買い換えるなんていう時代と逆行する営みに熱中していて。そのためにも、CDのプラケースを捨てて…

Maffitt / Davies

/ The Rise And Fall Of Honesty ( Capitol / 1968 )サイモン&ガーファンクルはビートルズやボブ・ディランと同様に、旧来の音楽スタイルを融合させることで一つの新しい音楽スタイルを作り上げたグループだったと思う。レッキング・クルーの面々といった西…

Brush Arbor

/ Page One ( Monument/CBS 34251 / 1976 )CBS配給のモニュメントよりリリースされた、1976年のカントリー・ロック盤。サンディエゴ出身のブラッシュ・アーバー、1973年にキャピトルからデビューして2枚のアルバムを出した後、メンバーを改めての再デビュー…

The Artie Kornfeld Tree

/ A Time To Remember (ABC/Dunhill Records DS 50092 /1970)今年2013年の3月に惜しくも亡くなったヒュー・マックラケンの初期ワークの一つ。全曲のアレンジをアーティ・コーンフェルドと共に手がけている。楽曲自体はカントリー・テイストのものが多い中、…

Dion & The Belmonts

/ Reunion Live At Madison Square Garden 1972 ( Warner / 1973 )下北沢FDRにて、今日もゴキゲンなレコードばかりで!特に最後まで迷った上で手に取ったディオン&ザ・ベルモンツの1972年の再結成盤、椿さんに「一度取ったら棚に戻しちゃいけないレコード、…

The Beach Boys

/ Live 50th Anniversary Tour ( Capitol/Universal / 2013 )メンバー紹介から始まる高揚感をまた味わえるなんて!ザ・ビーチ・ボーイズ50周年再結成ツアーの公式ライブ盤CD2枚組がやっとお目見え。2012年夏のQVCマリンフィールドでの来日公演がWOWOWで放…

 都はるみ

/ 新しき装い( 日本コロムビア / 1976 )歌謡曲、演歌のオリジナルLPがなかなかCDにならないのはなぜだろう。あるいはなってもすぐ市場から消えてしまうという。日本のモダン・ブルーズのようなものだと思うんだけどな。アイドルものとか、そっちの類は需要…

 Warren Marley

/ Something Better ( A&R ARL/7100/004 / 1971 ) 今年3月に亡くなった名匠フィル・ラモーン。ビリー・ジョエル、ポール・サイモン、ピーター・ポール&メアリー、ポール・マッカートニー、トニー・ベネット、レイ・チャールズ、バート・バカラック、ボブ・…

 Various Artists

/ 〜Quiet About It〜 A Tribute To Jesse Winchester( Mailboat MBD 7000 / 2012 )昨年こっそりリリースされていた豪華アーティスト参加のジェシ・ウィンチェスター・トリビュート盤『〜Quiet About It〜 A Tribute To Jesse Winchester』。実に地味なリ…

Stampeders

/ Sweet City Woman ( Bell 6068 / 1971 ) レコード・ショップ芽瑠璃堂さんのご厚意で、HPの「芽瑠璃堂マガジン」(http://www.clinck.co.jp/merurido/magazine.php)の一つとして当ブログをリンクしていただけることになりました↓ http://www.clinck.co.jp/…

 Helen Merrill

/ American Country Songs ( Atlantic / 1959 ) アトランティックのR&B1000円再発は定番からある種のレアものも含んでいて狂喜したけれど、その喜びってR&Bに関しては今まで国内盤で思い切った値下げがなかったことも大きいかな。一方既にジャズの分野では、…

Willie Wright

/ I’m On My Way( ARGO LP-4024 / 1963 )三鷹のネオ書房、と聞いてピン来る人はいるだろうか。漫画本を中心にした品揃えの現役の貸本屋だ。それがそれが、今日たまたま店の前を通ると、なんと「1冊100円」の貼り紙が。しかも上から消されて「1冊10円」にな…

 Daniel Kwon

/ Live in Fukuoka! ( 自主 / 2013 ) 長いチューニングかと思いきや、既にDaniel Kwonの音楽が始まっている。昨年の3rdに次ぐ、ライブ盤のリリース。アルバムとしては4枚目のリリースとなる。招待された福岡の風街喫茶店での遠征ライブの模様。前半は耳を…

 Bobby Bland

/ Dreamer ( ABC / 1974 ) ボビー・(ブルー)・ブランドのキャリアの中では余り注目されない1974年作。ABC・ダンヒル系列のPROBEレーベルからのリリース。プロデュースはスティーヴ・バリでリズム・ヘリテイジ出身のマイケル・オマーティアンがアレンジを担…