いしうらまさゆき の 愛すべき音楽よ。

音楽雑文家・SSWのブログ

いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

2024年5月31日発売、V.A.『シティポップ・トライアングル・フロム・ レディース ー翼の向こう側にー』の選曲・監修・解説を担当しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420111943j:image
[NEW!!]2024年3月29日発売、モビー・グレープ『ワウ』、ジェントル・ソウル『ザ・ジェントル・ソウル』の解説を寄稿しました。

購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112225j:image
購入はココをクリック

f:id:markrock:20240420112255j:image
2024年2月23日発売、セイリブ・ピープル『タニエット』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112151j:image
2023年12月22日発売、ロニー・マック『ワム・オブ・ザット・メンフィス・マン!』、ゴリウォッグス『プレ・CCR ハヴ・ユー・エヴァー...?』、グリーンウッド・カウンティ・シンガーズ『ハヴ・ユー・ハード+ティア・ダウン・ザ・ウォールズ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112019j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112121j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112046j:image
2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

2013-01-01から1年間の記事一覧

Mary Travers

/ All My Choices(Warner / 1973 ) 大興奮のFDR日記を。先日もなにげない平日に立ち寄ってみた下北沢フラッシュ・ディスク・ランチで素晴らしいレコード達に出会えた! 800コーナーではアルバート(アル)・ゴーゴニ・プロデュース、EvolutionからのGloria…

 Haruomi Hosono (細野晴臣)

/ Heavenly Music(Victor / 2013 ) 町山智浩さんの新刊『本当はこんな歌』を読んでいて。フィル・コリンズの”In The Air Tonight”が寝取られた妻への恨み節ソングだったなんて…滅法面白い本!この曲をフェスのオープニングでやたらと歌っていたフィルは相…

 Natural Records / GAKU-MC / ヨースケ@HOME

/ 宮 武弘(Natural Records)presents 「SOUL NATURE」(青山 月見ル君想フ 2013.5.17) 昨日、Natural Recordsの宮 武弘 presentsで行われたライブ・イベント「SOUL NATURE」(於:青山 月見ル君想フ)。多幸感に包まれたライブだった!音楽とは音を楽しむだ…

[楽器道」Vol.7 Aria Guitar Banjo SB-780G

3年ぶりの楽器道の更新を。意外と楽器を通じて検索してこられる方が大勢おられる。確かに自分も中古楽器などを物色している時は、ネットの情報を当てにしていたりもするし。 アリアのギター・バンジョーである。ギター・バンジョーは6弦ギターと同じチューニ…

 Billy Joel

/ Cold Spring Harbor ( Family Productions FPS2700 / 1972 ) 毎週立ち寄る三鷹パレードで発見!ビリー・ジョエルの何の変哲もないファーストなのだが、シュリンク付きオリジナルのファミリー・プロダクションのDJ COPY盤ではないですか。いつもの良心的価…

井上陽水、山下達郎、上田正樹等

/ 限りなく透明に近いブルー ( Kitty / 1979) ダブル村上、などと言われた時代もあったけれど、いまは村上春樹ばかりでちょっとそれも嫌になる。村上春樹という人は希有な視野と発言力を持った作家であり、ある種の思想を持った素晴らしい人だな、と発言な…

Brock Peters

/ Sing’ A Man ( United Artists / 1959 ) など 昨日は旧友のフォーク歌手、松田亜世くん(http://homepage1.nifty.com/asei/)のライブに西荻窪Terraへ。真宗大谷派の僧侶でもあるという異色のミュージシャン。彼が吉祥寺在住の頃は一緒にラジオ番組を作っ…

Various Artists

/ 仲井戸麗市リスペクトアルバム『OK!!!C’MON CHABO!!!』 4年経ってやっと向き合えたような気がする。忌野清志郎の死。昨日はWOWOWでフジロック総集編やらナニワサリバンショーやら、見続けていて。ここ何年も辛くて観られなかった。仲井戸チャボさんの追悼…

Richie Havens

/ Now ( Epic/Solor / 1991 ) リッチー・ヘヴンスが亡くなったという。恐ろしい喪失感とショックに包まれている。しかも、リッチー・ヘヴンスの持っていないレコードを探していたその日だったのだから驚いた。いつも音楽に気持ちを向けていると、こんな気持…

Boz Scaggs

/ Memphis ( 429 records / 2013 ) これは待望の新譜じゃないかな。今年で69歳を迎えるボズ・スキャッグスの新作その名も『Memphis』。半端なし、堂々の南部サウンド回帰作。AORの王道として名前を聞くだけで小っ恥ずかしいなんて時代もあったわけだけれど、…

 ザ・フォーク・クルセダーズ

/ 若い加藤和彦のように( EMIミュージックジャパン / 2013 ) レコ買いは続きつつも、こちらにアップする余裕がないというそんな日々。新譜も面白いモノが色々出ていて、届く順に聴いている。今日はフォークルことザ・フォーク・クルセダーズ(第4次の再結…

Heartsfield

/ Foolish Pleasures ( Mercury / 1975 ) ドゥービー・ブラザーズをさらに軽やかにしたようなファンキーなギター・カッティングに導かれる”As I Look Into The Fire”でスタートするハーツフィールドなるバンドの3枚目のLP。分厚いコーラスも決まっている。…

Keith Jarrett

/ Restoration Ruins ( Vortex / 1968 ) こういうレコードを、いまいちジャズ・ファンもシンガー・ソングライター・ファンも理解してこなかったんではないかな、と思う1枚。ジャンルというものはある種の政治性を含んだモノでもあるし、とても難しい。ただ、…

 佐野元春

/ ZOOEY ( DaisyMusic / 2013 ) もちろん発売日に購入。インストゥルメンタルやデモ・トラックスを含むCDにレコーディング・ドキュメントやインタビューを含むDVDも入ったデラックス限定盤。ただ、まだ本編12曲をじっくり聴き込んでいて、そこから先へ…

 Bat McGrath & Don Potter

/ Introducing ( Epic BN26499 / 1969 ) バット・マグラス&ドン・ポッターが韓国Big Pinkから再発されたようだ。なんだか未CD化の盤を探す、なんていう流行も一段落した感がある昨今だが、この盤は探した記憶があるからか、そのCD化にはちょっとした感…

 いしうらまさゆき

/ 愛すべき音楽よ(MASH RECORDS / 2012) 私いしうらまさゆき の2枚目のアルバム『愛すべき音楽よ』だが、昨年末のリリース以降、耳にして頂いた方々からは色々とご好評の声を頂いている。ありがたいことだ。今をときめく音楽ライターの清水祐也さん(『TRA…

いしうらまさゆき Discography

いしうらまさゆき Discography『作りかけのうた』(MASH RECORDS [Distributed by ULTRA-VYBE,INC] MASH-004 Year : 2015)2160yen(tax.incl) 武蔵野発・個性派シンガー・ソングライターがリリースするバンドスタイルによる待望の4作目!! - 「武藏野を拠点…

佐久間順平

/ 明日の想い出 ( Forestaurant / 2013 ) なんて誠実な音楽なんだろう、と思う。私自身は佐久間さんとお話ししたことはないけれど、中川五郎さんのライナーを読んでそのお人柄と同じものなんだろうな、と思ってしまった。飲んだくれ、なイメージのある武蔵…

Eric Burdon

/ ‘Til Your River ( ABCKO / 2013 ) アニマルズのエリック・バードンの新作。こういう現役感溢れる盤が出てくるなんて2013年も幸先良い。ただ、コンテンポラリーな感覚はなくて、往年のファンが喜ぶ音。ってかそれで十分じゃないか、ってハナシですが。スワ…

 Blind Willie McTell

/ Atlanta Twelve String ( Atlantic /1972 ) 昨日書いたアトランティックの再発R&B盤1000円のシリーズ、これも買っていたのを忘れていた。こいつも凄く良くて。ボブ・ディランをも魅了し名曲”Blind Willie McTell”を書き下ろさしめた伝説のブルーズメン、ブ…

Doris Troy / Just One Look (1963)

VA / Apollo Saturday Night (1964) Darrell Banks / Darrell Banks Is Here (1967) Howard Tate / Same (1972) Johnnie Taylor / Wanted: One Soul Singer (1967) The Sweet Inspirations / What The World Needs Now Is Love (1968) アトランティックの再…

 Wendy Waldman

/ my time in the desert ( Longhouse Records / 2007 ) 大好きなウェンディ・ウォルドマンなのだけれど、カーラ・ボノフやアンドリュー・ゴールド、ケニー・エドワーズ(リンダ・ロンシュタットのバックを務めたストーン・ポニーズの創設メンバー)と結成し…

Gladstone

/ …from down home in Tyler,Texas U.S.A. ( ABC / 1972 ) レコード熱が収まらない。今日もFDRで幸せな時間を。いつもアメリカの匂いのするレコードを探してしまう。 今日買ったテキサス産のバンド、グラッドストーンのLP。牛ジャケ。シールドだった!1972…

Pozo Seco

/ Shades of Time ( Columbia(Real Gone Music) / 1968 ) 2013年の再発リリースとなったポゾ・セコの1968年盤。既にポゾ・セコ・シンガーズ名義で『Time』『I Can make It With You』という2枚のソフトロック調のフォーク・アルバムをリリースしていた。これ…

 Rita Wilson

/ AM/FM ( Decca / 2012)あまり話題にならなかったような気がするけれど、Rumerなんかと同様、昨年リリースされたいわゆる70年代回顧モノの1枚。ジミー・ウェッブ参加、そしてフレッド・モーリンのプロデュースってことで即入手しました。タイトルからして…

Bob Gibson

/ Yes I See ( Elektra / 1961 ) 今日見つけたボブ・ギブソンの『Yes I See』を。この人の名前を知ったのは、愛聴していたサイモン&ガーファンクルのファーストに収録されていた”You Can Tell The World”のオリジナルというハナシを聴いたとき。ボブ・ギブ…

 45s いろいろ①

45s

レコードに関して言うと、昨年一番の収穫・発見は45回転の7インチ・シングル盤にハマったこと。300〜400枚くらい買ったのではないかな。ある日、フラッシュ・ディスク・ランチで椿さんに薦められたのが始まり。結局お店に伺う度に20〜30枚は買ってしまう。時…

ジョニー大倉

/ I Remember Carol by Johnny ( Vivid / 2013 ) 昨日1月19日発売のミュージック・マガジン(ブランキー・ジェット・シティ特集号)にいしうらまさゆき2ndアルバム『愛すべき音楽よ』レビューを掲載していただきました。昨年ファーストも取り上げていただい…

Michael Johnson

/ Moonlit Déjà vu ( Red House / 2012 ) 雑誌『TRASH-UP!! vol.14』が昨日発売されて。私いしうらまさゆきの2ndアルバム『愛すべき音楽よ』のレビューを掲載していただきました!いやはやとても嬉しくて。。先日紹介した『モンチコンのインディー・ロック・…

James Cotton Blues Band

/ Taking Care Of Business ( Capitol / 1970 ) ジェイムス・コットンと言うと、ファンキー・ブルーズな大名盤『100% Cotton』(綿花畑発のブルーズを思うと最高のタイトル!)にトドメをさすブルーズメン。マディ・ウォーターズのバックでブルーズ・ハープ…