いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Don Felder

markrock2013-07-27

/ Road To Forever ( Forever Road Music / 2012 )

慌ただしさの余りしばらく更新が滞っておりましたが…とはいえレコ屋には日参する毎日。最近はCDをレコードに買い換えるなんていう時代と逆行する営みに熱中していて。そのためにも、CDのプラケースを捨てて薄っぺらい不織布ケースに移すことでスペースを確保したり(今年に入って1000枚以上は潰しているはず…)、殆ど聴いていないレコードを売っぱらったりと、歩くスペースも無くなりつつある部屋で日々格闘している。


さて、今聴いているのは昨年出たドン・フェルダーの新譜。フェンダーのロゴを模した"Felder"が強烈な印象の1983年のソロ作『Airborne』以来という。イーグルスを除けば80年代の幾つかのサントラの参加曲、1970年リリースのジャズ・ロック・バンド『Flow』くらいしか自身の音源はない彼。そんなキャリアの中では今作が最高傑作と言っても良いだろう。


昨年は何気なくイーグルス関連が豊作だった年。グレン・フライのスタンダード・カバー集『After Hours』(コレ、ロックファンには評判が悪かった…ジャズの名曲はもちろん、ビーチ・ボーイズの”Caroline,No”とかバカラックの”The Look Of Love”なんて意外な選曲が最高だったのに…)、ジェフ・リンがプロデュースし、オールスター・バンド繋がりのリンゴ・スターの参加も貴重だったジョー・ウォルシュの充実盤『Analog Man』もあった。

2007年のイーグルス待望の2枚組の新譜『Long Road Out Of Eden』ドン・ヘンリーのソロみたいに聴こえるからかな、個人的にはイマイチ聴き込めなかった感があって。それよりも近年の各人のソロの方がイーグルスらしさ、みたいなものが出ている気がする。なんだか皮肉だけれど。そんなわけで、かなり長きに亘って書きためてきたであろう楽曲を放出したこのドン・フェルダー盤の方がよっぽど良かった。タイトルもイーグルスの進む道(Long Road Out Of Eden)に対して、”Road To Forever”と我が道を行っているようで。邦訳も出版された自伝も衝撃だったけれど、ドン&グレンに一方的に解雇されたフェルダーの怨念を感じたりもする。


ドン・フェルダー、やはり腐ってもイーグルス全盛期のギタリスト。しかも良くも悪くもイーグルスの代表曲となってしまった”Hotel California”の作曲者(イーグルスのファンなら、ドン、グレン、ティモシー、バーニー、そしてJ.D.サウザーが書いた楽曲とは全くテイストの違う極めて特殊な1曲だということがわかると思う)ということで、ロック界でもいまだに尊敬を集めているようだ。参加陣がそれを示していて、冒頭のウェスト・コースト風味の”Fall From Grace Of Love”ではクロスビー・スティルス&ナッシュがコーラスでそろい踏みしている(スティルスやナッシュとは旧い仲だったりもする)。さらに、ランディ・ジャクソンが”Someday”でベースを弾いていたり、マイク・フィニガンがハモンドを弾いていたり。TOTOのメンバーであるデヴィッド・ペイチやスティーブ・ルカサー、スティーヴ・ポーカロの参加もある。LA産らしいリー・スクラーのベースも嬉しかった。


ボーカルの弱さというのも今回はそこまで気にならない。エイティーズからナインティーズの匂いがする懐かしい西海岸ハード・ロックも歌いこなしていて。90年代のTOTOを思わせるような、アダルトな感覚のロックもある。祈りのような導入が素晴らしいタイトル曲も特筆すべきだ。イーグルスにはハードでエッジの聴いたロック・ギターを導入した彼だったが、カントリー風味の”Life’s Lullaby”なんてのもあった。ちなみに本作はサイン入りの盤というのも結構出回っていて、それを入手してみた。