いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 マーク・フロム・ガロ(MARK FROM GARO)

markrock2013-10-19

/ 時の魔法( Epic / 2013 )

ガロのマークさん、まさかの新作リリース!リリース前からFacebookや公式HP(http://markpage.web.fc2.com/)でも着々と制作速報がアップされていて、いやが上にも期待は高まった。個人的にはジョン・レノンがニュー・アルバムをリリース、ぐらいの意味を帯びている(ふざけてません)。CSN&Yの新譜、とかよりも期待は上だったな。しかもエピック・ソニーというメジャーから久々のリリース。”学生街の喫茶店”で紅白出場してから40周年とはいえ、突然のことで。団塊の世代の業界の裏方はリタイアした人も多い訳だし、ソフトロック界隈で再評価されたことが大きかったのか?その世代にガロに触れた業界人も多いはずだから…とか言ってたら、どうも仕掛け人のエクゼクティブ・プロデューサーでライターの富澤一誠氏がソニーの若手と繋いだんだとか。初回特典がビックリマン風シールってのも同世代の昭和の匂いを感じました。


ガロと言えば1971年にデビューしたCS&Nスタイルのフォーク・トリオ。マークこと堀内護、トミーこと日高富明、ボーカルこと大野真澄の3人組だった。デビュー前の堀内と日高は松崎しげるとミルクというコーラス・グループを組んでいた(ミルクのシングル発売の際にはもうメンバーは居ない)。そして、再結成も近年話題になったヘアーの日本版ミュージカルに大野と堀内が参加していたのだった。堀内は堀内麻九(マーク)名義でサントラに参加している。ガロのコピーをしていたアルフィーはその後輩格にあたる。グループサウンズっぽいメロディを3声でハモるっていうロック歌謡スタイルは完全に引き継がれている。高見沢俊彦の初期の楽曲スタイルにいちばん近い(たぶん参考にした)のがマークさんなんじゃないかな。


さてさて、学生時代だった90年代後半にはCD化も実現し、ますまずガロ命ってな感じだった私ですが、全アルバムを聴きまくったあげく、マークの近作でなんとか発見できたのがグッド・フレンズ名義の『ウッドストックの夏』(1994)やギタリスト杉山栽一がピート・ブラウン(”クリーム”に詩を提供した詩人で自身のバンドも率いてましたね)と共演した『So Am I』への参加だった。特に前者は”ウッドストックの夏”という非の打ち所のないロマンティックな歌謡フォークを提供していて、今どこで何をしているんだろう、と思いつつ優しいマークさんの歌声に健在を知ったのでありました。


その後、マークさん活動再開、の報を聞きつけ、2009年に五反田のロッキーというライブハウスに行き、初生ガロ体験。それはそれは感動しましたよ…(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090118)んで、しばらくしてから、とある有名ギタリストとツアーを回る話になったけれど、声などのコンディションが優れず流れた、なんて話も聞いていて。心配していたんですが、そんな中での今作でしょう!本当に嬉しくて嬉しくて。しかも内容が良い。マークさんのポップ・センスが大爆発している大充実作だと太鼓判を押したいところだ。


このマークさんの復帰作に参加陣も豪華に応えていて。小原礼鈴木茂高橋幸宏、ちょっと意外だった鈴木雅之ブレッド&バター(やっとCS&Nなギター・リフに生まれかわった”学生街の喫茶店”で聴ける、幸矢氏の変わらぬハイトーンによる”時は流れた”に驚嘆…)、”ロッキー”で近年も共演していた加橋かつみ(タイガースもとうとう結集ですね…)…若手ではサンタラの砂田和俊、あっぷるぱい、ホソノさんのバックで知られる高田漣伊藤大地&伊賀航という。後者の(比較的)若手陣は70年代的なものを受け継ぐヒトビトをとりあえず揃えてみました、みたいな制作者の安易さも感じたけれど、うまくハマっている。個人的には高田漣アレンジの”ロマンス”が秀逸でした。個性的なリズム展開のしょっぱなから原曲のアレンジに引き戻す、という離れ業。オリジナルの完コピっぽいトラックと比べると、ミュージシャンとしての力量は突出していると感じられた。


さらに、”ギターの上手かった あいつもいない”と歌われていた故・日高富明の悔しさをいちばん判っていたはずのマークさんだからだろう、Guess Whoってなクレジットにトミーらしいギターが聞こえてきたり、”ロマンス”の最後のリフレインに確執が噂されていたボーカルこと大野真澄氏らしき声が聴こえたり…ムッシュことかまやつひろしのバックを演っていた時代もあったガロの代表曲”四つ葉のクローバー”ではガロ後期の傑作”吟遊詩人”のフレーズが織り込まれていたり、ニクイ仕上がり。実はあの世も交えたガロの再結成作なんじゃないか、と思えてくる。


マークさんの新曲が素晴らしいことも、今後のソロ作を期待させてくれる。”虹色のラベンダー”や”アビーロードの青い空”に聴けるエヴァーグリーンなポップ・センスは天性のものとしか思えない。既にデモ音源を聴いたことがあった”Stranger In The City”と”Pale Lonely Night”はかなりアレンジが変わっていて驚いた。特にパワー・ポップ風だった後者がバラードになっていたり。


見事なジャケット・デザインも含めてコレは事件です!こうなってくると、マークやトミー(レインボーの前座を務めたというママドゥ含む)のソロ作のCD復刻にも期待したい。今後、Buzzの東郷昌和、ブレッド&バター岩沢二弓によるトリオLOVE US ALL(ラバーソウル)による活動も始まるようだし、ライブもぜひチェックして欲しい!


↓リリース関連特設ページ
http://markfromgaro.web.fc2.com/