いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Daniel Kwon

markrock2013-05-29

/ Live in Fukuoka! ( 自主 / 2013 )


長いチューニングかと思いきや、既にDaniel Kwonの音楽が始まっている。昨年の3rdに次ぐ、ライブ盤のリリース。アルバムとしては4枚目のリリースとなる。招待された福岡の風街喫茶店での遠征ライブの模様。前半は耳をそばだてて聴けば、食器の音らしきものが聞こえたりもするのだけれどそれも良い。それでも後半のエレピ・サイドに突入する頃にはスタジオ盤かと見紛う程になって。全体的な音としては前作を超えたクオリティかな。とはいえ、ライブにはその場その時でしか切り取れないものがあるからどれも面白い。


名刺代わりの”tiger’s meal”に始まる前半のフィンガー・ピッキングの弾き語りパートは実にリラックスした仕上がり。息詰まる濃密さは相変わらずだけれど、曲間の繋ぎも実に見事で計算され尽くしている。中古3000円のモーリス・ギターとは全く結びつかないマジカル・ポップ・サウンド未体験の人にはこのセクションだけでも是非オススメしたい所。


そして何と言っても注目は新曲でしょう。”o’men”、”rainbow’s end”、”sweet movie”の3曲を収録。”rainbow’s end”は初めて聴かせてもらった時に相当衝撃(ダメージ!?)を受けた1曲。絶望的なタイトルも含めて虚実入り交じった彼の脳内を覗き込むような一瞬だ。”sweet movie”はいつものアコギでのポップかつストレンジな世界観をエレピで展開した雰囲気。”L_S_D”はタイトルからして、のご存じサイケデリックThe Beatles”lucy in the sky with diamonds”のカバー。コード感にはかなりのオリジナリティを感じた。彼のライブにおける今までのカバーものを聴いていると、Daniel Kwonの音楽を形成する一片に頷かされると共に、それがどうしてここに着地するのだろう?という創作脳のブラックボックスに混乱してしまう。そして最後の2曲、”hello stranger”と”have a nice day”に見られる新境地をスタジオ・アルバムで聴きたいと願うファンは、私だけではないはずだ。


レーベルからのレコーディングの話も無くはないようだけれど、彼の世界を尊重し、大切にしてくれるレーベルはそう多くはないようだ。昨今の音楽業界を取り巻く暗雲からすると、ビジネスの論理が存在するのは致し方ないにせよ、ジョンやポールをいたずらにコントロールする、ってこと自体がいささかナンセンスな気もするのだが、いかがだろうか。


毎度のことだが、最後にご存じない方に簡単なプロフィールを。ダニエル・クオン(Daniel Kwon)はミシガン生まれフィラデルフィア郊外育ち、東京在住の今年で31歳になる韓国系アメリカ人のミュージシャン。現在まで7枚のアルバムをリリースしているバンド、Lampのメンバーと知り合ったことをきっかけに来日し、以後東京を中心にライブ活動、アルバム制作を行っている。一昨年再発された1 stアルバム『Daniel Kwon』がベストセラーを続け、ディスクユニオン・チャートで1位に輝いたことも記憶に新しい。また、2012年秋公開の映画『Playback』(監督:三宅唱、主演:村上淳、主題歌:大橋トリオ)の挿入歌として"Dry Clean Only"、"Against The Grain"、"Cup Of Life"の3曲が使用されている(http://www.playback-movie.com/)。ジョン・フェイヒイ、エミット・ローズ、トッド・ラングレンジム・オルークを引き合いに出されることも多いその音楽性は”天才”の一言に尽きるもの。アナログに拘ったプロダクション、そして、美麗なメロディと複雑な多重コーラスに彩られた前衛的な楽曲構成は、60年代〜70年代のソフト・ロック、フィンガー・ピッキングオリエンテッドなシンガー・ソングライター、宅録ポップスを愛するリスナーに熱狂を持って迎え入れられている。70年代の日本のサブカルチャーへの造詣の深さや、自ら手がける独特のデザイン・センスも特筆すべきか。オルタナ世代の感性を持った、新感覚のミュージシャンと言えるだろう。

ライブ情報など↓
http://sweetmovie.tumblr.com/


a tiger's meal

carrie


Daniel Kwon’s Discography
■Album
<1st> 『Layin in the Cut』(BEATBALL SS-35 / Year : 2009 )
韓国のbeatballレーベルからのリリース。

1. A Tiger’s Meal
2. Against the Grain
3. See You Thru
4. Hope is for Hell to Dance
5. Elmer’s Dragon
6. Inertia
7. Quietly


<1st(Re-Issue)> 『Daniel Kwon』(MOTEL BLEU mbrd-022 / Year :2010) 1800yen
『Layin in the Cut』と同内容、ダニエル自ら手がけた別ジャケットによる再発盤。ディスクユニオン・チャートで1位を記録した。2012年秋公開予定の映画『Playback』(監督:三宅唱、主演:村上淳、主題歌:大橋トリオ)の挿入歌"Against The Grain"を収録。

Same Tracks including『Layin in the Cut』

ディスクユニオン
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND5391

Disc Review(WebVandaよりリンクを貼りました。不適切な場合はご連絡下さい。)
http://www.webvanda.com/2010/07/post_12002814.html


<2nd> 『Don’t Look Now』(自主 / Year : 2011 ) 1000yen
2012年秋公開予定の映画『Playback』(監督:三宅唱、主演:村上淳、主題歌:大橋トリオ)の挿入歌"Dry Clean Only"、"Cup Of Life"を収録。

1. Nanook’s Picnic
2. Say Cheese
3. Adam & Eve
4. Deja Vu
5. Kasa
6. Disco Hell
7. Sunday
8. Fever
9. Cocoon
10. Make Like A Tree
11. Alaska
12. Dry Clean Only
13. Cup Of Life
14. Mirages
15. Cobra Red
16. Sunglasses

サンレインレコーズ
http://www.sunrain-records.com/catalog-3498.html
Disc Review
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20110730

<3rd> 投げ銭(自主 / Year : 2012 ) 1000yen
新曲を含む全11曲のギター、ピアノの弾き語りライブ盤(2012年8月25日高円寺KITORISでの録音)。

1. adam & eve
2. f---fly
3. judy
4. a tiger's meal
5. carrie
6. is this hell?
7. yours truly
8. blackbird
9. hello stranger
10. say cheese
11. have a nice day

サンレインレコーズ
http://www.sunrain-records.com/catalog-3893.html
Disc Review
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20120922


<4th> 『Live in Fukuoka!』(自主 / Year : 2013 ) 1000yen
2013年2月10日に福岡の風街喫茶店で録音された、ギター&エレピによる弾き語りライブ盤。

1. opening credits
2. a tiger's meal
3. f---fly
4. judy
5. carrie
6. is this hell?
7. yours truly
8. o'men
9. rainbow's end
10. how are you?
11. sweet movie
12. L_S_D
13. hello stranger
14. have a nice day

ライブ会場で購入可↓(ライブ情報)http://sweetmovie.tumblr.com/

<5th> 『Rくん』(BRIDGE / Year : 2013 ) 1800yen
「Rくん」名義による作品。

1. Rainbow's End
2. A Ginger Ale, Please
3. Jesus Loves You?
4. Electric Chair No.2
5. Happy 4Ever
6. Unsubtitled
7. Today's Special
8. Hello, & Thank You(For Listening)
9. #9

ディスクユニオン特典CD-R)
"RESET PASSWORD? (DEMO)"

ブリッジ公式サイトで購入可(他にも芽瑠璃堂、ディスクユニオンタワーレコード、アマゾンなどで購入できる)↓
http://bridge.shop-pro.jp/?pid=63615734
Disc Review
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20131205

Demo
『(no-title)』( 自主 / 2010 )
1st (Re-Issue)『Daniel Kwon』にディスクユニオン特典として付属していたCD-R。

1. come with me
2. farewell to thee
3. deja_vu
4. make like a tree

『(no-title)』( 自主 / 2013 )
『Rくん』発売直後に作られたCD-R。

A RESET PASSWORD?
B HAVE A NICE LAY


『(no-title)』( 自主 / 2014 )
2014年2月22日三鷹おんがくのじかんで行われたライブCD-R。曲順の区切りなし、盤に「IT'S THIS ONE.」と書かれている。メンバーはDaniel Kwon(Vo&Piano)のほか、Padok(Bass)、岡田拓郎(Pedalsteel)(EX.森は生きている)、増村和彦(Drums)(EX.森は生きている)。


Compilation
『Live at the Cabotte Vol.1』( Cabotte Records CRCD-001 / Year : 2010 )
渋谷のちっちゃなワイン・バー、カボットでのライブ音源を集めたCD。Tr.5“medley sunglasses/deja vu/untitled”を収録。

1. ピンボール(倉谷和宏)
2. オトナノ領分(倉谷和宏)
3. とうせんぼ(倉谷和宏)
4. 胸の箱(倉谷和宏)
5. medley sunglasses/deja vu/untitled(Daniel Kwon)
6. クワイエット・モーニング(長坂雅司)
7. ハナレバ(長坂雅司)
8. 絶望ではない(長坂雅司)
9. カオス2009(長坂雅司)


『The Loner』( BEATBALL / Year : 2011 )
韓国のデザイナー集団STICKY MONSTER LAPとBEATBALL MUSICがコラボレートしたアートブック、ポスター&CD。ファースト『Layin in the Cut』よりTr.2“Inertia”を収録。

1. Hundredth Time [Gigi]
2. Inertia [Daniel Kwon]
3. 私の房が方舟 [チョン・ジャヤン]
4. Sweet Days Waiting [Teenage Fanclub]
5. The Loner [ヤルゲたち]
6. Cider And Smoke [Iron & Wine]
7. 青春 [ライナスブランケット]
8. Heartbreaker [Girls]
9. 私の家に遊びに来て [Deb]
10. My Love Will Clap Its Hands For You [The Candle Thieves]
11. Winter Again [Lepus]
12. Let Go [Jj]
13. Pluton [Clare & the Reasons]


□参加作品
Lamp 『ランプ幻想』( ヒップランドミュージックコーポレーション / Year : 2008 )

60〜70年代の音楽やシティ・ポップを下敷きに独自のポップスを追求する日本のバンド、ランプ4枚目のアルバムにコーラス参加。ディスクユニオン特典としてメンバーと共にDaniel Kwonが参加したバンド”Children”の音源1曲を収録したCD-Rが付属。


Daniel Kwon 視聴音源
SoundCloud

http://soundcloud.com/danielkwon
MySpace
http://www.myspace.com/motelcheeseburger