いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Daniel Kwon

markrock2011-07-30

/ Don't Look Now ( 自主 / 2011 )

さて、久々の更新を。PCの不調やら、大震災後の日本を覆うやるせなさも相俟って。音楽の可能性について色々思索する時間も必要だった。アナログからデジタルへと、テレビの世界で容赦なく行われた移行騒ぎは終結し、業界人の思惑とは裏腹に、視聴者を減らす結果となったようだ。結局テレビのつまらなさに愛想をつかした結果と思う。


そんな最中に、日本のロック評論、ワールドミュージック・ブームの展開を牽引してきた偉大な音楽評論家、中村とうようの自殺と言うショッキングなニュースも飛び込んできた。最近の彼のミュージック・マガジンの連載を読んでいたら、やたら死ぬ準備を進めているように読めたけれど、人生を捧げてきた「音楽」にも未来が見えないことを嘆いての死だとしたら痛恨だ。


さて、そんな今だからこそ、かは判らないけれど、個人的には作品を作ろうと言う構想が頭をもたげてきて。しかも、「デジタル」配信ではなく「フィジカル」で。レコード・コレクターやレコード屋なんていうものも化石化せんとしている今だからこその、自分なりの落とし前かな。今年の6月末くらいから宅録レコーディングを始めて、今のところ4曲が完成している。10年位前からの音楽仲間である真下義伸さんにミックスをお願いしたり、学生時代からの旧友でもあるNatural Records(トンでもない実力を持ったバンドなのでぜひ聴いてみて欲しい)の宮 武弘くんにも参加してもらったりと、人のつながりや温かさに感動しながらのレコーディングになっている。秋くらいにはアルバムが出せたら嬉しい。


さて、今日取り上げるのはこれまた友人のDaniel Kwonの新作『Don't Look Now』。韓国系アメリカ人のシンガー・ソングライターだ。最近Seymour(シーモア)名義でライブを行うこともあったのだが、再び本名のDaniel Kwonで活動を行っている。韓国Beatballからリリースされたファーストを、自身が手がけた新たなアートワークでリイシューした(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20101023)が昨年末にディスク・ユニオン・チャートで1位を記録したりと各所で話題を呼び、新旧フォーキー・ファンに支持される結果となっている。


今作は自主盤。2007年から2010年までに4トラックのカセットMTRで録られた音源で、ペンシルヴァニア、石巻西荻窪と録音場所は変われど、音の質感は全く変わらず、いつものディープで内省的で、ひんやりとした暖かいアナログの音。エキセントリックな曲展開は彼の内面をのぞきこんでいる様な不安と期待の入り混じった感情を喚起させるもの。


全16曲で、ヤマハのアコギ(スモール・サイズのオールドFG!)だけでなくキーボードを使った楽曲もある。"Say Cheese""Adam & Eve"をはじめ、なめらかで繊細なヴォーカルとポップなメロディにまずはひきつけられるけれど、コーラスの付け方をとってみても一癖も二癖もあって。彼自身は"16 Chapters Hentai Nikki"なんてことを言ってはにかんでいたけれど、内省的ながらポップな歌声や組曲のごとき目くるめくソングライティングをとってみても、どう考えても傑作。達者なイラストも自身の手によるものだけれど、それだけで正常と狂気の狭間に存在する作品とわかる。タイトルはニコラス・ケイジ主演映画に影響されたもの(邦題『赤い影』)だという。1973年のスリラー映画のリメイクだ。裏ジャケを見れば、見てはいけないものを見てしまったような、作品の感触と、映画のタイトルが繋がるはずだ。中でもバンド仕様でインプロヴァイゼーションが続く”Disco Hell”は強烈な印象を残してくれた。


不定期のライブは、アコギとピアノで弾き語る。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの珍しいカバーも聴けたり。先日は、西荻窪の素敵なお店Zizi Annabelle(http://ameblo.jp/ziziannabelle/)で、はっぴいえんどの”抱きしめたい”や、斉藤哲夫の”悩み多き者よ”なんかを一緒にセッションをしたけれど。はっぴいえんどや細野さんも良く知っていて、即興で達者なドラムスを叩いてくれた。楽しい時間だった。

サンレインレコーズ通販
http://www.sunrain-records.com/catalog-3498.html
(最新版では下記の曲名に変わっているので注意されたし)

最近の新曲は
http://www.soundcloud.com/danielkwon
でチェックしてみてほしい。

http://www.myspace.com/motelcheeseburger
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND5391

1. Nanook’s Picnic
2. Say Cheese
3. Adam & Eve
4. Deja Vu
5. Kasa
6. Disco Hell
7. Sunday
8. Fever
9. Cocoon
10. Make Like A Tree
11. Alaska
12. Dry Clean Only
13. Cup Of Life
14. Mirages
15. Cobra Red
16. Sunglasses


※ Daniel Kwon 3rd Live Album 『投げ銭』(2012)のレビューとディスコグラフィ
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20120922