いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Brock Peters

markrock2013-05-04

/ Sing’ A Man ( United Artists / 1959 ) など


昨日は旧友のフォーク歌手、松田亜世くん(http://homepage1.nifty.com/asei/)のライブに西荻窪Terraへ。真宗大谷派の僧侶でもあるという異色のミュージシャン。彼が吉祥寺在住の頃は一緒にラジオ番組を作ったり、ライブで加川良を演ったり、武蔵野フォークを歌い継ぐべく色々やったものでした。なにやら、ひたむきに音楽と向き合っていた自分に再び会えたようなそんな気分になりました。

ライブはと言うと、真心の伝わる素晴らしいものだった。彼のアルバムのプロデューサー安部徹さんにも久々にお会いできて。何と彼が長年手がけている杉真理さんと同じ今年で59歳だそう!お若い!全然そう見えない!

『おかえり』(2009年)レビュー
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090530


さて、連休後半で。下北沢のフラッシュ・ディスク・ランチ。半額になる満タンカードを使うとなんだか音楽を好きでいた自分へのご褒美みたいに思えてくる。特にセールというわけではない日に何気なく行くフラッシュが大好きだ。


シングルは数枚に留めて。しょっぱなArthur Alexanderの”Soldier Of LoveやLove Affairの”Everlasting Love”のソングライティングで知られるBuzz Casonの”Adam & Eve / We Cry”を発見。70年代らしいカナダのファミリー・グループThe DeFranco Family featuring Tony DeFrancoの”Heartbeat – It’s A Lovebeat / Sweet, Sweet Loretta” (20 Centuryより、1973年)はドツボの音。チャイルド・ポップが好きな人にもアピールしますね。リー・ヘイゼルウッド・プロデュースのDeana Martin ” Baby I See You / The Bottom Of My Mind”(白プロモ盤、リプリーズより。アレンジはビリー・ストレンジ)も外さない盤。全く知らなかったFileen Donaghy “If Your Irish Come Into The Parlour / Hannigan’s Hooley”のレイディオ・ステイション・コピー(Epicより)は椿さんのコメントに惹かれて。アイリッシュ風味の迫力の音で満足する。Hodges, James & Smith “Only Up / I Should Stay”(20 Centuryより、1973年)は好きなレコード会社かつ、CS&Nみたいなアーティスト名で聴いてみたくなり。中身を聴いてみてソウルだと気づく。わはは、ソウルではよくありますね。レイ・グッドマン&ブラウンだとか。でもとても良い曲だった。ソウルと言えば、ロニー・ダイソン(以前Daniel Kwon君からフィラデルフィアにいた人だと教えて貰った)のヘアーのサントラからのシングルカットも一緒に買ってみた。


LPは結構アタリが多かった。定番ではRab Noakes『Red Pump Special』が1750円ならアリでしょう!ずっと欲しかったPye RecordsのMalcolm & Alwyn『Fool’s Wisdom』も嬉しかったし、愛して止まないChubby Checkerの『Beach Party』はカメオ・パークウェイのオリジナルでサイン入り、という一品。素晴らしい音だった。


800円コーナーからはバーケイズのギタリスト、Vernon Burchの『I’ll Be Your Sunshine』、Rare Earth『Midnight Lady』、O.C.Smithのジェリー・フラー・プロデュースのボーカル名盤『For Once In My Life』をまずソウル棚から。フォークからは、ジミー・ウェッブやローラ・ニーロ、ケニー・ランキン曲やポール・ウィリアムス/ビフ・ローズの共作も含むGlenn Yarbroughの『Let me Choose Life』、Country Joe McDonaldによるウッディ・ガスリーのトリビュート盤『Thinking of Woddy Guthrie』ヴァンガード。元の持ち主のものかオリジナルか不明だが、タイプ打ちの歌詞集が付いていた)、ユダヤ民謡集でも知られる俳優Theodore Bikelの『An Actor’s Holiday』もサイン&オリジナル歌詞冊子付きの盤があった!あと、エイズで亡くなった故ピーター・アレンを夫に持っていたLiza Minnelli『Come Suturday Morning』も拾う。Bud ShankJoe Passと共にフォークの名曲を演奏する『Folk’n Flute』も怪盤だった。さらに、全く知らなかったBrock Petersという俳優・黒人シンガー1959年の盤『Sing’ A Man』(United Artists UAL 3041)は不思議な盤。フラッシュでなければ出会えなかった盤だと思う。椿さんの「アブストラクト、スピリチュアルなボーカルアルバム」のコメント有。ジャケットといい、1950年代の作品とは思えない!調べてみたら、ハリー・ベラフォンテの”Banana Boat Song (Day-O)”のバッキングボーカルも担当していたとのこと。


さらに、LP100円市の落ち穂拾いも。シルベスター・スタローン実弟でロッキーの挿入歌も歌っていたFrank Stallone在籍のAORグループ『Valentine』とか、Lesley Gore『I’ll Cry If I Want To』、Jerry Butlerの1977年盤『Suite For The Single Girl』、Pete Seegerの1979年盤『Circles & Seasons』、後にロックAORの人気ライターになるDesmond ChildのバンドRougeの同名盤、買い直しのMurray McLauchlanの同名盤、1978年と遅れてきたアメリカン・ロック・バンドSnailの同名盤、Jerry Reedの弾き歌い半々の『Half & Half』、Neil DiamondのUNIからの『Velvet Gloves And Spit』とか、Tony Pelusoのプロデュースに惹かれたBaxter Robertsonの『Vanishing Point Two』アリスタからRobert Fleischmanの『Perfect Stranger』、Billy Falconの同名盤、KC and The Sunshine Bandの1978年盤『Who Do Ya (Love)』、イタリア系Richard Coccianteの1976年20th Centuryからの同名盤、などを入手。


フラッシュ万歳!