いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Daniel Kwon(ダニエル・クオン)

markrock2012-09-22

/ 投げ銭 ( 自主 / 2012 )

前作から1年余り、ダニエル・クオン(Daniel Kwon)待望の新作3rd投げ銭は新曲を含む全11曲のギター、ピアノの弾き語りライブ盤だ(2012年8月25日高円寺KITORISでの録音)。極めてオープンかつこじんまりとした”投げ銭”ライブ音源とあって、アナログなぬくもりと共に、とりわけ親密に、センチメンタルなダニエル・クオンの音楽性を捉えられている。それらは作り込まれた宅録作品で定評を博してきた彼の音楽のある種の対極でもあり、今回そういったメロディアスなシンガー・ソングライター的側面をさらけ出すことが、彼自身の狙いでもあったはずだ。「1st的なるもの」の総決算と言ってもいいのかな。自宅におけるギター一本での創作の現場に立ち会えたような感慨もある。ちなみに近年定期的に行っているライブの中でも特にコンディションの良い音源であることも申し添えておこう。客席の声も多くは入らず、ほぼスタジオライブの趣き。ヘッドフォンで、じっくり、静かな夜に聴きたいものだ。購入はライブ会場とサンレインレコーズでの通販(http://www.sunrain-records.com/catalog-3893.html)。是非そのライブにも一度は足を運んでもらいたいもの。


ジャケットに目を移すと、赤いハート型のホログラムの真ん中にアンディ・ウォーホルの産業デザインがコラージュされている。一瞬キュートかつイノセントなイメージを持つのだけれど、その背景にあるのはダークな黒と1000円(ちなみに定価!)。この一筋縄ではいかない所と、そこはかとないユーモアも彼の音楽と通底するものがある。


収録楽曲はというと1st『Daniel Kwon』から、巧みなフィンガー・ピッキングが堪能できる人気曲"a tiger's meal"を、2nd『Don't Look Now』からはこれまたポップな"adam & eve"や"say cheese"を収録している。これだけでもベスト的選曲と言えるところに、SoundCloudhttp://soundcloud.com/danielkwon)でプログレッシブなアレンジで公開されていた"have a nice day"(ピアノの弾き語りで聴くと、カーペンターズの世界になる!)やドラマーとのスリリングなコラボレーションをライブで聴くことが出来た"hello stranger"(なぜか涙が出てしまう流麗なメロディ…)といった新曲が遜色なく居座る。”f---fly”はチェリー・ボーイの歌らしいけれど、”firefly”と読むか、4レター・ワードと読むかは各自にお任せしたいところ。

Track Lists
1. adam & eve
2. f---fly
3. judy
4. a tiger's meal
5. carrie
6. is this hell?
7. yours truly
8. blackbird
9. hello stranger
10. say cheese
11. have a nice day


唯一のカバー、ビートルズの"blackbird"はジュディ・シルの気分で。フォーク、ソウル、ゴスペルなどを折衷させた彼女のスタイルをシンガー・ソングライター音楽の最高峰と言って憚らない彼だけれど、その範疇を飛び出したい気持ちがエクスペリメンタル、サウンド・コラージュそしてプログレに接近した最近のデモ音源の前衛的作風に現れている。これはこれでいつかアナザー・サイド・オブ・ダニエル・クオンとしてまとめてほしいもの。ちなみにそんな彼の音楽のポップ・サイドの裏に前衛衝動が隠されているというのは、その楽曲を知れば知るほど判って来る。思えばクイーンやカーペンターズビーチ・ボーイズといった屈託のない陽の当たる正統派ハーモニー・ポップだって、音作りやハーモニーに耳を澄ませば相当の狂気(凶器?)を孕んでいた訳で…


最後にご存じない方に簡単なプロフィールを。ダニエル・クオン(Daniel Kwon)はミシガン生まれフィラデルフィア郊外育ち、東京在住の今年30歳になる韓国系アメリカ人のミュージシャン。現在まで7枚のアルバムをリリースしているバンド、Lampのメンバーと知り合ったことをきっかけに来日し、以後東京を中心にライブ活動、アルバム制作を行っている。昨年再発された1 stアルバム『Daniel Kwon』がベストセラーを続け、ディスクユニオン・チャートで1位に輝いたことも記憶に新しい。また、2012年秋公開予定の映画『Playback』(監督:三宅唱、主演:村上淳、主題歌:大橋トリオ)の挿入歌として"Dry Clean Only"、"Against The Grain"、"Cup Of Life"の3曲が使用されている(http://www.playback-movie.com/)。ジョン・フェイヒイ、エミット・ローズ、トッド・ラングレンジム・オルークを引き合いに出されることも多いその音楽性は”天才”の一言に尽きるもの。アナログに拘ったプロダクション、そして、美麗なメロディと複雑な多重コーラスに彩られた前衛的な楽曲構成は、60年代〜70年代のソフト・ロック、フィンガー・ピッキングオリエンテッドなシンガー・ソングライター、宅録ポップスを愛するリスナーに熱狂を持って迎え入れられている。70年代の日本のサブカルチャーへの造詣の深さや、自ら手がける独特のデザイン・センスも特筆すべきか。オルタナ世代の感性を持った、新感覚のミュージシャンと言えるだろう。

a tiger's meal

carrie


Daniel Kwon’s Discography
■Album
<1st> 『Layin in the Cut』(BEATBALL SS-35 / Year : 2009 )
韓国のbeatballレーベルからのリリース。

1. A Tiger’s Meal
2. Against the Grain
3. See You Thru
4. Hope is for Hell to Dance
5. Elmer’s Dragon
6. Inertia
7. Quietly


<1st(Re-Issue)> 『Daniel Kwon』(MOTEL BLEU mbrd-022 / Year :2010) 1800yen
『Layin in the Cut』と同内容、ダニエル自ら手がけた別ジャケットによる再発盤。ディスクユニオン・チャートで1位を記録した。2012年秋公開予定の映画『Playback』(監督:三宅唱、主演:村上淳、主題歌:大橋トリオ)の挿入歌"Against The Grain"を収録。

Same Tracks including『Layin in the Cut』

ディスクユニオン
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND5391

Disc Review(WebVandaよりリンクを貼りました。不適切な場合はご連絡下さい。)
http://www.webvanda.com/2010/07/post_12002814.html


<2nd> 『Don’t Look Now』(自主 / Year : 2011 ) 1000yen
2012年秋公開予定の映画『Playback』(監督:三宅唱、主演:村上淳、主題歌:大橋トリオ)の挿入歌"Dry Clean Only"、"Cup Of Life"を収録。

1. Nanook’s Picnic
2. Say Cheese
3. Adam & Eve
4. Deja Vu
5. Kasa
6. Disco Hell
7. Sunday
8. Fever
9. Cocoon
10. Make Like A Tree
11. Alaska
12. Dry Clean Only
13. Cup Of Life
14. Mirages
15. Cobra Red
16. Sunglasses

サンレインレコーズ
http://www.sunrain-records.com/catalog-3498.html
Disc Review
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20110730

<3rd> 投げ銭(自主 / Year : 2012 ) 1000yen
新曲を含む全11曲のギター、ピアノの弾き語りライブ盤(2012年8月25日高円寺KITORISでの録音)。

1. adam & eve
2. f---fly
3. judy
4. a tiger's meal
5. carrie
6. is this hell?
7. yours truly
8. blackbird
9. hello stranger
10. say cheese
11. have a nice day

サンレインレコーズ
http://www.sunrain-records.com/catalog-3893.html
Disc Review
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20120922


<4th> 『Live in Fukuoka!』(自主 / Year : 2013 ) 1000yen
2013年2月10日に福岡の風街喫茶店で録音された、ギター&エレピによる弾き語りライブ盤。

1. opening credits
2. a tiger's meal
3. f---fly
4. judy
5. carrie
6. is this hell?
7. yours truly
8. o'men
9. rainbow's end
10. how are you?
11. sweet movie
12. L_S_D
13. hello stranger
14. have a nice day

ライブ会場で購入可↓(ライブ情報)
http://sweetmovie.tumblr.com/


Demo
『(no-title)』( 自主 / 2010 )
1st (Re-Issue)『Daniel Kwon』にディスクユニオン特典として付属していたCD-R。

1. come with me
2. farewell to thee
3. deja_vu
4. make like a tree


Compilation
『Live at the Cabotte Vol.1』( Cabotte Records CRCD-001 / Year : 2010 )
渋谷のちっちゃなワイン・バー、カボットでのライブ音源を集めたCD。Tr.5“medley sunglasses/deja vu/untitled”を収録。

1. ピンボール(倉谷和宏)
2. オトナノ領分(倉谷和宏)
3. とうせんぼ(倉谷和宏)
4. 胸の箱(倉谷和宏)
5. medley sunglasses/deja vu/untitled(Daniel Kwon)
6. クワイエット・モーニング(長坂雅司)
7. ハナレバ(長坂雅司)
8. 絶望ではない(長坂雅司)
9. カオス2009(長坂雅司)


『The Loner』( BEATBALL / Year : 2011 )
韓国のデザイナー集団STICKY MONSTER LAPとBEATBALL MUSICがコラボレートしたアートブック、ポスター&CD。ファースト『Layin in the Cut』よりTr.2“Inertia”を収録。

1. Hundredth Time [Gigi]
2. Inertia [Daniel Kwon]
3. 私の房が方舟 [チョン・ジャヤン]
4. Sweet Days Waiting [Teenage Fanclub]
5. The Loner [ヤルゲたち]
6. Cider And Smoke [Iron & Wine]
7. 青春 [ライナスブランケット]
8. Heartbreaker [Girls]
9. 私の家に遊びに来て [Deb]
10. My Love Will Clap Its Hands For You [The Candle Thieves]
11. Winter Again [Lepus]
12. Let Go [Jj]
13. Pluton [Clare & the Reasons]


□参加作品
Lamp 『ランプ幻想』( ヒップランドミュージックコーポレーション / Year : 2008 )

60〜70年代の音楽やシティ・ポップを下敷きに独自のポップスを追求する日本のバンド、ランプ4枚目のアルバムにコーラス参加。ディスクユニオン特典としてメンバーと共にDaniel Kwonが参加したバンド”Children”の音源1曲を収録したCD-Rが付属。


Daniel Kwon 視聴音源
SoundCloud

http://soundcloud.com/danielkwon
MySpace
http://www.myspace.com/motelcheeseburger