いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Scotty Moore presents The Mighty Handful

markrock2013-12-08

(スコッティ・ムーア)/ Volume1 ( BMCD-2007-01 / 2007 )

ネット・サーフィンなんてのももはや死語かもしれませんが(笑)、先日発見したのが、エルヴィス・プレスリーのオリジナル・ギタリストとして知られるスコッティ・ムーアのウェブサイト(http://www.scottymoore.net/)。60年代後半から70年代にかけてのスワンピーなエルヴィスを支えたジェイムス・バートンもまだ存命だけれど、スコッティ・ムーアもまだ生きている。御年81歳!個人的にはシンプルなプレイ・スタイルも結構気に入っていて、ソロ・アルバムを集めたりもしていた。なーんて言っても出している盤は数少ないんですが。

まず彼のソロでやはり外せないのは『The Guitar That Changed The World!』でしょう。「このギターが世界を変えた!」っていう直球タイトルも素晴らしい。たまたまエルヴィスの後ろにいた、って感じなのかもしれないけれど、運命とはそういうもので。なんか、ナイトクラブ全盛期のハコバンのギタリストみたいなもんで、「職人」の風情なんですよ。決して出過ぎず、歌をしっかり支える歌伴に徹していて。Epicからの1964年のリリース。”That’s All Right”のソロとかやっぱり素晴らしいわけで。D.J.フォンタナのドラムスとジョーダネイアーズのコーラスも入って、演奏も何気なく熱い!この盤では他にも”Hound Dog”、”Money Honey”、”My Baby Left me”、”Heatbreak Hotel”、”Mystery Train”、”Don’t Be Cruel”、”Love Me Tender”といったエルヴィス・ナンバーのギター・インストをこれでもか、と楽しめる。個人的には好きすぎて、ペラジャケのオリジナル盤も入手しました。傷だらけだったけれど、音はとにかくCDより良かった。当時はエルヴィスのバッタモン的な感じのインスト集として聴かれてたんじゃないかな。

さらに、謎が多いのがギネスレコードからリリースされた『What’s Left』。1977年のリリースなのだが、公式サイトにも出てこない。もしかすると勝手にスコッティの預かり知らぬ所で、本人名義で発売されたものなのかも。余り見かけないレコードで、以前買った時もそこそこの値段がした。ピアノ&ボーカルは(リトル)ウィリー・レインフォード、ギターはスコッティと“Is Anybody Going To San Antone?”のソングライティングで知られるカントリー・レジェンド、デイヴ・カービー、ドラムスには盟友D.J.フォンタナ。A-1”Introduction”はスコッティ名義の作となっているけれど、”That’s All Right”風の3フィンガースタイルのリフを元にしたジャムセッションから生まれたような曲。エルヴィスも取り上げたローウェル・フルソンの”Reconsider Baby”やエルヴィスにとってはサン・レコードの同僚カール・パーキンスの”Matchbox”なんかも入った、ブルージー&スワンピーなロックンロール好作だ。

あと1980年のラル・ドナーのエルヴィス・トリビュート盤への参加なんかも挟んで、1997年の『All The King’s Men』(Scotty Moore DJ Fontana名義)もなかなかの参加陣で。キース・リチャーズ、チープ・トリック、ロン・ウッドジェフ・ベックからスティーヴ・アール、ジョー・イーライまで。ロックからカントリーまで、そのルーツは同根であるわけなんだけど、エルヴィスの影響力の凄さを思い知らされた。

さらに2006年にリリースされた『A TRIBUTE TO KING BY SCOTTY MOORE & FRIENDS』もDVDで楽しめる素晴らしいトリビュート・ライブで。マーク・ノップラーエリック・クラプトン、スティーヴ・ギボンズアルバート・リー、デイヴ・ギルモアというブリティッシュ・ロックの大御所がアビーロード・スタジオに集結。ただ、日本では馴染みのないマイク・サンチェスといったミュージシャンの偽エルヴィスっぷりがファンには敬遠されてしまった感もある。


そして今回の『Scotty Moore presents The Mighty Handful』。大好きなアメリカン・ミュージックを気楽にセッションする、そんな楽しみが伝わってくる一枚。アメリカの片田舎を回ってツアーしているようなイメージ。誰もが知っているブルーズのスタンダードを嬉々として演奏する姿が目に浮かぶ。ボーカルは”I Can’t Help”のヒットでジョン・レノン(本日は33回目の命日でありました)をも魅了したというビリー・スワン!”I’ve Got My Mojo Working”、”Dust My Broom”、”Rock Me Baby”、”Hoochie Coochie Man”、”Let the Good Times Roll”…悪くないわけがない。ボーナス・トラックには、1977年盤にも収録されていた”Reconsider Baby”が入っていた。無造作にメンバーのサインがぐにゃっと投げ入れられていたのにも何ともアメリカを感じたり。