いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Paul McCartney

markrock2013-11-23

/ Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR (東京ドーム2013.11.21)

またもや更新が空いてしまった。ここの所、蔵書&レコード・CDの整理に情けないくらいに時間を使ってしまっている。CDプラケースを捨ててミュージシャンごとに薄手の透明な袋に入れてまとめていく、という単純作業なんだが、数千枚やるだけでも夏から数ヶ月かかってしまった。唯一作、みたいな探しにくくなりそうなものは、有名なフラッシュ・ディスク・ランチのソフトケース(http://cdsoftcase.com/)に入れて。そんなことをやったらカナリのスペースが空いたものでして、鋭意LPでの買い直しを進めている。日本盤よりアメリカ/イギリス盤、再発よりオリジナル盤、シングル盤中心で売れた昭和歌謡や演歌の方はLPで押さえていく、ってなルールで。なんだか毎日レコ屋に通っていると、レコード現役世代はLP売ってコンパクトなCD蒐集(特に紙ジャケ)に熱心、若い世代の円盤好きはCDよりも一段とレコードに熱心…そんな気もする。CDしかない新譜はCDで買うほかないんですが…正直データとして抜き取られたらそれまで(YouTube的聴取形態の広まりもあって、音源で商売するのはいま極めて難しい)、のCDは消えてしまうメディアだと思うけれど、やっぱりブツとしての「オーラ」があるLPは生きるかも…。ラッパーの友人も今度の新作はLPのみでリリースするとか。プレイヤー持っていない人にとってはハードルだけれど、音楽を聴く有り難みもそこにあるんじゃないか、という。ネオリベラリズムだかなんだか、効率至上主義はもうオシマイにしましょうよ、とばかりのそんなささやかな抵抗に共感したな。


さて、オーラと言えば先週木曜日のポール・マッカートニー来日公演最終日!71歳のポール、生ビートルを拝むことができるラスト・チャンスということで、当日券も長蛇の列だったようで…私の2枚目のアルバムのプロデューサーが入手したとの吉報を聞き、全てをかなぐり捨てて飛んでいきました(多謝!)。急遽開放されたであろう、ステージ真横180度を超えた半額席。ポールの姿は見えず音のみ、スクリーンでの鑑賞になる、と言われていたけれど、全然大丈夫。生ポールをしかと拝めたのでありました。この前も書いたけれど、今後フェイドアウトしていくであろうロックのお祭りに参加しない手はないのだ、と改めて…

正直前回の来日公演と比べても非の打ち所のないステージだった。たぶん39曲に及ぶセットリスト含めて文句を言った人は誰もいないんじゃないかな。71歳のポールが、ステージでは水一杯も飲まず、お客さんの喜ぶ歌を一生懸命、ベースやギター、ピアノを持ち替えながら弾き、歌う。ミュージシャンのエゴではなく、オリジナルのアレンジやキーを大切にした強烈なファンサービスの精神に充ち満ちていた。たどたどしいニホンゴでしゃべくりまくり、バイオリン・ベースを片手に載せて曲芸やってみせちゃう、なんてお茶目なポールをステキだと思わなかった人はいないんじゃないかな。


そのステージには長い長いミュージック・キャリアにおける出会いと別れ−ジョン、ジョージにジミ・ヘンドリクス、リンダから新妻ナンシーまで−もが織り込まれていて。”Here Today”や”Blackbird”、ラストの”Yesterday”(赤いサイリウムを観客総動員で振る、なんていう呼び屋主導の演出もありました)で披露した弾き語りも素晴らしかった。ギター一本でもポールはポール。そうそう、”Blackbird”では公民権運動に関わる人々を応援する気持ちで作った、なんてMCもあったけれど、当日の客席にはケネディ駐日大使も来ていたのでありまして(開演直前に客席前方から登場し拍手を受けていた)。公民権法成立に貢献し死に追いやられた父JFKの姿を思い浮かべて聴いたのかな、なんて想像したり…


個人的になぜかいちばんグッと来たのが”Maybe I’m Amazed”の熱唱だった…そこには予定調和ではない、何かがあった気がしたもので…ポールの「また会おう」の言葉を信じています。ありがとうポール!


1. Eight Days a Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. 1985
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude

32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. I Saw Her Standing There

35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End