いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Jimmy Webb

markrock2013-09-21

/ Still Within The Sound Of My Voice ( eone / 2013 )

大好きなミュージシャン、ソングライターの新作にリアルタイムで出会えるというのは嬉しいことだ。個人的には『Suspending Disbelief』(1993)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100531)や『Ten Easy Pieces』(1994)にリアルタイムで出会い(まだ中学生だった…)、レコードだったら擦り切れるほど聴き続けてきたということもあり、今回の新作も格別の想いで受け止めている。『Suspending〜』に収録されていた”Elvis And Me”をエルヴィスのバックコーラスを担当していた本家ジョーダネイアーズと歌っていたり…あの頃、辞書を片手に歌詞を読みながら聴いていた曲だった。


さて、ジャクソン・ブラウングレン・キャンベルビリー・ジョエルJ.D.サウザーリンダ・ロンシュタット(病気の報が悲しい)、マーク・ノップラー、ヴィンス・ギル、ウィリー・ネルソン、マイケル・マクドナルド…といった豪華ゲスト陣を迎えた2010年の『Just Across The River』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100712)の続編とも言える、フレッド・モーリン・プロデュースのセルフカバー盤が本作『Still Within The Sound Of my Voice』だ。


今作もブライアン・ウィルソンアート・ガーファンクル、ライル・ラヴェット、カーリー・サイモン、クロスビー&ナッシュ、ジョー・コッカー、マーク・コーン、アメリカ、クリス・クリストファーソンエイミー・グラントからルーマー、キース・アーバンまでのゆかりの超豪華ゲストを迎えている。70年代にマシュー・マッコリーとのコンビでカナダ繋がりのダン・ヒルやバット・マグラスなんかを手がけていたフレッド・モーリンだが、近年はナッシュビルの大物プロデューサーになっている。ここ数年ではアメリカの『Back Pages』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20120721)やJ.D.サウザー『Natural Historyhttp://d.hatena.ne.jp/markrock/20110611)、リタ・ウィルソンの『AM-FM』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20130202)などの好作を手がけている。ジミー・ウェッブというと日本ではソフト・ロックとして再評価された部分が強いけれど、アメリカではグレン・キャンベルのライターとしてのインパクトがやっぱり強い。そんなわけで、ジミーの楽曲にはポップ・カントリーの味付けがやはりう似合うという側面もある。フレッドは2010年にジョニー・マシスのナッシュビル盤のボーカル名作『LET IT BE ME-MATHIS IN NASHVILLE』(グラミーにノミネートされた)をプロデュースしていたけれど、そんな色の作。音像もクリアで。ジミー自身のピアノも"Shattered"だけだから、シンガー・ソングライター時代のリリカルなタッチを求める向きにはちょっと違う、と思うかもしれないけれど、個人的はゴージャスかつベストすぎるプロデュース・ワークだと思っている。


さて、今のところ5、6回聴き返しているけれど、前作よりもゲスト陣の色を薄くしているのが判る。つまりジミーのボーカルの割合を増やしているということ。うん、これだけでもパーソナルな風味が出てくる。大仰な前作よりも内省的なアルバムに聴こえてくるから不思議だ。ブライアン・ウィルソンがコーラスを担当した”MacArthur Park”なんて、リンダ・ロンシュタットの”Adios”の時みたいに、もっと前に出てくるのかと思いきや、そうでもない。実に奥ゆかしく、じっくり聴くと判る、という。それだけ、ジミーの歌を大切にした造りになっている。とはいえ、以前にも歌っていたジョー・コッカー自身が参加した“The Moon’s A Harsh Mistress”は流石に個性を押し殺しきれなかったか。いやいやもちろん納得の名唱だった。


あと、今回嬉しかったのはアート・ガーファンクルのニュー・レコーディング”Shatterd”が入っていたこと。いつかまた『Watermark』みたいなアートのジミー曲集を聴きたいというのはファンの夢かな。”Skywriter”もスタジオ録音で聴いてみたいもの。そうそう、アートと言えば『Angel Clare』に収録されていた”Another Lullaby”を今回クロスビー&ナッシュとの親交もあるマーク・コーンと歌っている。『Angel Clare』と言えば、当時のヴァン・モリソンの未発表曲”I Shall Sing”が収録されていたが、こちらは今年リリースされた名作『Moondance』のデラックス・エディションでヴァン自身のテイクが初お披露目となっている。


"Where's The Playground Susie"のセルフカバーも感動した。ジミー・ウェッブの初来日公演の初日で聴いた弾き語りヴァージョンが忘れられない。欲を言えば『Ten Easy Pieces』風の弾き語りアレンジでもう一度聴いてみたい気もするな。そういえば、来日公演では客席からのリクエストに応えて"Skywriter"を歌ってくれたのを覚えている。これが本当に凄かった。アート・ガーファンクルより歌えるんだぞ、ってなソングライターの本気が伝わってきて。二日目にもそんなファン心理を読んで自分から歌ったんだけど、一日目の迫力は無かった。やっぱりライブの魅力は一回性に尽きる。


そうそう、スタートに”Sleepin’ In The Daytime”という、ジミーのファンには余り評価がよろしくないロック調の楽曲を持ってきたのもジミーらしい(今回は”見張り塔からずっと”風で)。ロックにコンプレックスがあるからなのか、自身のアルバムにかならず不似合いなロックを1曲入れるという定石も崩さず(60年代にプロデュースしたテルマ・ヒューストンの『Sunshower』では掟破りにストーンズを直球カバーさせていた)。

1. "Sleepin' in the Daytime" (featuring Lyle Lovett)
2. "Easy for You to Say" (featuring Carly Simon)
3. "Elvis and Me" (featuring The Jordanaires)
4. "Where's the Playground, Susie?" (featuring Keith Urban)
5. "Still Within the Sound of My Voice" (featuring Rumer)
6. "If These Walls Could Speak" (featuring David Crosby and Graham Nash)
7. "The Moon's a Harsh Mistress" (featuring Joe Cocker)
8. "Another Lullaby" (featuring Marc Cohn)
9. "You Can't Treat the Wrong Man Right" (featuring Justin Currie)
10. "Rider from Nowhere" (featuring America)
11. "Honey Come Back" (featuring Kris Kristofferson)
12. "Adios" (featuring Amy Grant)
13. "MacArthur Park" (featuring Brian Wilson)
14. "Shattered" (featuring Art Garfunkel)

そのほかジミー関連で併せて紹介しておきたいのは2012年に蔵出しされたグレン・キャンベル&ジミー・ウェッブの共演ライブ『In Session』。1988年に録音されたモノ。CDと共にDVDも付いている。グレン&ジミーの共演は、これとは違うが日本で大昔ビデオ化されたものもあった。

あとはアルツハイマーをカミングアウトしたそのグレン・キャンベルの最終セッションのアウトテイク『See You There』も同時にリリースされている。ここにはジミーの手がけたヒット曲”Wichita Lineman”、”By The Time I Get To Phoenix”、”Galveston”に”Postcard From Paris”の新録を含んでいる。ミュージシャンとしての生命はいつか途絶えるものだと知ってはいるけれど、涙無しでは聴けないでしょう。