いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

George Deffet / No Guts…No Glory! (GRR Music GRR-LP-2005 / 1978)

markrock2017-10-04


昨日グレン・キャンベルのことを書いた後、棚を見ていたら見つかった盤。すっかり存在を忘れていた。グレン(歌手)、ジミー・ウェッブ(作曲家)とアル・デ・ローリー(編曲家)というのが、いわば坂本九における六・八・九コンビ(永六輔・中村八大)みたいなものだった。この盤はレッキングクルーのピアニストだった、そのアル・デ・ローリーのプロデュース盤。70年代後半といえばレッキングクルー組も世代交代で流石に落ち目だったわけだけれど、メロウなディスコ〜AORに挑んだ本盤はオハイオのローカル・レーベル産ながら、腐ってもアル・デ・ローリー!優れた仕上がりで。レコーディングはカリフォルニアのスペクトラム・スタジオ、そしてカリフォルニア・バーバンクのワーナー・スタジオが使われており、ミックスではあのゴールド・スター・スタジオも使われている。



そもそもリリースのGRRミュージック、このジョージ・デフェの盤しかリリースしていない模様。ローカル歌手(あるいは俳優かも)のジョージ・デフェにとってコレが唯一のアルバムで、そこからは3枚シングルが切られている。アル・デ・ロリーとジョージ・デフェの共作”European Nights(Nothin’ Fits Me Like You,Babe)”は洗練されたごきげんなディスコ・サウンド。ジョージは軽みのあるホワイト・ソウルを聴かせてくれる。イーヴィ・ザンズの”Love Makin’ Love To You”も良い時期のシカゴ(ロバート・ラムもの)を聴いているような気分にさせてくれて。この曲はイーヴィの1975年盤『Estate Of Mind』(デニス・ランバート&ブライアン・ポッターのプロデュース)に収録されていた。

ビリー・ジョエルの”New York State Of Mind”やラスカルズの”Girl Like You”のカバーもあって、後者は思ったよりも溌剌とした若々しさがあった。このジョージさん、ジャケ写を見る限りでは若造りをしているけれど、当時でもソコソコ御歳を召していらっしゃるような。そしてそう、私が引っかかったのはグレン・キャンベルの座付き作家と言ってもよいジミー・ウェッブの”Where The Universes Are”がB面最後に収録されていること。ジミーの1977年のソロ『El MirageのB面1曲目を飾っていた壮大なバラード。『El Mirageの方は、流石のウェッブもソロで売れたい気持ちが逸り、ビートルズアメリカを手がけたジョージ・マーティンにプロデュースを依頼。だから、ここにアル・デ・ローリーの本気を見るんですよね。オレならこんな風にアレンジできるよ…って。何と言っても弦のアレンジだけで往年のグレン・キャンベルの"Wichita Lineman"や"By The Time I Get To Phoenix"を彷彿とさせてくれるんですから。

参加セッションメンではジミー・ウェッブのソロにも参加していたフレッド・タケットの名前も。アルバム・タイトルはNo Guts…No Glory! だなんて、ちょっと脳天気でお茶目な感じもするけれど。