いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 The Mighty Takapu

markrock2013-10-14

/ Hitch A Cloud ( haha productions / 2012 )


三連休も気付けば終わっていきますね…今年はまだまだ毎日暑くて。しぶとい夏でした。


先日地元三鷹でたまたまお会いしたニュージーランド出身、日本在住のミュージシャン”The Mighty Takapu”を本日は紹介しよう。バンドのようなネーミングだが10曲全ての楽曲やアクースティック・ギター中心の演奏、レコーディングはGuy Exleyの手に依るもの。”Takapu”というのは聴き慣れない言葉だが、ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で調べてみると”カツオドリ”を意味するらしい。カツオドリはニュージランドの海鳥で、例えばオークランドでは毎年1000匹以上が巣作りをし、大きな羽を広げた親鳥が空を舞う風景が見られるのだと言う…しかしあとあと聞いてみると、なんでもGuyの出身地は首都ウェリントン郊外のタワで、カツオドリは全くいない!らしい。ただ、幼少期に遊んだ渓谷の名前が"Takapu"で、やはりマオリの言葉に由来する地名だったらしい。しかも、その川は"Mighty"という程の流れでもなく、”The Mighty Takapuはユーモアと想像力の産物のようだ。

それでも”The Mighty Takapu”の音楽は、そんな自然の生命の力強さや瑞々しさを感じさせてくれるオーガニックなサウンドだった。アクースティック・ギターを基調とした音作りは、70年代のフォーキーなシンガー・ソングライターの近作を彷彿させるもの。所々にゲスト・ミュージシャンによるピアノやドラムス、トランペット、鳥の鳴き声といったSEが入るのだが、それも実に自然で。個人的にはランバート&ナッティカムのクレイグ・ナッティカムの90年代のソロみたいな、ほっこりしたハンドメイドのダウン・トゥ・アースなサウンドを想起した。


英語詩による楽曲が殆どである中、M-3”Hoshi”やM-4”Yanagawa”には日本語も登場して。”Hoshi”の静謐とした音作りは今作でも白眉かも。個人的にはひんやりとした感触が新鮮だったアクースティック・ロックM-7”River Belly”も印象に残った。


何だろう、こうして聴いていると、音楽を作り続けることを止めない、というミュージシャンなら当たり前のことに感動している自分がいる。音楽を「始めた」よりも「止めた」と聞くことの方が増えてきた昨今。売れる売れない、とか音楽業界を取り巻く状況が厳しくなっていることも判っているけれど。でも考えてみると、音楽を作ることは生きること。音楽をやめることは生きることをやめることとおんなじなのだ。長年音楽を作り続けてきたミュージシャンの作品には、無欲に音と向き合ってきた結果だろうか、自身の音楽と生きることが違和感なく重なり合っているのが判るのだ。これは本当に素敵なこと!


アルバムは公式HPから入手できるとのこと。一度訪れてみてはいかがだろうか。

↓公式HP
http://www.themightytakapu.com/The_Mighty_Takapu/Home.html

↓アルバムの試聴&購入は
http://themightytakapu.bandcamp.com/