いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Brush Arbor

/ Page One ( Monument/CBS 34251 / 1976 )

CBS配給のモニュメントよりリリースされた、1976年のカントリー・ロック盤。サンディエゴ出身のブラッシュ・アーバー、1973年にキャピトルからデビューして2枚のアルバムを出した後、メンバーを改めての再デビュー作だ。ゆえのそんなタイトル"Page One"となっている。イーグルスがホテルカリフォルニアな時代になっていたことを考えると、ちょっと時代遅れな感もあったはず。オーセンティックなカントリー・ロックの最大公約数的な音を聴かせていて。レイナード・スキナードの”Sweet Home Alabama”が挿入される”Alabam”とか、あの時代誰もがマネをしたディランの”You Ain’t Goin’Nowhere”の変型みたいな”Pickin’ For My Family”もあって。コレはちょっとやり過ぎかな、とも思うけれど。


とはいえ、聴き進めていくと、ブルーグラスの定石を踏んでいる音だと気付く。初期のイーグルスを思わせる”Dreamin’”のコーラスにはただただしびれた。その後はクリスチャン・レーベルでいくつもの作品をリリースし、現在は再結成Brush Arborに加え、3人のライス兄弟でライス・ブラザーズ(トニー・ライスらのライス兄弟とは別)としての活動を続けているようだ。


ディスコグラフィなど。ジョニー・キャッシュ・ショウの出演した際の映像のリンクもある
http://www.rocky-52.net/chanteursb/brush_arbor.htm

↓公式HP
http://www.brusharbor.com/