いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Brush Arbor

/ Page One ( Monument/CBS 34251 / 1976 )

CBS配給のモニュメントよりリリースされた、1976年のカントリー・ロック盤。サンディエゴ出身のブラッシュ・アーバー、1973年にキャピトルからデビューして2枚のアルバムを出した後、メンバーを改めての再デビュー作だ。ゆえのそんなタイトル"Page One"となっている。イーグルスがホテルカリフォルニアな時代になっていたことを考えると、ちょっと時代遅れな感もあったはず。オーセンティックなカントリー・ロックの最大公約数的な音を聴かせていて。レイナード・スキナードの”Sweet Home Alabama”が挿入される”Alabam”とか、あの時代誰もがマネをしたディランの”You Ain’t Goin’Nowhere”の変型みたいな”Pickin’ For My Family”もあって。コレはちょっとやり過ぎかな、とも思うけれど。


とはいえ、聴き進めていくと、ブルーグラスの定石を踏んでいる音だと気付く。初期のイーグルスを思わせる”Dreamin’”のコーラスにはただただしびれた。その後はクリスチャン・レーベルでいくつもの作品をリリースし、現在は再結成Brush Arborに加え、3人のライス兄弟でライス・ブラザーズ(トニー・ライスらのライス兄弟とは別)としての活動を続けているようだ。


ディスコグラフィなど。ジョニー・キャッシュ・ショウの出演した際の映像のリンクもある
http://www.rocky-52.net/chanteursb/brush_arbor.htm

↓公式HP
http://www.brusharbor.com/