いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 若者たち

markrock2016-02-09



先日高田馬場タイム閉店の記事を書いたのだけれど、いつになく多くの反響があって驚いている。ずっと注目している奈良の貴重なレコード屋さん、ジャンゴレコードの店長さんにもツイッターで取り上げていただけたり。老舗の閉店を惜しむ声と共に、レコード文化を愛する人達が多くいることに心強さも感じたものだ。そんなことを三鷹パレードの店長さん(高田馬場タイムで修業された後にご自身のお店を開業された)に報告しようとお店を訪ねると、既に記事のコピーを届けて下さったお客さんがいたとのこと。なんだかそんな人の繋がりも嬉しく思ったり。店長さんがおっしゃった「CDもよく考えるとレコードと同じでアナログな文化になりましたね」という言葉も印象的だった。確かにプラケースを開けてCDプレイヤーに投入する、という愛おしい一手間がアナログレコードとほぼ変わらない。こんなことに気付けるのも今という時代だからこそなのかもしれない。



さて、今日は佐藤勝の1972年の自演盤を。最近たまたま見つけたのだけれど、存在すら知らなかった。1928年北海道生まれの作曲家、佐藤勝と言えば、映画音楽の世界では数え切れない程の作品を手がけ、その名がとどろいている。何しろ黒澤明『用心棒』アカデミー賞作曲賞にノミネート)や岡本喜八作品の常連となっている人。幸福の黄色いハンカチ』『太陽の季節』『狂った果実』『独立愚連隊西へ』『赤ひげ』『日本のいちばん長い日』『日本沈没』『華麗なる一族』『あゝ野麦峠』『吉原炎上』『塀の中の懲りない面々』『釣りバカ日誌4』『雨あがる』…と作品をあげればキリがない位。

そんな彼がシンガー・ソングライターとしてTRIOから1972年にリリースした珍盤がその名も『佐藤勝』。「唄の無い世代に訴える40代のシンガーソングライター!」なんていう帯が目を惹くけれど、当時44歳ですか。大分渋い雰囲気が漂っている。

提供曲の自演では石原裕次郎狂った果実”、ザ・ブルーベル・シンガーズ”昭和ブルース”、 ザ・ブロードサイド・フォー”若者たち”が白眉。多くの楽曲を共作した伊藤アキラ山上路夫五木寛之の作品は当時としては若い世代にアピールする部分があったはず。個人的には”学生街の喫茶店”や”岬めぐり””翼をください”のヒットでフォーク・ファンにも縁深い山上路夫さんのヒューマンな詩にグッと来るモノがあった。ちなみにシングルにはブルースな歌詞の"馬車うまのように"(B面は"若者たち")が切られたみたい。



もちろん全てが佐藤勝の作・編曲となっているけれども、サウンド的にはラッパがむせび泣くジャズ風味に日本的な俗謡・演歌調が混ざったような、60年代までの昭和映画の風情そのものの雰囲気。ボーカルも上手いとは言いがたいけれど、味のある感じ。いずみたくの自演盤なんかもそうだった。ザ・ブロードサイド・フォー版の”若者たち”(藤田敏雄の詩)は1966年の同名ドラマの主題歌でしっとりとしたモダン・フォーク調のアレンジだったのに対し、佐藤の自演はちょっとアップテンポで若々しいソフトロック調なのが面白い。しかしそれにしてもザ・ブロードサイド・フォーのリーダー、黒澤久雄黒澤明の息子だったわけで、その一世一代の大ヒット曲が親父の映画を手がけた作曲家だったということにも、今にして初めて気が付いた。