いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Al Martino

markrock2012-12-04

/ Sausalito ( Capitol / 1969 )


今日は下北沢フラッシュ・ディスク・ランチの30周年記念日(おめでとうございます!)ということで、駆けつけてみて。今年2番目に買ってしまった42枚。いやはやレコード屋にはじまりレコード屋に終わるいつも通りの一年だったと言うことになる。今年は店長の椿さんに店頭でワインまでご馳走になってしまった。今年はシングル45回転盤の面白さに目覚めさせてもらったり、マイク・フィニガンのいたグループで”Like A Rolling Stones”のカバーを聴いて思わず「下さい!」となったSurfsの盤とか色んな良い出会いがあった。私がフォーク演ってるなんて話になったら、昔は武蔵野タンポポ団聴いてたよーなんて意外な話も聞けたりして。


今一枚ずつ聴いているのだけれど、なにげない100円盤でこんなにうっとりする時間を過ごせたりするのだから、ヴィニール・ジャンキーは幸せなもんだと自画自賛してしまう。


2009年に82歳で亡くなっているアル・マティーノの1969年盤『Sausalito』。今年2012年の2月に(こちらも奇しくも82歳で)亡くなったアル・デ・ロリーのグレン・キャンベルで当てた全盛期プロデュース&アレンジということで間違いないイタロ・ヴォーカル盤。アル・デ・ロリーはカリフォルニアのセッション・ミュージシャン集団、レッキング・クルーの一員でもあった。そういや最近出た『レッキング・クルーのいい仕事』は良い本でした。そんなこんなで、弦の使い方がすでにグレン・キャンベルの諸作を思い出してしまう。A-2”Memories”とかA-5”Glad She’s A Woman”とかね。後者はジミー・ウェッブみたいでもあり。


ソングライターに目を移してみると、タイトル曲A-1”Sausalito”とB-1”Sandy When She’s Sleepin’”、B-4”Oscurita”はキャッシュマン・ピスティリ・ウェスト作。バフィ・セントメアリーもA-6”Take My Hand For A While”、B-3”Until It’s Time For You To Go”の2曲を。バフィは、フィル・スペクターとの活動で知られるジャック・ニッチェの妻でもあった。
カバーモノではクラシックス・フォーのA-3”Traces” とボックス・トップスのB-2”The Letter”(これがクラシックス・フォーの”Stormy”みたいなアレンジで、A-3と対になっている)を。


ロック・ファンはまず買わないこんな盤が最近の好みだ。