いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 Charlie Starr / Tough & Tender(Prophesy Records / 1971)

markrock2015-07-16




行きつけのレコード屋で会計を済ませた後「こんなの持ってますか?」と聴かれたのが盲目のSSW、チャーリー・スターの『Tough & Tender』ジェイムス・テイラーキャロル・キングなどのスワンピーなカバーも含む大好きな盤だ。



「それ大好きで持っています!」と答えるとどうも店長さん、A-1にちょっとだけビニヤケがあるので、プレゼントしようと思っていたらしい。こんなご厚意を無にしてはならないので、お礼を言って有り難く頂いた。

家に帰って久しぶりに聴いてみると、改めてとても良い。プロモ白盤で持っていた盤よりもボーカルやドラムスの音圧が高くてビックリした。ジェイムス・テイラーの"Riding On A Railroad"に始まり、ゴスペル・タッチに盛り上がるゴフィン&キングの"Sweet Sweet Sweet"、ジョニ・ミッチェルの"For Free"、ジョン・ストロール&ボビー・ワインスタインの"Coffee And Donuts"、そして再びJTの"One Man Dog"(本アルバムにサンクス・クレジットまである)と続くA面は息も尽かせぬ完璧な流れ。



ソングライター・コンビ、ジョン・ストロール&ボビー・ワインスタイン作品はB面にも。アメリカン・スタジオのチップス・モーマンのレーベルから出た二人の自演盤『Cook Me Up your Taste』も大好きだ。


チャーリーの自作も2曲入っているけれど、B-3"When Does A Man Become A Man"とB-5"Dirty Water"はエレキのブルージーかつソウルフルでロッキンなストローク弾き語りっていうのが凄まじく新鮮。"That Lucky Old Sun"の壮大なゴスペル・カバーも聴きモノだ。


レーベルのProphesy Records(配給はATCO)は1973年にジャクソン・シスターズの"I Believe In Miracles"を1976年のタイガー・リリーからのアルバムに先駆けてリリースしてもいる。プロデュースはルイス・マレンスタイン。ヴァン・モリソン『アストラル・ウィークス』『ムーンダンス』を手がけたことでロック史に名を残している。彼が手がけた同じく盲目のSSWターリー・リチャーズも忘れられない。アレンジはグラディス・ナイト&ザ・ピップスなどとの仕事が有名なトニー・カミロ。リック・マロッタなどNYの腕利きも参加している。

ちなみにマーキュリーから1969年にリリースされたファースト『Just Plain Charlie』は冒頭1曲目だけを聴くと一瞬カントリー。ただ、ボーカルの迫力はカントリーの枠に収まらない魅力があり、聴き進めていくと、2枚目の『Tough & Tender』に繋がるロック・ソウル色の強い楽曲も多くある。



ドイツのエピックから1972年にシングル"Memphis Tennessee/That Old American Dream"をリリースしている。ちなみに現役サザン・ロック・バンドであるブラックベリー・スモークのリーダーとは同姓同名だが別人だ。