いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Peter Asher & Albert Lee / Live ( 2018 )

markrock2018-07-01



先日の金曜日、ピーター・アッシャー&アルバート・リーの東京コットンクラブ公演、行って参りました。ピーター&ゴードン時代は妹のジェーン・アッシャーポール・マッカートニーと付き合っていた縁でレノン&マッカートニーの楽曲提供を受け、”A World Without Love(愛なき世界)”が全米No.1に。後にプロデューサーに転身し、ジェイムス・テイラーリンダ・ロンシュタットを手がけたピーター・アッシャー。ソニー・ミュージックの副社長までやっていたというだけあって、カリフォルニアの業界人そのものなチェックのド派手なスーツのいでたちで。ポール・ウィリアムスみたいな。一方のアルバート・リーは、ヘッズ、ハンド&フィート時代からの驚異のギター・テクニックを誇り、エリック・クラプトン・バンドでも活躍。エルヴィスはじめロックンロール経由(つまりジェイムス・バートン)でアメリカのカントリー・ミュージックにインスパイアされ、エミルー・ハリスのバンドをはじめ、本場アメリカに根付いた活動を行っていた。そういう意味でアメリカの音楽界に根を張ったピーターとも接点があったわけだ。


ピーターの相棒ゴードン・ウォーラーは亡くなっていて、チャド&ジェレミーのチャド・スチュワートと演ったりもしているみたいだけど、なぜあえてアルバートなのかと疑問に思っていた。でも、エヴァリー・ブラザーズから始まったステージやMC(ピーターは話し始めるとエピソードが止まらない!)を聴いていて氷解。アルバートは当然エヴァリーズに産湯を浸かり、ドン・エヴァリーのバンドにも加わり、1983年のエヴァリーズ再編バンドのギタリストにも抜擢された人。そしてピーター&ゴードンはサイモン&ガーファンクル同様、エヴァリーズのハーモニーに影響されてキャリアをスタートさせている。しかも今回のライブで冒頭”Crying In The Rain”を演っていたのがグッと来た。私にとってはアート・ガーファンクル1993年のアルバムでジェイムス・テイラーとデュエットしているヴァージョンを聴いたのが初”Crying In The Rain”。そのジェイムスと、”Crying In The Rain”を作曲したキャロル・キングを引き合わせ、キャロルに”You’ve Got A Friend”のジェイムス&キャロル競作の承諾をもらったのもピーターだった…ということで全てが繋がった感じ。



二人とも70を超えていて、声が出ていたとは言い難いけれど、リラックスしたアコギの弾き語りは素晴らしかった。しかもファースト・ステージだったからか、自由席だけど2列目。リビングルームでくつろぎながら弾き語りを聴いているような。しかもアルバートはかなり控えめで、ギターを弾きまくらない。もっと弾いて欲しかったけれど(笑)。二人ともジミー・ウェッブをレスペクトしていて、アルバートは近作で演っている”Highwayman”をピアノの弾き語りで披露。ジミー魂が乗り移ったような素晴らしいヴァージョンだった。”Lady Godiva”や”I Go to Pieces” を聴くとやはりホンモノだな、と。エドサリヴァン・ショーの映像で観て以来一番好きな”I Don't Want To See You Again”は予想通り演らなかった。


会場でピーターが自主盤の販売をしていて驚いた。市場には出ていないかも、と思って買ったけれど、2016年の二人のライブ音源『Peter Asher & Albert Lee / Live』アルバートフェイスブックから購入可能であるようだ。あとピーター&ゴードンのベストと『Produced by Peter Asher』というそれぞれ2枚組があって、後者を入手。後者はこんなの販売して権利的に大丈夫なのか?と思ってしまったけれど、peterashermusic.comが編集した2枚組44曲・2500円。1968年のポール・ジョーンズに始まり、ジェイムス・テイラーリンダ・ロンシュタットアンドリュー・ゴールド、シェール、J.D.サウザーリンゴ・スタービリー・ジョエルジュリア・フォーダムモリッシー、ディキシー・チックス、近年ではスティーヴ・マーティン&エディ・ブリケル、エド・シーラン、フォール・アウト・ボーイまでを収録。プロデューサーとしてのキャリアを一望できるプロモ盤といった趣だった。


終わった後は思い入れのあるレコードにサインをもらう。アルバートは「えらい保存状態がいいね〜」なーんて。