いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094554j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210318102719j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

山田秀俊(HIDETOSHI YAMADA)/ HOW DO YOU DO? (YMD-0001 / 2016 )

markrock2018-04-20



ナイアガラーならチェックしているであろう、大滝詠一『ロング・バケイション』のクレジット。

キーボードを担当する一人はそう、山田”笑い上戸”秀俊…というわけで(誤字あり!)。そのピアニスト・ソングライター・アレンジャーの山田秀俊が2016年自主レーベルより、65歳にして初のソロ・アルバムをリリースしていた(通販開始は昨2017年)。今聴き終わったところだけれど、ただただ唸ってしまう。シティ・ポップ再評価のムードに完璧にマッチした、AOR気分満載、英語詩によるスムース&メロウな傑作だと断言したい。リゾート気分なジャケットも、本日4月21日開催のレコード・ストア・デイ・ジャパンのオフィシャル・ガイド・ブック(永井博デザイン)と並べてみたい感じ。

山田秀俊は同郷大分県南こうせつから、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった かぐや姫 のバックに誘われたことが音楽活動の本格的なスタートであったようだ。その後EAST解散後の吉川忠英のバンド、吉川忠英&ホームメイド(徳武弘文も在籍)に加わり、五輪真弓吉田拓郎ビリー・バンバン原田真二をはじめ数多くのアーティストのサポートを務めている。以後セッション・ミュージシャンとして参加したアーティストは松田聖子中森明菜小泉今日子中山美穂、さらに長渕剛浜田省吾中西圭三さだまさし杉山清貴からSing Like TalkingMisiaEXILEKinki Kids、NEWSに至るまで…つまり70年代前半に一大市場が完成したフォーク、ニューミュージックから80年代のポップス、アイドル、90年代のJ-POPまで…日本の戦後ポピュラー音楽史の歩みとともにあった、と言っても過言ではない歴戦のミュージシャンなのである。

そんな彼がライブハウスを回り、自ら弾き語りで歌うようになった…というのは、パーキンソン病を経験し(一時演奏不能にまでなったという)、音楽人生の後半で自らやり残したことがあったと考えたからなのかもしれない。しかしその活動は、肥大化した音楽シーンがある意味、適正な市場となった今の時代の気分にフィットしているように思えてならない。ちなみにワタクシ、たまたま山田秀俊さんのHP(https://hidetoshi-yamada.jimdo.com/)に辿り着き、本盤を試聴してとにかくビックリ!してしまい…すぐさまメールをお送りし、注文させていただいた次第。M-1〜M-5は「静寂」「葛藤」「別れ」「嘘」「回想」とタイトルがついたインスト。これがまたリリカルかつエモーショナルで、とっても良い。シンガー・ソングライターが歌っているようなピアノ、とでも言いますか…そしてM-6”Rediscover”からM-14まで英語詩による歌モノが始まるのだけれど、時にジャジーで良質なAORの粋を尽くしたクオリティの高い楽曲、何よりそのクリスタル・ヴォイスに聴き惚れてしまった。”Lost In You”での多重コーラスやファルセットも素晴らしい。どうしても個人的なイメージだけれど、大滝詠一『ロング・バケイション』エヴァーグリーンな魅力と重ね合わせてしまう。ビル・カントスやランディ・グッドラムなんかが好きな方もハマると思います。ミディアム・バラードM-10”In My Dreams”の間奏では名手・大久保明のギターも凄まじかった。スティーブ・ルカサーやジェイ・グレイドンを思わせる存在感のあるプレイ…そしてラストのM-15”まどろみ”は再びインストで、しっとりと作品を締めくくっている。意図してのことと思うが、曲と曲の継ぎ目を無くしてあり、桃源郷のような場所に連れて行かれたまま、最後まで帰してもらえないような。こんな音楽が好きだ。これからもずっと、素敵な音楽を作り続けて欲しいと切に願っている。