いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

マギー・メイ〜実川俊晴のポップ・センス

markrock2016-12-02



クリンク・レコードからマギー・メイの『12時のむこうに〜アンソロジー 1969−1975』が出ている。今までどうして出なかったのかなと思うくらいの仕上がり。アルフィー坂崎幸之助坂崎幸之助のJ‐POPスクール』岩波書店)で推しまくっていたという記憶があるけれど、CD化されることはなかった。その本も2003年に出たから13年も経っているとは。

なぜかLPも中古市場にあまり出てこなかったから、本当に売れなかったのかも。アルフィー同様、ガロ・フォロワーのグループ。ガロのファーストやサードにあるCSN的部分を引っ張ってきた感じ。音を聴くだけで微笑ましい。他にも日本の70年代B級バンド(失礼!)でCDになっていないものはまだ結構あるような。坂田修がいた宿屋の飯盛とか、初期RCフォロワーの藁人形と五寸釘とか、田舎芝居とか。結構好きでLPを聴いている。やっぱり大ヒットが出るかどうかは大きかったのかな。BUZZなんかは特大ヒットがあるから知名度で生き残れる。



ビートルズ・チルドレン世代のフォークやロックは、戦後の経済成長とパラレルになったある種の成功物語がある。とりわけポップ・マインド溢れる洋楽系の人たちは70年代初頭のフォークの時代にうまく乗れなかった人が多いから。うまく乗れたせいでおかしくなってしまったガロの失速もある。ガロはむしろ後年、後期のアルバムが評価されたり。斉藤哲夫にしてもフォークからポップに展開して、過渡期もありつつ今の君はピカピカに辿り着いて行った。大滝詠一もそう。エレックからコロンビアに行ってアルバム乱発していた時期は、どう考えてもどん底だったはず。ロング・バケイションが起死回生の一発になったけれど、当時業界からは信用を失い見放されていたみたいだし。レッツオンドアゲイン、じゃ見放されても仕方ないかもしれないけれど!



そう思うとマギー・メイの実川俊晴の場合は、キテレツ大百科のテーマ、あんしんパパ名義で出した「はじめてのチュウ」がその成功物語に当たるのかな。ただ、匿名化されていたから、評価が遅れたのだろう。SMAP木村拓哉がかなりしつこくレスペクトして自身の番組に出したりしていたのは、美川憲一におけるコロッケのようにカナリ効果があった気がする。渋谷系的ディグ精神。

実川俊名義のソロも続けてCD化されるのだろうか。期待。1979年の『ふりむけば50億』は本当にすばらしい作品。当時売れなかったのもよくわかるけれど(手元にあるのもサンプル盤だし)、それは大滝詠一『ナイアガラ・カレンダー』が1978年にバカ売れし得なかったのと同じ理由だと思う。バックのセッションメンも一流、完成度の高い楽曲もポップスの玉手箱的で、大滝のポップ・センスに相当近いものを感じる。というか声が荒木和作とソックリ、というのが、大滝色を感じさせる部分かもしれない。歌詞の世界も1980年代的感性に足を突っ込んでいて、トータリティもばっちり。