いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 大滝詠一

markrock2014-03-28

/ EACH TIME(イーチ・タイム) 30th Anniversary Edition( SONY/NIAGARA / 2014 )


やっと暖かくなってきました。クーラーも暖房もないレコード部屋でいつも聴いているものだから、この時期になるとターンテーブルは回り続けて。とか言っていたら昨日タンテのベルトが緩んで止まっちゃって。10年以上使っているから、ゴムもそりゃ劣化するんですね。調べるとちゃんと替えが売っていた。DJユースなんで当分メーカーは消えないな、と踏んで買ったVestaxやるな、という感じです。



最近は制作・レコ買い・制作・レコ買いの繰り返し。3枚目のアルバムも9割方は完成した所。芽瑠璃堂さんとも関わりの深いインディー・レーベルさんのディストリビューションで今回は出そうかと思っている。夏までにリリースできれば良いのだけれど。そう、あとはアレンジの嬉しい依頼もあって。こういう作業は本当に楽しい。自分のために作るのと、相手を思って作るのとは全然違う。まだまだ作業途中ですが、AORっぽいものとか、自分の音楽にはないものが出来そうな予感もしている。


さて、偲ぶ会が営まれた3月21日が過ぎて行きました…もちろん今回は買いました! 『イーチ・タイム』。一体何枚持ってるんだ、と身近な人に説明するのは難しい。最低6枚はあったりするわけで。



大滝さんの中でも最後のオリジナル・アルバムである『イーチ・タイム』30周年記念盤のリリースは、一連の再発プロジェクトの最終章でもあり、ホッとするものであったことは間違いないだろう。曲順も最終版。この世の中からいなくなってから、最後の一枚がリリースされるなんて…まるで出来過ぎた天からの贈り物のような、そんな気がしているファンも多いのではないかと思う。



甲乙付け難く、どちらも何千回も聴いたにせよ、個人的には『ロング・バケイション』より『イーチ・タイム』だったという事実。そういうファンの方もいらっしゃるのかな。メロディ・タイプ、リズム・タイプの定石を並べた前者を最高峰とする声の方が多いように思うけれど、ロンバケの方が、いわゆる元ネタに忠実過ぎる作りかな、なんて。そういう意味では熟し切ったメロディ・タイプを集めた『イーチ・タイム』の方が、アメリカン・ポップスやらブリティッシュ・ビートやらを咀嚼したイーチ・オータキ独自のメロディ・ラインが見て取れるような、そんな気がしている。ここまで来ると、なぜかビーチ・ボーイズには聴こえないんですよ。大滝さんにとっては、それが逆に照れくささかったのかもしれないけれど。そして、甘美な想い出を遠く眺めるような距離感がこのアルバムの肝かな。



音圧ドーン、な20周年盤より暖かみのある音なのも良い。マスタリングの流行もあるのだろうけれど、90〜00年頃の音圧上げ合戦みたいなものも終息して、再びアナログに忠実になって来ているのかな。2枚組でカラオケ付きだが、これがまた演奏に耳がいく分新しい発見もあり、とても良い!”1969年のドラッグレース”のギター・ソロとか神ですよね。音楽制作のヒントも沢山隠れている。高校生の頃、お金も無く…借りたこのアルバムをカセットに録ってヘッドフォンで聴いたものでした。でもよーく聴くと、どこかで音が飛んじゃったりして。メタルテープ(死語ですね…)とか色々試したものの、カセットの限界だったかもしれません。この分厚い音がオリジナルのまま、CDで存分に聴ける、なんて幸せなんだ!



関連図書も色々出ている。レココレ誌の特集(3月号 追悼特集 大滝詠一 1969-1979)は久しぶりに力の入ったものでとても良かった。毎回これくらい充実した記事が読みたい。『ケトル』という雑誌も特集号(VOL.17 大瀧詠一が大好き!)を組んでいたけど、小ぎれいな作りというか、ギョーカイ人の軽〜いノリ満載でさほどでもなかったかな。そう思うと70年代の宝島とか、あの熱さと圧倒的な文字量は一体何だったんだろう。海外雑誌やカルチャーの翻訳文化だったゆえの高濃度だったのだろうけれど…。あとは木村ユタカさんの『ナイアガラに愛をこめて 大瀧詠一ルーツ探訪の旅』。まだ注文中で届いてないけれど、間違いなく良いでしょうね。大滝さんのアルバムは聴けば聴くほど、あれも聴きたい…が止まらなくなるから凄い。ハニーカムズとか、レコードを引っ張り出して聴いてしまうわけですよ。あとレココレ増刊大滝詠一 Talks About Niagara コンプリート・エディション』は旧版以降のインタビューなどを加えた決定版で必読!これとかレココレに載っていたラジオ・プログラムの楽曲リストなんかを読むと、ボブ・ディランのテーマ・タイム・ラジオ・アワーの如く、近年の大滝さんのライフワークだったラジオ番組の活字化をも希望するのみ…大滝さんの場合、文章も落語みたいだったから、ゴー・ゴー・ナイアガラ以来のラジオDJは天職だったのかも。


↓ジャケットは「絵」ですが、こちらは今の「写真」だそうです。ネットで拾ったモノなので、もし問題がある場合は削除しますのでご連絡下さい。