いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ラジオの日々

markrock2018-05-07


先日取り上げた山田秀俊さんのアルバム『HOW DO YOU DO?』だけれど、レビューを読んでくださった方からCDの注文が届き始めているとスタッフの方からお便りをいただいた。ご本人も喜んで下さっているとのこと、なんとも嬉しい。そうなると、松田聖子大滝詠一のレコーディングで弾いている名フレーズも飛び出すというライブにも是非ともお邪魔したくなってきた。さて、嬉しいといえばワタクシ、今さらながら鈴木茂ファンクラブに入ったのだけれど、なんとご本人からメッセージへの返信とサイン入りハガキが届くというサプライズが!はっぴいえんど鈴木茂 大先生のハガキなんて末代までの家宝決定ですよね。音楽は喜びに充ちている。

さて、最近は音楽関係ではないタイトな〆切の辛い原稿書きもあって、悶々と過ごしていたのだけれど、レコードを裏返すのも面倒になり、ふとラジオが欲しい!と思い立った。インターネットでいつでもどこでも聞けるradicoでいいじゃない、と思うかもしれないけれど、それではダメなんですね。ポッドキャストYouTubeでも面白いプログラムがあるんだけれど、もっとシンプルな箱型のトランジスタラジオをですね、今さら欲しいと思いまして。YouTubeとかもオーディオで鳴らすと、圧縮データであるせいか、何時間も聴いていると流石に耳が痛くなってくる。実はオーディオのラジオ・チューナーの調子が悪いので、最近はラジオを聴いていなかったし、中学生の頃から愛用していた携帯ラジオは実家に置いてきたままになっていた。

ということで、古いラジオをネットで探していたら、ビビッとくるデザインを発見。SonyICF-9740というやつ。完全に昭和30年代の家電の雰囲気だけれど、1981年発売(私が2歳の頃)のモデルとのこと。それでもかなりのロングセラーで、台湾メイドで2000年代まで現行品だったらしい。中古で取り寄せてみたけれど、おそらく80年代産。おそるおそるコンセントに差し込むと、電源はついたものの、「ラウドネス」機能は死んでいる。もしや受信も…と不安になったものの、AMもFMもバッチリ!!だったので安心した。ワイドFMも対応している周波数は一部聴ける。音はさすがにまろやかで温かい。耳疲れしない、いわゆるラジオらしい音だった。日本でいえば1925年以来ですか、変わらず存在しているメディアは偉大だと思う。ちなみに、FMトランスミッターでわざわざオーディオの音を飛ばして、ラジオで聴いている人もいるみたい。結構マニアックだけれど、こもったようなぬくもりのあるラジオの音がいいのかも。帰宅して腰掛けると、プチっとダイヤルをひねっている毎日だ。