いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Lost Gonzo Band / Signs Of Life (Capitol / 1978)

markrock2018-05-19


サンタフェで銃の乱射事件があったとのこと。本当にうんざりする。気付けば日本でも世界でもうんざりする事件が毎日のようにおこっている。世界はあまり良い方向にいっていないのかも。どこを見回してもリーダーの人相が悪くなってきているでしょう。経済合理性は人間をずるっこい顔つきにする。そう思って鏡で自分の顔も確かめてみる。ところでサンタフェときいてニューメキシコ州サンタフェだとばかり思っていた。日本では宮沢りえが写真集を撮ったというイメージだけれど、個人的にはネイティブ・アメリカンの居住区があることもあって、昔たずねたことがある。でもニューメキシコではなくテキサス州サンタフェだった。テキサスはアメリカでいえば保守的な中西部にあり、銃所有を支持する人達が多くいるのではなかったか。とはいえ音楽的にいえばアメリカでも、突出して豊饒な風土。

最近何十枚か爆買いしてしまった中に、ロスト・ゴンゾ・バンドのセカンドがあった。スタンダード化している”ミスター・ボージャングルズ”をつくったジェリー・ジェフ・ウォーカーのバックを務めたテキサスのオールスター・バンド、というイメージ。ファーストはもっていたけれど、そこまで愛聴していたわけでもなかったから、全く期待していなかった。しかし針を落としてみてビックリ!!むちゃくちゃポップで爽やかな西海岸の香りまで漂うカントリー・ロック作品だった。よく考えてみればキャピトル移籍作だし、1978年というAOR全盛期に差し掛かる時代性を考えてみればわかる。音だけでいうと個人的に愛してやまないクリス・ヒルマン&ハーブ・ペダースンのデザート・ローズ・バンドととても良く似た感触。ポップ・ソウルっぽいビートやちょいトロピカルな感じの曲もありつつ。メンバーのゲイリー・P・ナンやロバート・リヴィングストンなどが持ち寄った楽曲はどれも素晴らしい。ゲイリー・P・ナンはソロ・アルバムもとても良い。今も続くテキサスの人気TV番組オースティン・シティ・リミッツのテーマ曲として2004年まで親しまれた”ロンドン・ホームシック・ブルース”も手がけており、それがこのロスト・ゴンゾ・バンドの『Signs Of Life』には入っている。