いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Bobby Bridger / And I Wanted To Sing For The People(RCA / 1973)

markrock2019-01-26


テキサスのシンガー・ソングライター、ボビー・ブリッジャーの1973年RCAからの2作目。60年代後半にはカントリー寄りのレーベル(何しろロイ・オービスン、クリス・クリストオファスン、トニー・ジョー・ホワイト、そしてディキシー・チックス!)という印象のモニュメントからシングルをリリースしている。今作はRCA、そしてテキサス出身というだけで無骨なカントリー寄りの音を予想してしまうけれど、バックアップがレッキングクルーだから、という理由で聴いてみたところ、素晴らしい仕上がりだった。ハル・ブレイン、ジョー・オズボーンの良い仕事。そこに、ニール・ダイアモンドやマーク・ノップラービリー・ジョエルなんかのバックをやっていたリチャード・ベネットのギター、そしてスプーナー・オールダムのピアノなんかが入る。マキシン・ウィラード、ジュリア・ティルマンらのソウルフルなコーラスも。ロン・クレイマー制作のカリフォルニア録音。割とウェットでスワンピーな楽曲と、音のカラッとした響きのバランスが抜群に良い。ロスト・ゴンゾ・バンドやボビー・ゴールズボロなんかにも楽曲提供をしていたみたいだけれど、良い時代のスリー・ドッグ・ナイトを思わせるような良質のスワンプ・ポップを展開している。サイモン&ガーファンクルのような繊細なフィンガー・ピッキングのフォーキーな曲もアリ。S&Gもレッキング・クルーですから似ているのも当然。素晴らしい!そして今も現役(http://www.bobbybridgermusic.com/band/)。