いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 チャーリー・マッコイ2014来日公演(CHARLIE McCOY LIVE IN TOKYO WITH HIS FRIENDS)

markrock2014-10-16



ここしばらくの音楽日記を。3枚目のアルバム、芽瑠璃堂さんでも長らくトップページでプッシュしていただいたり(ありがとうございました…)、レココレ誌やミュージック・マガジンでも取り上げて頂けたり、好意的な手応えが感じられた。とても嬉しくありがたいことだ。音楽が使い捨てられる時代だからこそ、息長く聴ける普遍的な音作りを目指しましょう、とプロデューサーの馬下さんといつも話ながら作っていた。遅々としてでもいいから、少しずつ音楽の輪が広がっていけば嬉しい。



3枚目の制作の勢いで依頼されて作った、三鷹の保育園での楽曲作りも楽しかった。夏祭りでの音頭に続き、先日の運動会ではサンバ。子どもたちが踊っている姿を想像して、こちらも馬下さんと二人で作った。馬下さんのアレンジが素晴らしくて、どこかで発表できればいいなと思ったり。身近な誰かが喜んでくれる音楽が素直に楽しい。



楽しいと言えば先日の連休、合間に15分くらい立ち寄った新宿の某中古レコード屋。15分限定と心に決めてそれこそ鬼の形相でレコを掘っていたら、隣に銀髪の男性がレコを品定めしている。誰かと何気なく見たら、ジミー・ペイジだった…という件。握手会で来日していたんですね!今思えば愉快ながら、あの時はちびりそうになった。目を合わせた時、アッ…と何か言おうとしたんですが、そのままスッときびすを返し微笑んでフロアを去って行かれました。気付かれた、と思ったから?てか気付くでしょ…ちなみに品定めしていたのはフィル・スペクター在籍、テディベアーズのオリジナル盤5桁でした。

                                                                                                                                                                • -

そして火曜はチャーリー・マッコイ来日公演(吉祥寺スター・パインズ・カフェ)に行って参りました。エリアコード615、ベアフット・ジェリーと言ったら、カントリー・ロック・ファンやシンガー・ソングライター・ファンにもお馴染みのナッシュビルの敏腕セッションマン集団。その中でも類い希なるハーピストとしてアメリカNo.1といってもいい名声を誇ったのが、彼チャーリー・マッコイ。

呼び屋はお馴染み麻田浩さんのトムズ・キャビン(http://toms-cabin.com/Charlie2014/index.html)で、日本ツアーで何公演も回っているとのこと。いくらチャーリーでもそんなにお客さん入るのかな〜なんて思っておりましたが(失礼!)、熟年カントリー・ファンで一杯でして。カントリーってコアなオールド層に加えて、ブルーグラスなんかがそうですが、バカテクに走る楽器大好き人間達も群がったりしますから、結構需要があるのだと知りました。そして、京都なんかでは結構熱いのですね。

かくいう私は、20代をほぼ捧げた米60〜70年代のシンガー・ソングライター探索の旅で出会うべくして出会ったのでありまして。何と言っても、DISC FILEの店長さんにさりげなく紹介されたのが大きいかな。エリアコード615より1972年の『Barefoot Jerry』が先だった。細野晴臣が影響を受けた可能性がある、って。確かにはっぴいえんど解散〜ソロへ、という時期のアルバム。聴いてみると、1曲目の”Castle Rock”はムーグ・シンセ。YMOか!とか思ったり、ウェイン・モスのボーカルが細野さんそのものな”One Woman”にも度肝を抜かれた。



…チャーリー・マッコイ、エルヴィスからジョニー・キャッシュドリー・パートン、クリス・クリストオファスン、ロイ・オービスン、リンゴ・スターのカントリー・アルバム、ウィリー・ネルスン、ウェイロン・ジェニングス、ヴィンス・ギル、パティ・ペイジ、チェット・アトキンス、PP&M…参加アルバムは限りなし。でも恥ずかしながら、S&Gの”The Boxer”のベース・ハーモニカも彼だったというのは知らなかった!ディランの『Blonde On Blonde』『Nashville Skyline』でギターやベースなんかでプレイヤー参加しているのは知っていましたが、”雨の日の女”の”Everybody must get stoned”のトランペット、ロイ・オービスン”Pretty Woman”のサックス、他にもオルガン、トランペットなどのセッションも。マルチ・プレイヤーなのですな。

ライブの中身は「スゴイ」の一言。ハープの一音を聴いただけで、本物(『The Real McCoy』というグラミー・受賞アルバムもありました)と判る超絶テクニックと歌心(ハープも「歌って」いたし、3分の1(?)くらいの曲で披露した生歌もたいしたもので!)…まったく飽きさせない流れ。様々なキーのハープを巧みに持ち替えて演奏し、息もつかせぬブルーグラスの高速フレーズをジャスト・タイミングで繰り出し、全編吹き続ける…その肺活量も半端ではないし、しかも音が太い太い。いやー、アメリカン・サイズのステージでした。しかも1942年生まれ、えっ、てことは73歳ですか!っていう、現役バリバリの音に打ちのめされた次第。



初っ端印象に残ったのはやっぱりカントリーの人懐っこさと情感に満ちた”Always On My Mind”。これでキたな、と思いました。”Help Me Make It Thorough The Night”、”Georgia On My Mind”、”Blue Bayou”(オービスンのオリジナル・セッションにも参加している)辺りは十八番の世界。



そして40年代のビッグ・バンド・エラにテキサスやオクラホマにはサックスは無かったからカントリーの楽器でそれを演奏したんだ、ウェスタン・スウィングを演ろうか、なんて言って”Ace In The Hole”や”Route66”。吹いたかと思うと、歌の方も若々しくお上手で!さらにはグレン・ミラーChattanooga Choo Choo”、カウント・ベイシー”One O’clock Jump”、そしてルイ・ジョーダンの”Choo Choo Ch’Boogie”まで!昔話のようだけど、チャーリーの生まれた時代ですからね。大体同い年のディランがいまウェスタン・スウィングを思わせる世界に突入しているのも頷けた。

そしてマッコイはアイリッシュ・ネームだ、なんてことで、ケルトなアレンジの”The Water Is Wide”や自作の”Whiskey Before Breakfast”なんて笑えるタイトルの曲もあり。オリジナル”Kyoto By Night”や坂本九のスキヤキソングではちゃんと日本受けも練られていて。ラストショーのリズム隊島村英二、河合徹三のバッキングも素晴らしい演奏。70〜80年代はまさに彼らが日本のエリアコード615となったわけだ。特筆すべきは凄まじいテクニックを持つギタリスト古橋一晃。ゲストの徳武弘文(チャーリーの最新作『Smooth Sailing』には徳武氏のSSWやってる娘さんのお名前”Leona”なんて曲も)を圧倒する勢いで。ただ徳武氏のギターももう少し聴きたかった。松田幸一とのリトル・ウォルター共演も凄かったし、ゲスト交えた代表曲”Orange Blossom Special”でのソロ回しも…最後は関西で覚えた「おおきに!」を連発…



新作『Smooth Sailing』にはベアフット・ジェリーの”One Woman”をチャーリーが歌うテイクや、”Rainy Night In Georgia”に”From A Distance”なんかも入っている。ライブでも演っていたニュー・オーリンズもの”I Love New Orleans Music”も良かった。

https://www.charliemccoy.com/