いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

なぎらけんいち / 春歌 (kaleidoscope / 1974)

markrock2018-02-25


先日、私のブログのコメント欄をふと見てみたら、なんと、なぎら健壱さんご本人らしき方から書き込みが。2010年に書いたライブ評と、元・歌のおにいさん、坂田修さんとのフォークマン・ブラザーズを取り上げたページだった(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20101201)。「ライブ来て下さい」とあったから、行かないわけにはいかないでしょう!ということで、スケジュールを調べてみると、となり町・吉祥寺マンダラ2で定例ライブがあるじゃありませんか!早速予約しまして。私の大切な音楽パートナー・馬下さんとも偶然タイミングが合いまして、一緒に行って参りましたよ。いつまでもあると思うな式で、行ける時にライブは行かなきゃいけませんね…

泣く子とオリンピックにゃ勝てぬ、じゃないけれど、いつもに比べるとお客さんは少なめだったのかな。それでも花粉症(とは一生認めない、とおっしゃってましたが)をものともせず、ゴキゲンなホンキー・トンク・下町カントリーを聴かせてくれました。毎月フラッと行きたくなる居心地の良い空間で。歌の合間の喋りはもう落語の名人芸ですね。馬下さんは「すべらない話」に出た方が良いと言っていたけれど、そんな感じで。先日お亡くなりになった大杉漣さんのことにも触れていて、もちろんその名の由来になった高田渡のご子息・高田漣さんの、一般人には到底知りえぬエピソードもあった。

バンドのオウンリスクはとても良い。アメリカのカントリー(イギリスならパブロック)ならではの、よそゆきの部分のない気さくなサウンドにほっこり。カントリー、フォーク、ロック、ウェスタン・スウィング、演歌、ロカビリーをごった煮で料理する。それにしてもペダルスチールは桃源郷ですね。ホソノさんのバンドとかと、辿り着いている場所は実は一緒なのかもしれない。『この夜に…』からの曲が多かったけれど、個人的にはライブで聴いたことがなかったので、嬉しかった。さらに、40周年アルバムにして最高傑作『夜風に乾杯』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20121201)からの曲に加え、初期の「舟が出る」とか、「トラック・ドライビング・マン」、そして「あの娘にヘッドロック」も盛り上がりまして。「四月十日の詩」はここ数年の鼻歌第1位なので、今度は聴いてみたい。

なぎら健壱としての濃ゆいタレント性に覆い隠されているけれど、正統派フォーク・シンガーとして、民衆に歌い継がれてきた楽曲を、愛情篭めて歌い継いできたその姿勢には敬意を表したい。近年だと演歌師のレパートリーなどを取り上げた『裏技』も名作だった。

そんなこんなで、終演後にブログの件を確認すると、やはり書き込みはご本人で。私のアルバムもお渡ししつつ、編曲をやってくれた元・竜とかおるの佐藤龍一さんのお話をしたら、まだ現役で頑張っておられることを驚いてもいた(かつての「龍」さんのイメージが強くて、結びつかなかったみたい)。なぎらさんともども、元エレックでしたよね。そして、最近CD化された『春歌』も持参して。

コレは発禁盤だとか怪盤だとか、色々言われてますが、はちみつぱいや洪栄龍のスラッピージョーをバックに、全国から採集した春歌を歌った、フォークウェイズ並のお仕事。持参したこのLPジャケットを見つけると、前に座っていた方から、「これ、高いですよね〜ディスクユニオンとかで凄い値段付いてますよ!」と話しかけられて。その口調にレコード・クレイジーとして何となく同じ匂いを感じたんですが、ライダー俳優の半田健人さんでした。これまた後でちょっと調べてみると、ライブでなぎらさんの「葛飾にバッタを見た」を歌っておられるとのこと。超イケメン・ライダー俳優・半田さん、最高すぎますね!