いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Clover / Same (Fantasy/ 1970)

markrock2018-02-09


ドゥービーズのジョン・マクフィー、そしてヒューイ・ルイスやアレックス・コールが在籍したクローヴァーのファースト。長いこと2in1のCDで聴いていたから、オリジナルを買うというアタマがなかったけれど、久々に行った渋谷レコファンで1000円もしなかったので捕獲。改めて70年前後のファンタジーの硬いヴァイナルを手にすると、良い感じですね。同じレーベルのCCRのフォロワーと言われるのもわかる土臭いサウンド。サイケの残り香は比較的薄い(長尺ソロを含む”Wade In The Water”はあるけれど、これでもドゥービーっぽくさえ聴こえる)。しかしCCRとも違うのはジョン・マクフィーのギターが上手すぎること。カントリー・タッチのトゥワンギーなギターのリックは天才的なセンスだと思う。同じくドゥービーズに入ったアルティメット・スピナッチのジェフ・スカンク・バクスターなんかとも同じで、際立っているギターの演奏力。大音量でついつい聴いてしまった。ガツンと来ます。



この時点ではヒューイ・ルイスはまだメンバーではない。ちなみに後に同じくヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのメンバーとなるショーン・ホッパーなんかをメンバーにしたクローヴァーは、エルヴィス・コステロのファーストのバックバンドを務めるんですよね。不世出のドラマー、TOTOジェフ・ポーカロがメンバーだった時期もあるみたい。