いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Various Artists

markrock2010-05-05

/ 武蔵野フォークジャンボリー ‘85( RCA / 1986 )


1985年の吉祥寺フォーキー達の同窓会公演を収めたモノ。吉祥寺バウスシアターでのライブ。手元にあるのはVividから再発されたCDだが、もう廃盤になってしまっているようだ。中身は濃くて素晴らしい。時代的に言えばフォーク冬の時代。とはいえ、70年代だって80年代だって90年代だって根本的には全く変わらなかった彼らがなんとも微笑ましい。


メインの出演者は遠藤賢司なぎら健壱斉藤哲夫大塚まさじ、渡辺勝、中川イサト高田渡。”ぐぁらん堂”なんてキーワードで括れそう。


しょっぱなからエンケンのエレキ弾き語りで”東京ワッショイ”と”満足できるかな”。続く”カレーライス”はアクースティック、という動と静は近年のステージも変わらない。なぎら健壱は、坂田”おさむお兄さん”修とのフォークマン・ブラザーズで初出となった”フォークシンガー”を。武蔵野タンポポ団のメンバーでぐぁらん堂のマスター、村瀬雅美がベースで参加。ホロッとさせるユーモアが実に上手いが、ピー音が入る。


斉藤哲夫はレコーディングがなかった時期でもあり貴重。弾き語りで”ダンサー”、”恋をしよう”、バンドで”オー・スザンナ”の3曲を。フォスターの”オー・スザンナ”はタンポポ団的選曲ながら、かなり80代的なアレンジ。しかし声のハリなんかは尋常じゃないな、と。大塚まさじシャバダバBaby”は友部正人と大塚との共作。渡辺勝は近年も聴ける独自のジプシー・ソング風世界観を既に構築、”The Summertime Killer”を演っている。目玉は故・高田渡かな。草野心平の詩に曲を付けた”朝の夜の会話”はかくしゃくとした弾き語りで。”こいつは墓場にならなくちゃ”、”私の青空”はバンドで収録。


さて、13曲目の”オー・スザンナ”から”私の青空”、なぎらの”朝までつきあってやるぜ”、ラストの”プカプカ”までは豪華セッションバンドにて。メンツを見るとギターは中川イサト、松本典明、渡辺勝、ラップスティールに村上律、マンドリン高田渡、ベースに村瀬雅美、コーラスは中山ラビ友部正人山本コータロー、サスケ、海援隊の千葉和臣、などなど…という。双子のフォーク・デュオ、サスケのお二人など、私が20歳くらいの頃、似付かわしくないがお台場でジョイント・ライブをやったこともあり、名前を見つけてなんだか懐かしくもなった。