いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 なぎら健壱

markrock2012-12-01

/ 夜風に乾杯( ポリスター・ソングス/ウルトラ・ヴァイヴ 2012 )


1994年頃だっただろうか、アルフィー坂崎幸之助司会の『BSフォーク大全集』なる番組があって。日本における70年代フォーク再評価に決定的な影響を与えた番組だと思う。私と同世代のフォーク・ファンはこの番組で高田渡友川かずき斉藤哲夫遠藤賢司を知ったのだった。しかししかし、70年代ブームは終わり、80年代ブームも飽き飽きした昨今、いまだにコテコテのフォークを歌い続けているシンガーは亡くなってしまったり、メディアにもめっきり姿を見せなくなったり、している。坂崎さんだけかな、BSフジでお台場フォーク村を続けているんだけどね。


そんな所でなぎら健壱の新作『夜風に乾杯』をついつい買ってしまって。これがなんだか沁みたんだな。やっぱりこの線で私も歌い続けていこうかな、とフォークがもはや伝統芸能化していると自覚しつつ、思ってしまった。


近作では出色の出来じゃないかな。FFAからのなぎら健壱&オウンリスク名義の作も良かったけれど、ジャケットがイマイチで。それに比べると、東陽片岡氏のイラスト・紙ジャケ仕様の今作はそのアートワークだけで、見事なもの。下町の猥雑さが良く出ている。


1年前にライブで聴いた、日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」エンディングテーマの”踏切”でスタート。そしてウェスタン映画と昭和の映画館が思い浮かぶ”デュークによろしく”。ホントいいなぁ、というね。ここまでコテコテのカントリー・フォークを演っている人も減ってきたものだ。うん、次のアルバムはこの路線で演ってみよう(笑)。フォーク世代の気概は高石友也のカバー”労務者とは云え”(元曲はボブ・ディランの”Only A Hobo”)とか、”第三次世界大戦を見守る唄”にあり。ラストの”時代のG・1972年”の「GuthrieのG」なんて歌詞も良かった。現代のウディ・ガスリーが居て欲しい。”英ちゃん”みたいな弾き語りも、いやー、新鮮。そうだった、自分はもともとこんな音楽に憧れて音楽始めたんだったとな〜、となりました。バンドのギタリスト松本典明氏のカントリー、フォークからジャズ、ブルーズを含めたアメリカン風味たっぷりの音作りも強力かな。そうそう、タイトル曲にはサンボマスター山口隆がボーカル参加!


初回限定盤にはボーナスCDとしてたいやきくんのB面”いっぽんでもニンジン”、落語+フォークってな語り芸の名作”葛飾にバッタを見た2000(LIVE)”を収録。いやはや、現在のなぎらさんのありようが「和」の語り部であるってのも、戦後アメリカ文化がどっぷり日本文化に根付いた証拠だと私は思っている。(詳細は10年近く前に書いた「なぎら健壱の消息について」を参考に↓)
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20050811


なぎら健壱NHKの元うたのお兄さん坂田修(もともとフォーク歌手!宿屋の飯盛やら、”BYE-BYE東京”やら…)が組んだフォークマン・ブラザーズのレビューと2年前のライブの感想はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20101201


さて、最後に高校時代にBSフォークソング大全集を観まくっていた頃の影響そのままに作った曲を。将来が不安です…