いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 ザ・フォーク・クルセダーズ

markrock2013-04-13

/ 若い加藤和彦のように( EMIミュージックジャパン / 2013 )



レコ買いは続きつつも、こちらにアップする余裕がないというそんな日々。新譜も面白いモノが色々出ていて、届く順に聴いている。今日はフォークルことザ・フォーク・クルセダーズ(第4次の再結成)の新譜を。レコード業界を取り巻く状況の悪化に加えて、やっぱり団塊世代フェイドアウトを感じさせるプロモーションのされなさ、でしょう。悪くない内容ながら余り話題になされない。これが『パッチギ』公開前後の約10年前だったらこうでもなかったんだろうけれど。北山修きたやまおさむ)ももう66歳。大分オリジナルメンバーより年下だと思ってきたアルフィー坂崎幸之助も58歳ということで時の流れを感じてしまう。まあ自ら命を絶った加藤和彦不在の喪失感が一番の理由であることは間違いないでしょう。


なんでもユニヴァーサルに経営統合されるEMIミュージック最後のリリース盤らしい。永遠のブランド「東芝EMI」がなくなるというのも、永らく音楽を聴き続けてきたファンにとっては衝撃でしょう。フォークルといえばEMI、キャピトルでしたからね〜そういや最近”帰って来たヨッパライ”のアメリカ盤というのを見つけてビックリした。


さて、中身はというと加藤和彦のCMオンリーの未発表曲をフォークル版として仕上げた”手と手 手と手”のみが加藤のボーカル入り。それ以外はギター&ボーカルの坂崎中心にところどころ北山のウマヘタ声が載るという、加藤和彦トリビュート盤。個人的には坂崎幸之助、初のソロ・アルバムという風に捉えている。吉田拓郎かぐや姫にはじまり、本人より本人らしいコピーを身上としてきた坂崎さんの集大成でしょう。アレンジもフィル・スペクター風”花の香りに”にCSN風”コブのない駱駝”、そしてS&Gの”America”風”家をつくるなら”とか、いかにも加藤さんがやりそうなアレンジで坂崎さんが仕上げていて。”オーブル街”なんか、加藤さんの声かと思いました。何を隠そうわたくし、坂崎さんに憧れて音楽、ギターを始めたような所がありますから、この盤は堪らなくて。


加藤さん存命時の再結成ライブや和幸『ひっぴいえんど』で取り上げていた曲もあるので、またか、とも思いきや、意外と新鮮に聞こえる。”あの素晴らしい愛をもう一度”はアレンジで。しかしそれにしても、”イムジン河”が当たり前のように聴ける、良い時代になったものだ。


フォークルのファンにとっては最後まで気になるのが、はしだのりひこさんのこと。最近活動をお見かけしないけれど。坂崎さんも複雑なんじゃないかな。加藤さんとか北山さんは、売れるためにいれたメンバー、みたいなドライな感情があったように思うし。はしださんも、そんな強い自尊心があったのかもしれないけれど、本当のことを言うと、はしださんを加えた再結成を見たかった。叶わぬ夢ですが、ね。


追悼・加藤和彦
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20091018

ロック世代の音楽の「死」と「歌の力」再考↓
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100307