いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Boz Scaggs

markrock2013-04-15

/ Memphis ( 429 records / 2013 )


これは待望の新譜じゃないかな。今年で69歳を迎えるボズ・スキャッグスの新作その名も『Memphis』。半端なし、堂々の南部サウンド回帰作。AORの王道として名前を聞くだけで小っ恥ずかしいなんて時代もあったわけだけれど、フォーキー、ブルージーな弾き語りデビュー盤『BOZ』に始まり、スティーブ・ミラー・バンド時代を経て、デュアン・オールマンとの共演を含めた南部サウンドの追求と、その洗練形であったブルーアイド・ソウルなAOR時代。ジャズに接近した近年も含めて彼の黒人音楽遍歴を聴き込んだファンならば、戻るべくして戻ったと思えるナットクの作品でしょう。壮大なデュアン・オールマンの7枚組ボックスセット『Skydog』がリリースされたのにも軽くタイミングを合わせてきたような気もする。


1曲目からコクのある生音。オルガン、テレキャス、たまらないわけですよ。パーマネントなリズム隊はギター・ボーカルのボズに加え、ドラムス(プロデューサーでもある)のスティーヴ・ジョーダン、にベースはウィリー・ウィークス、そして懐かしいギターのレイ・パーカーJrという布陣。懐かしいなんて書いちゃったけれど、レイ・パーカーJrは最近もよくセッションやライブで名前を聴いている。


さらに、メンフィスの名にふさわしい重鎮スプーナー・オールダムの参加やTOTOのメンバーだったデヴィッド・ハンゲイトとの邂逅も。ブルーズメンのケブ・モがスライドを弾く曲もあった。聴く前からその歌声が想像できたトニー・ジョー・ホワイトの名曲”Rainy Night In Georgia”など、殆どはカバー。ディランの微笑ましい「なりきり」を含んでいた先述の1965年のファースト『BOZ』を思わせる選曲の”Corrina, Corrina”もありました。


ソウル・バラッドではモーメンツの” Love on a Two-Way Street”が涙が出る出来。スティーリー・ダンのカバー1曲に加え、ミンク・デヴィル(1曲はムーン・マーティン作だけど)のカバーが2曲あったりしたのも面白かった。"Cadillac Walk"なんてディランの近作を明らかに意識した音だと思ったな。頭とお尻の2曲のオリジナルもなかなかのモノでした。


輸入盤はすでにアマゾンなどで安くなっている。私はサイン入り輸入盤というやつを見つけて買いました。日本盤にはボブ・ディランの” It Takes A Lot To Laugh (It Takes A Train to Cry)”のスタジオテイクと思しきモノも入っていて。既にライブ音源では聴けたわけだけれど、ファンならそちらも入手、かな。


最後にわれらがジミー・ウェッブ新譜情報。とんでもないゲストがまた参加しそうです(ジミー・ウェッブ公式BBSより転記します)。

Jimmy Webb new cd have titel ”Still within the sound of my voice”.

Out on E1 Records in July.

It features guest appearances by:

Carly Simon, Joe Cocker, Keith Urban, Crosby & Nash, Kris Kristofferson, Pakistani-born British girl singer-, songwriter Rumer, Amy Grant, Art Garfunkel, Justin Currie, Marc Cohn, Art Garfunkel, Lyle Lovett, The Jordanaires, group America and Brian Wilson.