いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 和幸 

markrock2009-02-23

/ ひっぴいえんど  ( Columbia / 2009 )


しょっぱなからやってくれてるなあ、と言う。CSN&YDeja vuのパロジャケで。でも江戸時代末期〜明治初期の写真にも見えてくるところがジャパニーズ・メイド。フォークル再結成以来の蜜月が続く加藤和彦坂崎幸之助コンビによる2作目。2年前の1作目(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20070917)では、長らく加藤さんの声が聴けなかっただけに、ミカバンドの新作に続く新譜が聴けて嬉しい気持ちと、加藤さんともあろうお方がそこまでせんでも、という気持ちとが入り混じっていた。正直。しかし今作、加藤和彦のアソビ心に降参。そもそも今は大御所と言われる彼だけれど、若かりし頃のフォークルの諸作や名盤『スーパー・ガス』なんかに聴ける屈託の無い諧謔精神や実験性を今再び取り戻したに過ぎないのかもな、とも思えて。


さて、本作、タイトルは奇しくも本家は発売中止になってしまった「はっぴいえんど」のタイトルをもじった曲目が面白い。でもサウンドバッファローと言うよりCSN(&Y)。そして時々岡林+はっぴいえんど、という。そう言えば昨年の岡林ライブの客席でも二人の姿を見かけた。つまり本作は同世代の大滝詠一なんかと同じ方法論。全くCSNを知らない世代が聴いて(珍しいと思うけど)、ハマって、遡って聴いてくれたら面白い、という仕上がり。


しかしなんともアコギが良く録れている。その筋のファンも喜ぶはず。ディラン”Like A Rolling Stone”スタイルのM-1”ひっぴいえんど”でスタート。岡林・拓郎・泉谷・陽水の詩も織り込まれ。M-2”タイからパクチ”のAメロは、はっぴいの”かくれんぼ”っぽい。てか”Long Time Gone”か。CSNを聴きながら、ちょっと雰囲気を借りてアイデアを生み出していく作業が目に浮かぶ。詞に意味を見出すのはナンセンスだが、音だけで楽しませてくれるのは流石。ベースは小原礼。細野タッチのM-4”あたし元気になれ”には鈴木茂御大が参加。はっぴいばりのエレキを弾きまくる。今度出る吉田拓郎の新作にも参加しているし、つくづく今回のことは残念。春よ来いならぬM-5”池にゃ鯉”はニール・ヤングっぽいアコギが。M-8”OHAYOU”ではバンジョーを使って”Find The Cost Of Freedom”の雰囲気を。


カバーモノも面白い。M-10”ゴロワーズを吸ったことがあるかい”はムッシュ本人も参加。そう云えばムッシュ70歳の新作も本盤と同日発売だった。M-7”カレーライス”はエンケンの大名曲をアコギ一本+完璧な3声のCS&Nスタイルでカバーすると言う。ありそうで誰も演っていなかったアイデアが面白い。個人的には一番のヒットかも。M-11”自由への長い旅”は岡林の名曲を真正面からディランスタイルで。でもボーカルを抑えた意外な仕上がりが悪くない。滝廉太郎のM-12”花”は吉川忠英が演りそうなアレンジで。セルフカバーM-6”もしももしも”は”Suite:Judy Blue Eyes”の完コピ・アレンジ。よくぞここまでやりましたね…


さて、解せないのは、DVD付の初回限定盤にはボーナストラック2曲が含まれておらず、通常盤には含まれていること。通常盤の方が値段も安いし、私はモチロン通常盤を購入。ボーナス2曲は『スーパー・ガス』のM-13”アーサー博士の人力ヒコーキ”とM-14”不思議な日”のセルフカバー。前者は”Wooden Ships”なイントロに笑ってしまう。元々こんなイメージで作った曲だったのかも?ミストーン含めた擬似スティルス・ソロが聴きモノ。後者はテンポアップしたフォルクローレ・アレンジで。


さて、来る和幸ライブ、団塊の世代向けの8000円では手が出ないけれど、元ガロの大野真澄も参加するとか。日本版CS&Nが再現できるわけで魅力的。