いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 岡林信康ロックコンサート 吉祥寺(2010.5.6 STAR PINE’S CAFE)

markrock2010-05-07



ええ、昨日観て参りました。エンヤトットの集大成とも言える野音は行きましたが、吉祥寺で岡林ってのもなんだか珍しいものだし、ロックを再び演るってんだから行かないわけにはいかないと思いまして。


場所は吉祥寺スターパインズ・カフェ。小さいけれどじっくり近くで見られるライブハウス。流石にイス席にしていたけど、かなりぎゅうずめの息苦しい状態で。メンバーは岡林(Vo,G)にお馴染み平野融(G)、浜口茂外也(Dr)、徳武”Dr.K”弘文(G)、六川正彦という布陣。


で、全体的にみるとヤハリ良かった。ボブ・ディランが前座でやってくれた、なんて快調なジョークを飛ばしていたけれど、同バンドを従えてのZEPPツアーが控えているわけで、今回はその予行練習といった意味合いだった模様。それでも15曲、休憩もないまま、短く感じて不満が残るくらいの素晴らしいステージを披露してくれた。今年で64歳とは思えないエネルギー!


さて、演奏曲目は必死にメモりましたが以下の通り。秀逸なひばりカバーの近作を挟み込みつつも、しっかりと”今日を越えて””自由への長い旅”そして今ライブで一番のハイライトだった”それで自由になったのかい”(バンドが一体となってうねるようなグルーヴを作り上げていき、岡林のシャウトも白眉であった)なんかを演奏してくれた。エンヤトットはアンコールに1曲だけという封印具合で。でもね、エンヤトットは日本のロックンロールだと感じました、正直言って。盛り上がりが全然違ったもん。


ロックというと、はっぴいえんどのメンバーらとの共演を収めた『見る前に跳べ』とか『1973 PM9:00 → 1974 AM3:00』、それに大作ライブ『狂い咲き』なんかを思い浮かべる人が多いと思うのだが、今回のメンバーを見てもそうした重量感のあるロックは期待できなかったし、その予感は当たっていた。ベテランの浜口茂外也パーカッショニストとしてのキャリアが長いためか、ドラムスはシンプルながらタイトとは言えなかったし、徳武弘文も鈴木茂の歪んだ音とは根本的に全然違うし。でも、徳武のカントリー・リックは本当にアタマから最後までウットリしてしまうプレイだったと付け加えておこう。ナッシュビルに接近した時代のディラン盤みたいな音を出せるんだな。お馴染みのテレキャスでスティールっぽいフレーズも自在に弾きこなすという、こんなプレイが出来る日本人ギタリストはそうそう居ないだろう。ディランと言えば、改めてやはりどうしようもなくその影響を感じてしまった。どの曲もイントロが”Like A Rolling Stone”みたいな感じでね。でもその純粋でひたむきな愛情がとても良いんだ。


正直“私達の望むものは”も期待していたんです。でも無かった。そのメッセージなんぞはもはや、今の岡林の中でリアリティがないのかな。私にとっては、自分を救ってくれた大切な1曲なんだけれどね。


2階席は関係者席だったけれど、なんかいつもの岡林ライブの客と雰囲気が違うナーと思ったらひばり様のご子息の顔が見えました。岡林のひばりさんへの敬愛の情も伝わってきて。



<バンド>
1.霧のハイウェイ
2.今日をこえて
3.血まみれ
4.自由への長い旅
5.マンハッタン
6.風の流れに
7.花笠道中
8.東京キッド
<アコギ2本>
9.月の夜汽車
10.悲しい酒
11.レクイエム〜麦畑のひばり〜
<バンド>
12.山谷ブルース
13.それで自由になったのかい
<<アンコール1・バンド>>
14.虹の舟唄
<<アンコール2・バンド>>
15.あの娘と遠くまで


岡林信康『レクイエム〜我が心の美空ひばり〜』( EMI / 2010 )
レビュー
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100212