いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 龍

markrock2011-11-19

/  最後のジルバ/夕焼け事件(ELEC TBE-102 / 1976 )

最近読んだ、平野肇『僕の音楽物語(1972-2011)』は面白かった!いちセッション・ミュージシャンの日記がそのままジャパニーズ・ポップスの歴史になっている。個人的には、リアルタイムでは夢中になって聴いていた岡林信康のエンヤトットベア・ナックル・ミュージック』のバック・ミュージシャンとして平野兄弟にお目にかかったのが最初だったと記憶している。そのうち、吉田拓郎『今はまだ人生を語らず』だとか、そのクレジットにお目にかかるようになり。しかし読み進めていくと、荒井由美時代のユーミンのツアーバンド“ダディ・オー”のメンバーだったというのだから驚きだ。松任谷正隆が、ユーミンがツアー中にオトコに狙われないために、同級生で旧知の平野氏をバンドの一員にした、なんて話も面白かったし。その音源は“ルージュの伝言”に残されているけれど、アルバムの音はティンパンと差し替えられてしまった、なんて苦いお話も。あと、全盛期の吉田拓郎からバンドメンバーに誘われたけれど断ったなんて話もあって。歴史は戻せないけれど。


さてこの本、ニューミュージック期の埋もれたセッションについて詳しく書かれているのも魅力で、忌野清志郎が仮歌を務めた加奈崎芳太郎『愛がもしすべてなら…』のエピソードだとか、とても貴重なものだった。中でもすごく気になったのが、元・龍とかおるの龍こと佐藤龍一さんのオクラ入り音源の話。エレックの倒産のゴタゴタで幻になってしまった2枚目のソロアルバムなのだが、アレンジは平野氏も、龍さんも大切な人だと語っていた四人囃子の茂木由多加が全編を担当していたという。“リリースされていたら、おそらく龍にとっても茂木にとっても代表作になっていたはずだ”という悔しさをにじませる平野氏の一文が胸に響く。


そのアルバム、SCANDALと言うそうだが、その音源を想像させてくれるのがシングルのみリリースされた『最後のジルバ/夕焼け事件』。最後のジルバは後半に高速チャールストンになったり、確かに凝ったアレンジ。シンセも日本のニューミュージックではかなり初期のものと思われる。”夕焼け事件”は歌謡タッチの佳曲ながら、リズムボックス入りのアレンジがやはり面白い!


9月に出したアルバム『蒼い蜜柑』で龍さんに2曲のアレンジをお願いした時に聴いた話では、ベースは佐久間正英とのこと。のちにGLAYJUDY AND MARYのプロデューサーとして名を馳せる彼も、ご存知四人囃子のメンバーだった。オクラ入りアルバム音源、なんとか掘り出せないものか…