いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 加奈崎芳太郎 

markrock2011-10-15

/ 12th Fret ( Warner / 1983 )

初心を忘れるな、という。惜しくも亡くなったスティーヴ・ジョブスが禅に傾倒していたってのもアメリカ人らしいと思ったけれど、彼もそんな禅の教えをを語っていた。私にとってみれば、加奈崎芳太郎その人があくまでも初心。加奈崎さんがチャボこと仲井戸麗市さんと作り上げた古井戸を聴きまくっていた高校生の頃、そしてジァンジァンのライブに通った大学時代…自ら曲を作って歌おうと思ったのも加奈崎さんがきっかけだったのだ。


先週、久々に加奈崎さんのライブに足を運んだ。エレック時代の仲間である金谷あつしさんが経営する大森のライブハウス“風に吹かれて”での演奏。「古井戸らしきものを歌う」って言うタイトルのもと、古井戸のデビュー曲”花言葉”から始まっちゃうんだからしびれてしまう。アルバムのなかった時代の未発表曲なんかも織り交ぜつつ(貴重!)、62歳になった今でも変わらぬ迫力の歌声を聴かせてくれた。”愁”といったアルバム『12フレット』の曲を聴けたのも嬉しかったし、古井戸屈指の名盤『酔醒』から"ステーションホテル""黄昏マリー"を弾き語りで聴けたのも貴重だった。感動!『12フレット』は、『酔醒』と地続きの曲もあって大好きなアルバムだ。


終演後には、私のアルバム『蒼い蜜柑』を聴いてくださっていたようで、「良かったよ!」「アレンジ曲と宅録曲が違和感なかった」なんて感想を頂き、涙が出そうになった。加奈崎さんに憧れて歌い始めたわけだし、8年前に加奈崎さんに言われて一度音楽をやめる決心がついたってこともあるから、嬉しかった。もう一度やってよかったな、とそんな気分になってしまった。


さらにはアルバムのアレンジを担当してくれた元・龍とかおるの佐藤龍一さんも会場にいらしていて。かつてはエレックレコードの同僚として古井戸の前座を務めたこともあったとのこと。龍さんのツイッターによると、加奈崎さんとは35年ぶりの再会となり、私のアルバムも近況を知らせる話のタネになったみたい。


(以下引用)
大森「風に吹かれて」なう。「加奈崎さん、龍です。御無沙汰です」「おお、龍。お前のアレンジしたCD聴いたぞ。随分ギターうまくなったな」「はい。昔からです」「ぎゃははは」(ボコッ)みたいな感じで35年振りの再会。来年2月にやるライブに出てもらうことになった。


その後は加奈崎さん、龍さん、金谷さんからエレック時代の裏話なんかも聴かせていただいて(山下達郎はっぴいえんどの曲を初めて聴いたのは青い森時代に古井戸がカバーしたヴァージョンだった、とか…)。それに、加奈崎さんの武蔵野ライブの際のスタッフの皆様とも久々にお会いできたし!チャボさんの誕生日にこんな素敵な一夜となり。