いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 加奈崎芳太郎 

markrock2011-10-15

/ 12th Fret ( Warner / 1983 )

初心を忘れるな、という。惜しくも亡くなったスティーヴ・ジョブスが禅に傾倒していたってのもアメリカ人らしいと思ったけれど、彼もそんな禅の教えをを語っていた。私にとってみれば、加奈崎芳太郎その人があくまでも初心。加奈崎さんがチャボこと仲井戸麗市さんと作り上げた古井戸を聴きまくっていた高校生の頃、そしてジァンジァンのライブに通った大学時代…自ら曲を作って歌おうと思ったのも加奈崎さんがきっかけだったのだ。


先週、久々に加奈崎さんのライブに足を運んだ。エレック時代の仲間である金谷あつしさんが経営する大森のライブハウス“風に吹かれて”での演奏。「古井戸らしきものを歌う」って言うタイトルのもと、古井戸のデビュー曲”花言葉”から始まっちゃうんだからしびれてしまう。アルバムのなかった時代の未発表曲なんかも織り交ぜつつ(貴重!)、62歳になった今でも変わらぬ迫力の歌声を聴かせてくれた。”愁”といったアルバム『12フレット』の曲を聴けたのも嬉しかったし、古井戸屈指の名盤『酔醒』から"ステーションホテル""黄昏マリー"を弾き語りで聴けたのも貴重だった。感動!『12フレット』は、『酔醒』と地続きの曲もあって大好きなアルバムだ。


終演後には、私のアルバム『蒼い蜜柑』を聴いてくださっていたようで、「良かったよ!」「アレンジ曲と宅録曲が違和感なかった」なんて感想を頂き、涙が出そうになった。加奈崎さんに憧れて歌い始めたわけだし、8年前に加奈崎さんに言われて一度音楽をやめる決心がついたってこともあるから、嬉しかった。もう一度やってよかったな、とそんな気分になってしまった。


さらにはアルバムのアレンジを担当してくれた元・龍とかおるの佐藤龍一さんも会場にいらしていて。かつてはエレックレコードの同僚として古井戸の前座を務めたこともあったとのこと。龍さんのツイッターによると、加奈崎さんとは35年ぶりの再会となり、私のアルバムも近況を知らせる話のタネになったみたい。


(以下引用)
大森「風に吹かれて」なう。「加奈崎さん、龍です。御無沙汰です」「おお、龍。お前のアレンジしたCD聴いたぞ。随分ギターうまくなったな」「はい。昔からです」「ぎゃははは」(ボコッ)みたいな感じで35年振りの再会。来年2月にやるライブに出てもらうことになった。


その後は加奈崎さん、龍さん、金谷さんからエレック時代の裏話なんかも聴かせていただいて(山下達郎はっぴいえんどの曲を初めて聴いたのは青い森時代に古井戸がカバーしたヴァージョンだった、とか…)。それに、加奈崎さんの武蔵野ライブの際のスタッフの皆様とも久々にお会いできたし!チャボさんの誕生日にこんな素敵な一夜となり。