いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Various Artists

markrock2013-05-03

/ 仲井戸麗市リスペクトアルバム『OK!!!C’MON CHABO!!!』


4年経ってやっと向き合えたような気がする。忌野清志郎の死。昨日はWOWOWフジロック総集編やらナニワサリバンショーやら、見続けていて。ここ何年も辛くて観られなかった。仲井戸チャボさんの追悼公演も、DVD買ったものの、一、二回しか観ることができなかったし。命日5月2日。清志郎について考えた翌日に憲法について考える、というのも何か出来過ぎのような気がする。


しかし泉谷の(清志郎の死を)オレは認めない、ってのもあったけれど、映像を見ていると亡くなったと言うことが信じられない。最近でも矢野顕子のカバー盤や本日発売の3人(清志郎、破廉ケンチ、リンコさん)時代のRCサクセションの未発表ライブ『悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)』とか、話題にも事欠かない。『悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)』はファンが持っていたカセットテープ音源とのことだけれど、おととい聴いた限りでは割とファットでド迫力の音。それなりに雑音除去などを行ったのだろうけれど十分聴ける音だった。『ライブ帝国 RCサクセション70’s』やロック画報のRC特集号のDVDのあの雰囲気が充満。当時としてはカテゴライズ不能の音楽だったことだろう。こんな貴重な音を残してくれたファンの方に感謝するほかない。


やっぱり清志郎ベンチャーズビートルズ、ディランを通過してきた団塊、ロック第一世代だったんだろうなぁというのは最近改めて感じているところ。まあそこにスタックス系のリズム&ブルースが入ってくるわけだけど。ナニワ・サリバン・ショーの命名にしても、デイ・ドリーム・ビリーバー、カバーズにしても、ビートルズモンキーズ英米のフォーク・ロックの影響をモロに出したモノ。売れてからは余裕しゃくしゃくで、80年代から晩年の00年代まで、ロックの啓蒙(もしかするとロックの自己戯画化かもしれないが)を続けていたことを思い出す。ってかユーモア一つ取ってみてもロックのイディオムしか出てこない、っていうくらい、60年代のロックやソウルの産湯に浸かったミュージシャンだったということなのだ。


ところでRCの盟友チャボさんも同様。そりゃ清志郎とピッタリきただろうことは、彼の曲と清志郎の曲がシンクロすることからも判る。今日久しぶりに2011年に出たチャボさんのトリビュート盤を聴いている。寺岡呼人斉藤和義桜井和寿Mr.Children)、ザ・クロマニヨンズ曽我部恵一奥田民生山崎まさよし宮沢和史浜崎貴司吉井和哉YO-KINGTRICERATOPSLeyonaという豪華な参加陣。個人的にはチャボさんがかつて加奈崎芳太郎さんと組んでいた古井戸を思わせるテイクにグッと来た。ミスチル桜井和寿と二人、ギター二本で演じる”月夜のハイウェイドライブ”とかね。そうそう、古井戸と言えば、坂崎幸之助のお台場フォーク村、で坂崎、仲井戸、竹中直人、の3人で昨年古井戸を演ったのもとっても良かった。個人的には最も尊敬するシンガーである加奈崎さんとチャボさんとの邂逅がいつの日かあることを願っているのだが。加奈崎さんと泉谷しげるの共著『ぼくの好きなキヨシロー』はとても良い本だ。そして、僕が観た清志郎最高のライブはというと、長野での加奈崎さんとの対マン・弾き語りライブなのだった。

http://youtube.com/watch?v=9ghA2-sHuRc