いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

『キッス・オブ・ライフ』外伝① 山本剛トリオを聴く

*[コラム]『キッス・オブ・ライフ』外伝① 山本剛トリオを聴く

 

f:id:markrock:20191123105707j:plain

 

加奈崎さんが私財を投じて古井戸が世に問うたのが1975年にCBSソニーからリリースされた名作『酔醒(よいざめ)』。しかしこの、時を経た90年代に再評価された屈指の名盤も、当時は15千枚しか売れなかったのだという。確かに加奈崎芳太郎仲井戸麗市(チャボ)が作り上げた洗練された日本語によるジャジーなブルーズは20代半ばのミュージシャンの音とは思えないほど老成しており、大阪界隈のそれとも、九州界隈のそれとも異なっていた。木村秀勝(充揮)・内田勘太郎らの憂歌団がデビューするのは『酔醒』リリースの1ヶ月後。ところで憂歌団のドラマー島田和夫が亡くなった後、RCサクセションのドラマー新井田耕造がその後釜に入ったわけだから、憂歌団と古井戸は遠そうでいて音楽的には近い所にいたのだろう。

 

 

『酔醒』の卓越した音を構成している要素を考えたときに、デビューから5年を経て円熟の高みを見せていた加奈崎芳太郎のボーカル、ブルージーに迫る仲井戸麗市の楽曲と流麗なギター、そしてCBSソニーのスタジオでの録音とミックスのクリアな音像が挙げられる(遠藤賢司友部正人斉藤哲夫、律とイサトなどフォーク勢のCBSソニーでの諸作を他レーベル作品と比較すれば、エンジニアの違いがあったとしても、圧倒的に音が良いことがわかる)。そして、忘れてはいけないのが12曲中6曲で伴奏を務めた山本剛トリオのメンバー(ピアノ・山本剛/ベース・福井五十雄)による演奏ではなかろうか。共演した曲目は飲んだくれジョニィおまえと俺スーパードライバー54ステーションホテル黄昏マリー、そして私の風来坊(この曲だけ福井のみ参加)。ドラムスは山本剛トリオの小原哲次郎ではなく、元々ジャズ畑だったが後にポップス界で数多のビッグ・アーティストと共演することになる山木秀夫が務めている。

 

f:id:markrock:20191123105735j:plain

山本剛トリオは『酔醒』前年の1974年に、「日本のブルーノート」と評価されるTBMthree blind mice)レーベルからファースト・アルバム『ミッドナイト・シュガー』をリリース。和ジャズのレアな名作だけれど、今年の10月に1500円シリーズでCD再発されている(LPはとても高い…)。ピアノとベースの一音を聴くだけで『酔醒』と同じ音だとわかる。録音状態は『酔醒』同様とても良い。プレイヤーの力量です。山本のオリジナルによるタイトル曲、ビリー・ホリデイ絶唱も知られるアイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー、ホーギー・カーマイケルのニアネス・オブ・ユーなどを実にリリカルに聴かせてくれる。和ジャズの粋と申しますか、曲目もバラエティに富み、思わず40分弱、聴いている時間を忘れさせてくれる。これほど演者の個性が伝わるピアノ・トリオもそうないのではなかろうか。しかもぶったまげてしまったのは、この山本剛、GS時代の60年代後半にヨーロッパ公演をやったミッキー・カーチス&サムライズ(フェイシズに加入する山内テツもいた)のメンバーだったということ…『河童』の頃にはもういないのだけれど。そして、山本剛トリオは『ミッドナイト・シュガー』に続く同年のセカンド『ミスティ』も忘れ難き大・大名作。

f:id:markrock:20191123105745j:plain